☆IFGLの売却と保有ETF比較とVCLT買い増し

1.はじめに

先般、3月で分配金を貰った時に考えていましたが、結局IFGLを売却しました。
IFGLは、米国以外の先進国のREITになります。配当利回りが中途半端な状態だったためです。

 

2.保有ETFの分配利回り比較

分配利回りは、1年で3.69%、経費率は0.48%ですので、実質3.2%くらいになります。
また、REITですので、株価の成長は期待できません。

IFGL株価推移

他の配当系の保有ETFは、

SPYD 分配利回り  4.27%   経費率0.08%   実質4.19%
HDV  分配利回り  3.36%   経費率0.08%   実質3.28%
VYM  分配利回り  3.17%   経費率0.07%   実質3.10%
PFF   分配利回り  5.91%    経費率0.47%   実質5.44%
VCLT 分配利回り  4.28%   経費率0.07%   実質4.21%
※ 20190401現在

これまでの実績から考えると、SPYD、HDV、VYMは株価の成長も望めると思います。

 

3.VCLT買い増し

配当利回りだけ考えるとPFFの購入になりますが、保有銘柄の中で保有率が一番高く、先般も少し購入しましたので、今回は除外したいと思います。
HDV、VYMは利回りが少し劣るので、こちらも除外したいと思います。
ここで、税(30%)引き後の利回り計算してみました。

SPYD  2.93%
HDV   2.29%
VYM   2.17%
PFF    3.80%
VCLT  2.94%

PFF以外で最低でも3%とするとSPYD、VCLTになります。
SPYDは、こちらも先般、買い増ししていますので、今回は、VCLTを買い増ししました。

 

4.まとめ

こうやって見ていくと、各銘柄の利回りよりも、税金が日本で20%、外国で10%、合わせて30%が、わかっていても重く感じます。
今年は、SPYD、VCLTを買い増ししていきたいと考えています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村