☆毎月分配型ETFの上場インデックスファンド海外債券(1677)から分配金いただきました。

毎月、分配があります「上場インデックスファンド海外債券(1677)」から分配金を頂きました。
20株保有しており、配当額は税引き後2104円でした。
私の毎月配当をもらう計画に欠かせない毎月配当銘柄のひとつです。
「上場インデックスファンド海外債券(1677)」はETFですので、株のように売買ができます。
海外債権のETFですが、日本市場で買える貴重な高配当ETF銘柄です。
円で購入し、分配金も円で支払いされます。
このETFは、日本を除く、世界各国の債券に投資し、FTSE世界国債インデックス(為替ヘッジなし・円ベース)(※)の動きに連動する投資成果をめざして運用が行われているそうです。
 (※)先進国国債の動向を表す代表的な指数。債券投資の際の主要なベンチマークとされており、多くのETF、投資信託がベンチマークとして採用。
現在(20180516)は1株あたり50200円で、信託報酬0.25%です。利回りは3.15%、税金を考慮後の利回りは2.52%になります。
また、売買単位は10口単位ですので注意が必要です。現在ですと、約52万円必要になります。
ある程度のまとまったお金が必要になるのは、すこし敷居が高いですね。
私の知識不足で、これまで本ブログでは、分配金も配当金と記載していました。株は配当金、ETFは分配金と言うそうです。
<<配当金と分配金について>>
配当金とは、
会社が物を売ったりして稼いだお金(利益)の一部を、株主へ支払うものです。
確定決算により支払う期末配当と、期の途中で支払う中間配当があります。
また、配当には普通配当の他に特別配当や記念配当もあります。
分配金とは、
主に投資信託で用いられ「収益分配金」の略で投資家に分配し還元される収益です。
また、分配金にも2種類あり、
1.収益分配時に、分配金を払い出した後の基準価額がお客さまの個別元本を上回る場合は「普通分配金」
2.個別元本を下回る場合は、下回った金額部分が元本払戻金「特別分配金」となります。
「特別分配金」とは、元本から一部支払されていることになります。
<<ETFの分配金>>
ETFとして扱われるには税法の定めにより、元本払戻金(特別分配金)はありません。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。