☆為替と米株購入について(AT&Tのシミュレート)

米株を買うにあたって、円からドルへ変える必要がありますが、ご存じのとおり為替レートは刻々と変化します。

米株を買う時の為替レートは、株価と同じくらいの影響があると思っています。

これまでなんとなくで、円からドルへ、米株を購入していたところがあるので実際に具体的な値を使用してシミュレーションしてみようと思います。

いろいろ自分自信が理解出来そうな形を模索しました。

最近、株を始めたので、円の動きは、始めた頃(10月下旬)に1ドル約115円、それから(3月下旬)頃に円高になり1ドル105円くらいまでいき、今(5月上旬)は1ドル110円くらいですね。

1つ商品が1ドルだった場合。
10月下旬なら、115円必要でしたが、3月下旬なら105円で済みます。
単価が低いので、株を買う想定でとりあえず100ドルの株を20株買うすると、2000ドル必要なため、
10月下旬なら2000×115円で23万円必要になります。
3月下旬なら2000×105円で21万円必要です。
なんと20万円くらいの買い物で2万円も差が出ています。
1万株なら115万円と105万円で10万円の差がでます。

為替レートが10円の差で、100万近くの買い物は、10万円近く変わります。

株の場合は、価格自体も変動するため、ここに株価も絡んできます。

例えば、AT&Tにします。
ここ3月下旬は、株価は36ドルくらいでしたか、今は32ドルです。ただ、36ドルの時は、1ドル105円で、今は110円になっています。
株価は安くなって買いやすいが、円高になって米株は、少し買いにくいレートになっていまいました。

3月下旬であれば、日本円にすると、36ドル×105円で1株3780円。
今(5月上旬)ですと、32円×110円で1株3200円になります。
安くなっているAT&Tは、円高にらなってしまいましたが、まだ円をドルに変えても、お得ですね。

現在(20180513)、AT&Tは、

32.29ドル 配当利回りは、6.19%です。

なんとなくわかりましたが、毎回計算し、お得なのか、お得でないのか、計算してみる必要はありそう。

感覚的に、わかる時が来るのでしょうか?

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

もうすぐすると、定期が満期になるため、AT&Tどうしようかなぁ。