4.日本株

下方修正を繰り返し、業績がはかばかしくないキャノンですが、最近少しだけ株価が上がってきていましたので、保有200株中、100株を売却しました。 キャノンは株価が高いときに100株を2回に分けて購入してしまったため、かなりの損切(約8万円)になりました。 カメラの需要は減っていたことはわかっていましたが、オフィスや医療関連で安泰だと思っていたことと、チャートをよく見ず、配当だけにつられて200株も購入してしまいました。100株であれば、まだ良かったのですが、、、。 先般、分配金が想定と外れた「iシェアーズ米国リートETF」を売却し、少し利益(約3万円)が出ていましたので、キャノンの損切額にはたり ...

3.海外ETF

前に「☆昨年より少ないぞ!!(1659)iシェアーズ米国リートETFからの分配金」で投稿しましたが、(1659)iシェアーズ米国リートETFの分配金がどうも昨年とくらべ少ないということで、11月分でプラスされ分配されると思いきや結果は以下のとおりです。 2019年11月9日 ¥13 2019年8月9日 ¥6 2019年5月9日 ¥15 2019年2月9日 ¥6 合計40円 2018年11月9日 ¥46 2018年8月9日 ¥19 2018年5月9日 ¥14 2018年2月9日 ¥3 合計82円 お話になりませんので保有全数売却しました。 幸いだったのは、含み益がありましたので、損切せずに済みま ...

9.その他

投資によるお金の増やし方や、お金をお得に使う事について書いていますが、合わせて大切なことは、時間と健康になります。   まずは「健康第一」。 健康でなければ、お金や投資のことも考えられませんし、このブログですら書けません。 たまに自分が体の調子がわるくなると、まさにそうなります。 ですので、あまり体を酷使するような働き方や、不健康な飲食にも注意が必要です。 あとは、適度に体を動かせば、ある程度健康維持ができます。 とは言っても、気をつけていても病気にかかることは当然あります、そのときは、早め早めの対処か必要ですね。 これは、年を取れば取るだけ、身に染みてくることです。 いくらお金を持 ...

1.配当計画

高配当銘柄は成長型の銘柄と異なり株価が高くなると、利回りが落ち、割高感がでて、買い増しできなくなります。 もう、買い増し、購入しないのであれば、どんどん上がって欲しいのですが、今はまだ購入している時期ですので、できれば株価は含み損にならない程度で利回りが高い状況がありがたいところです。 上記の状況でも、ベストな形は、一旦売却し、利益確定して、その後、また、買い時を待つか、もしくは他の銘柄を購入するのが良いと思います。 ただ、買い時を待つ期間はどのくらいになるか分からず、その間、配当金がもらえなくなるのは我慢できず。 また、その他に適当な銘柄があれば、乗り換えたいところですが、他の銘柄も株価か高 ...

9.その他

auクレジットカードからオリコカードに変更して半年くらいが経ちました。 還元率は、同じ1%です。 auクレジットカードの利点は貯めたポイントをクレジットの精算に了解できることでした。 これは何事も変え難い事だと今でも思っています。 ポイントが効率良く使えるベストな形だと思っています。 ただ、通信事業者をauからYahooに変えましたので、その事によりクレジットカードに手数料がかかり、さらにポイントも使えないと言うことでカードも解約しています。 代るカードとして、いろいろ検討した結果、オリコカードにしました。 たまったポイントが効率良く使えると言うことで、選択しています。 オリコのポイントはあり ...

1.配当計画, 3.海外ETF

配当金は気持ち的には再投資しているつもりですが、1万円分は再投資せず使うと考えた場合、自分なら何に使うか考えたい思います。 配当金がなくても毎月の給与で使うものは除外し、プラスアルファで使えるとしたらになります。 1万円ですので、多いような少ないような金額です。 まず考えるのは、通勤の帰りの電車のホームライナー代(座席指定)です。1回330円ですので、1ヶ月間乗っても大丈夫そうです。列に並ばず座って帰れますので、かなり通勤が楽になります。 次は、旅行の宿泊施設です。1万円分だけ背伸びしたところを選択できます。超豪華なところは無理ですが、通常選ぶ宿より、少しだけグレードアップできます。 買い物、 ...

1.配当計画, 3.海外ETF

毎月配当金、分配金をもらえる銘柄は少ないですが、保有銘柄としては米国のETF「PFF、VCTL」を保有しています。 企業の個別株で毎月分配金をもらえるような銘柄はありませんので、様々な銘柄を組み合わせたETFが候補になります。 投資信託では、毎月分配がある銘柄は、元本を切り崩して、支払していると言われており、手数料が高い投資信託と並んで良くない投資信託としてあげられています。 また、毎月分配金のデメリットととしては、毎月の分配金に税金がかかることです。日本の銘柄であれば20%、米国のETFなら30%とかかるため、分配するより、そのお金をもとに運営側で資産にまわした方がより効果的になることになり ...

1.配当計画

ソフトバンクグループの決算がありました。少し前から騒がれていたとおり、 「15年ぶり営業赤字 米ウィーで大幅評価損、7~9月期9702億円赤字」   孫さんは、 「 米ウィーカンパニーの業績が与えた影響による投資ファンドへの成績が、 ソフトバンクグループに対する影響が非常に大きい。 私の投資判断がまずかったと大いに反省している 経営者のアダム・ニューマン氏を過大評価してしまい、ウィーの企業価値を見誤った ウィーの再建計画は、増益体制ができるまで新たな物件契約を停止し、不採算事業を整理する。経営再建を何度となく成功させてきた自負がある 」 今まで順調きていた、事業運営も大きな投資の失敗 ...

2.米国株

11月になって初めての配当金支払がありました。 米国株のAT&T です。 168株保有、税引き後61.73ドル(108円換算で6666円)でした。 今月11月は、ざっと見る限りでは、1年の中で一番配当金が少ない月と言う認識です。 先月は、過去最高の配当金額でしたので、その反動も怖いところです。 さて、AT &Tは、最近は嬉しいことに株価が上昇しており、一時かなりの含み損がありましたが、現在は含み益があります。 株価推移がこんな状況です。 ただ企業の調子が良いかと言うと、 「 発表した7-9月(第3四半期)決算は、テレビサービス加入者は120万人の純減。過去1年間で約370万人の ...

9.その他

PaypayなどQR決済祭りも概ね終了しました。 20%還元は、はるか昔のことのように思えます。 Paypayの20%還元はドラックストアで活躍しました。 d払いの20%還元も少しですが恩恵にあずかりました。 現在は、楽天PAYで5%還元のため、メインで使っています。 Paypayはアプリで即還元の確認ができるので使い勝手はベストでした。現在は政府のキャッシュレス還元が行われている一部の店舗で特別に還元されているようですが、自分が利用する店舗では見当たりません。 d払いは還元が簡単に確認できず、本当にされるか心配になる仕様です。11月からクレジットカードの紐づけがdカードでないと還元がされない ...