2.米国株

RDSB(ロイヤルダッチ)からの配当金支払いがありました。 55株保有、税引き後41.3ドル(107円換算で4419円)でした。 ADRですので、米国分10%の税金がありません。   20190626現在、株価は66.63ドルで配当利回りは5.62%です。   株価チャートを見ると、結構、株価の振れ幅が大きいことがわかりました。   評価損益を確認したら3万円のマイナスでした。 配当株とは言え、できることなら、株価が安くなっている感じの時に購入した方が、保有時の評価損を気にしなくて済みますね。 逆に株価が凄く上がれば、一旦売却して、利益確定も配当株とは言え、ありだ ...

4.日本株, 5.株主優待

ヤマダ電機(9831)からの配当金支払いがありました。 100株保有で税引き後1,036円でした。 さて、業績ですが、 2019年3月期の連結決算は、純利益が前期比50.7%減の146億円。 売上高は前期比1.7%増の1兆6005億円、経常利益は前期比22.1%減の368億円、営業利益は前期比28.1%減の278億円。 利益が散々な結果のヤマダ電機です。 ただ、第3・4四半期連結会計期間は、新しい収益モデルへの改革の成果が表れ、経常利益ベースで改善が図られ、計画通りに推移と言うことです。   2020年3月期は純利益が前期比81.7%増の267億円、売上高が前期比4.6%増の1兆67 ...

4.日本株

三井住友FG(8316)からの配当金支払いがありました。 100株保有で税引き後7,571円でした。   さて業績ですが、 19年3月期の連結最終利益は前の期比1.0%減の7266億円になり、20年3月期も前期比3.7%減の7000億円に減る見通し。 年間配当は、170円→180円(前の期は170円)に増額し、今期も180円を継続する方針。 利益減ではありますが、メガバンクで初の利益首位に立ったそうです。 連結業務純益は1兆1923億円で、僅かに三菱UFJフィナンシャル・グループの1兆785億円を上回る。 これまでは三井住友銀行が圧倒的な存在だったが、今回「非銀行」が占める割合は51 ...

3.海外ETF

先日のVYMに続き、iシェアーズコア米国高配当株ETF(HDV) から分配金支払がありました。 107口保有で税引き後、57.75ドル(107円換算で6179円)でした。   組入れ上位銘柄ですが以下のようになっています。 XOM:エクソンモービル 8.48% JPM:JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 7.24% VZ:ベライゾン・コミュニケーションズ 6.62% JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 6.26% CVX:シェブロン 5.81% PFE:ファイザー 5.56% PG:プロクター・アンド・ギャンブル(P ...

4.日本株

3月決算の日本株の配当金支払が今月6月でしたが、ほぼ出揃いました。 高配当と言うことで、一部の業種にどうしても銘柄が固まる傾向にあります。 主に商社株、通信株、金融株です。 保有銘柄は商社株は大手5社の株を保有しています。三菱商事は、購入時期の関係で今回は配当は頂けませんでしたが、丸紅、三井物産、住友商事、伊藤忠商事から頂いています。 海外の景気動向の影響によって左右される部分も大きいですが、概ね好決算で配当も安定していました。 通信株は、ドコモ、KDDI、ソフトバンクを保有しています。通信料値下げの話題があり今後の動向は心配ですが、2019年度は影響は出ておらず、概ね好決算でした。ソフトバン ...

4.日本株

先日、売却した日産自動車から配当金支払がありました。 200株保有で税引き後4,543円でした。   日産はゴーン逮捕に始まり、収益悪化、ルノーとの関係と良くない話題が絶えない状況です。 配当金も下がったのをきっかけに売却しました。 配当金が下がったと言っても、他の企業よりは高配当なのですが、どうも先行き不透明なため、耐えきれず損切りしてしまいました。 以下は株価推移です。 株価は半年で200円(20%)くらい下がっています。   配当金はどんどん増えていたのですが、とうとう、、、   また、購入しても良いなぁと思える企業状況や配当になってもらいたいものです。 ...

3.海外ETF

米国保有ETFは概ね四半期毎に分配金支払がありますが、トップをきってVYMから分配金支払がありました。 139口保有で、 税引き後60.62ドル(107円換算で6486円)でした。一部保有NISAあり。   現在、保有しており、今後、分配金支払がある米国ETFは今回のVYMの他、HDV、SPYD、VOOになます。VOO以外は高配当と呼ばれる銘柄になります。 現在の分配利回りは概ね以下とおりです。 VYM   3.1% 経費率0.06% HDV   3.2% 経費率0.08% SPYD  4.2% 経費率0.07% VOO   1.9% 経費率0.03% この中では、最近は利回りに引か ...

4.日本株

丸紅、三井物産に続き、住友商事と伊藤忠商事から配当金を頂きました。 住友商事 100株NISA保留3,029円でした。 伊藤忠商事 100株保有税引き後、4,600円でした。   2社の業績は以下のとおりです。 ○住友商事業績 2019年3月期の連結決算は、売上高にあたる収益が11%増の5兆3392億円、純利益が4%増の3205億円。資源価格の上昇でオーストラリアの石炭事業などが好調だったほか、北米の鋼管事業も市況回復で増益 今期の配当については記念配の10円を含め年90円。 今期(2020年3月期)の連結純利益が前期比6%増の3400億円になる見込みと予想。資源ビジネスは減益となる ...

4.日本株

先日の丸紅に続き、商社2社目「三井物産」から配当金支払がありました。 100株保有で税引き後、3,188円でした。 商社株は、銀行株やたばこ株、通信株と異なり、長期的な面では、自分的にとりあえずは安心して保有できる株ではあります。 その理由は、なんでもやるという事です。 物流・金融・情報、そして事業投資まで幅広く行っています。 海外の状況などで好不調は繰り返されると思いますが、なんらか商売になることを探し仕事にしているのが商売だと思っています。 以前、商社の仕事について「☆保有商社株(丸紅、三井物産、住友商事)からの配当について」書いています。 業績は、 2019年3月期の連結決算は、純利益が ...

4.日本株

KDDIから配当金支払がありました。 100株保有で税引き後4,383円でした。   他に保有しているソフトバンク、ドコモに続き、最後となりました。 通信料値下げで日々、話題か絶えませんが、2018年度は3社とも好決算でした。 分離プランなどの影響は今年度2019年度から発生すると思われます。 基本的には、1家族に複数契約者いる場合に安くなるケースが主です。1人でも少しは安くなりそうですが、1人契約では2割程度は安くなりそうです。 ただ、スマホも含めた合計となると、変わらない状況ではないかと思います。 また、新プランへの切り替えも即できる訳ではないと思いますので、即業績に影響があるも ...