☆高配当利回りNGG株購入とその他電力株について

先日購入に踏み出せなかったNGG(ナショナルグリッド)を結局購入しました。

先日の状況は「☆月5万円の配当金をもらうための高配当株へのリバランス(購入編その2)」で投稿しています。
NGGは、電力の送電・ガス販売事業を手掛けているイギリス企業です。
また、米国北東部でも送電線を保有・運営しているそうです。
そのような事業ですので業績は安定しています。また、ADRで配当の二重課税がありません。

株価 59.11ドル 配当利回りは6.97%
配当月は1月と8月です。

現在、私が保有している高配当ADR株は、以下のとおりです。

WBK(ウエストパック銀行)    125株 21.46ドル 配当利回り6.58

RDS.B(ロイヤル・ダッチ・シェル) 15株 72.72ドル  配当利回り5.17%

GSK(グラクソ・スミスクライン) 68株 40.03ドル  配当利回り5.23%

※いづれも株価・利回りは20180525時点です。

米国の電力株の状況は以下のとおりです。

DUK(ディーク・エナジー)74.87ドル 配当利回りは4.75%
SO(サザン)                     43.99ドル 配当利回りは5.46%
D(ドミニオン・リソーシズ)63.91ドル 配当利回りは5.23%
※いづれも株価は20180524時点です。

SOは保有しています。NGGのような利回りはありませんが、高配当です。

これまでETFを購入してきて、最近個別株を購入していますが、現状は1銘柄日本円で30万目途にしています。
ネットの評価を参考に、米国株で高配当と言われる銘柄についてはひととおり購入しました。
成長株のETFの存在、個別株のリスク面から今後どのように購入するか悩みがありますが、当面の目標、月5万円の配当のためには個別株しかないので、その時点で割安で配当利回りが良い株を買い増ししていきたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。