7.月毎配当振込額

1.はじめに 現在は月平均10万円の配当金を目標にしています。2019年最後、12月分の配当金支払と年間の配当金を中心に見ていきたいと思います。   2.12月支払があった全銘柄と配当金 <日本株> 三井物産   3188円 三井住友   7172円 丸紅     4184円 三菱商事   5100円 オリックス  5578円 KDDI     4383円 住友商事   7172円 三菱ケミカル 3188円 ソフトバンク 3388円 伊藤忠商事  4250円 合計     47603円 <J-REIT> 日本賃貸      1626円 森トラスト総合   2956円 ケネディクス商業 ...

3.海外ETF

保有銘柄で1回の配当金が一番多い銘柄からの配当金支払がありました。 SPYD 234.03ドル(109円換算25509円) 投資金額は、PFFと並び多いですが、PFFは毎月配当、SPYDは四半期配当ですので、一回の支払金額としては、SPYDが一番多くなります。 今後も、米国ETFのSPYDは買い増ししていきたいと思っています。 個別株に比べて、ETFは分散投資できますので、投資金額を多くしても、少しは安心できます。 経費率が発生し、利回りが個別銘柄よりも悪くなるところはありますが、リスクを少しでも軽減できることは間違いありません。 多少利回りは悪くなりますが、米国株はSPYF、HDV、日本株は ...

6.J-REIT

来年まで購入を控える予定でしたが、我慢しきれず、購入しました。 タカラレーベン不動産投資法人(3492)      1口 SOSiLA物流リート投資法人(2979)  2口   タカラレベーンは買い増し、SOSiLAは新規2口、最近追加されたリートですが、今後の予想配当金の上乗せを期待して購入しました。 自分の中では、株価の好不調に限らず、継続して投資を行う長期積み立てを、別の意味で実践していると、思っています。 また、最近、1ドル109円前後と、少し円安とは、思いつつ、来年に向けて、少しだけ、ドルを購入しました。 投資しないと配当は増えませんので、株価は割高かもしれませんが、ぼちぼ ...

8.その他(投資)

最近、株などの購入手数料が話題になっていました。これまでも、いろいろ見直しはされていましたが、この年末にこれまでになく取り上げられていました。 よくよく考えると、気にはしながら、自分がどのようなプランになっているのか、あまり気にせずにいたことに、今更ながらに気づきました。 メインはSBI証券で、ほんの少し楽天証券で運用しています。 以下が、それぞれの手数料プランになります。 【SBI証券】   【楽天証券】 設定(デフォルト」は、 SBIの場合は、スタンダードプラン 楽天証券は、超割コース でした。   現在、話題なのは当然、 SBIの場合は、アクティブプラン 楽天証券は、 ...

2.米国株

12月も大詰めになりましたが、下記の配当金、分配金支払がありました。 RDSB(ロイヤルダッチB)52.59ドル(109円換算で5732円) HDV (iS 高配当)67.22ドル(109円換算で7326円)   このままいけば、米国株も日本株も好調のまま年越しを迎えそうです。 株高で買いづらい局面は続きますが、来年のNISA枠ができれば、ETFメインに、ぼちぼち、購入はしようと思います。 配当金も毎月目標10万円には届きませんが、昨年に比べると、ある程度は安定した配当金を毎月もらえるようになった1年でもありました。 来年も、地味に種を撒き、少しずつ、配当金を増やしていきたいと思いま ...

2.米国株

前回に引き続き、今年の投資を振り返っていきたいと思います。 今回は米国株編です。 まずは売却株です。 <売却> アップル アマゾン ドットコム アルファベット C エヌビディア バンガード トータルストックマーケットETF センチュリーリンク ジョンソン & ジョンソン ファイザー ベライゾン コミュニケーションズ エクソン モービル iシェアーズ 先進国(除く米国) REIT ETF サザン BT グループ ADR 高別株をかなり売却しました。 年初めの株安で不安になり、個別株は売却しました。 損切りが多いため、含み損の銘柄も相殺するために売却してしました。 その後は、ETF中心の購 ...

4.日本株, 6.J-REIT

昨日はひらめきが無くブログをさぼってしまいました。 あとわずかで今年も終わりですね。 今年の投資を振り返っていきたいと思います。 今回は、日本株とJ-REITです。 下記が2019年の売却株です。 <売却> 信和 VTホールディングス 共立印刷 日産自動車 みずほフィナンシャルグループ ゆうちょ銀行 プレナス キヤノン いちごオフィスリート投資法人 投資証券 ジャパン・ホテル・リート投資法人 投資証券 日本ロジスティクスファンド投資法人 投資証券 タカラレーベン不動産投資法人 投資証券 IS米国リートETF よくわからない企業の株を高配当だけで購入しまし業績や悪化で売却、ま、た、大手企業も業績 ...

1.配当計画

現在、毎月10万円の配当金を目標に投資を行なっていますが、あらためて資産がいくらあれば実現できるか計算したいと思います。 また、将来的に可能な毎月もらえる配当金がどの程度まで増やせるかについても計算したいと思います。 まず、毎月10万円の配当金に必要な額ですが、年間120万の配当金でクリアできます。 税引き後「3%」の利回りの場合は、4000万円が必要です。 税引き後3%ですので、税金を考慮すると、 日本株やJ-REITであれば約20%税金がかかりますので、実質150万円の配当金が必要です。税金は20%の30万円引かれ、120万円になります。 4000万円の資金であれば3.75%の利回りで年1 ...

2.米国株, 6.J-REIT

先般、分配金が想定外に悪かった「IS米国リートETF」(1659)から分配金がありました。 税引き後、3108円でした。 想定外の分配利回りについては「☆あぁ、がっかり。「(1659)iシェアーズ米国リートETF」売却」で書いています。   期待して購入しましたが、分配金について、いいところなく売却してしまいました。ただ、少し含み益がありましたので、救いでした。 ETFでこんなに悪くなるのは、想定外でした。 2019年11月9日 ¥13 2019年8月9日 ¥6 2019年5月9日 ¥15 2019年2月9日 ¥6 合計40円 2018年11月9日 ¥46 2018年8月9日 ¥19 ...

4.日本株

ヤマダ電機から1月から使える優待券が到達しました。 500円券が5枚の2500円分です。 単純に500円の買い物が出来るわけでなく、1000円単位の購入で1枚500円が使えます。   さて、ヤマダ電機といえば、話題は大塚家具の子会社化です。 ヤマダ電機自体は、ここ最近は業績が芳しくなく、他の同業種の中でも、負け状態が続いていました。 しかし、2019年4~9月期の連結業績は営業利益が250億円前後になり、従来計画の242億円を上回り前年同期比では約5倍となった。 上半期の増益は3年ぶり。 要因としては、 ・10月の消費増税前にテレビや冷蔵庫など大型家電の販売が急増(駆け込み需要、ラグ ...