☆配当計画にとって嫌なニュース

保有銘柄数が多く、なかなか保有銘柄の情報がキャッチできていないですが、嫌なニュースと言えば、株価が下落よりも、減配です。

いろんな方のブログ、ネットを参考に確認していますが、とりあえずは、以下の話題がありました。

ロイヤルダッチシェル
1株あたり配当金を3分の1に減らすと発表。減配は第2次世界大戦の時期以来で、戦後初。

インヴィンシブル投資法人(8963)
1口あたりの分配金は1812円と予想していたのを今回30円に。当初の予想に比べると98%減。

丸紅

1975億円と上場以来最大の赤字を計上したことを受けて、今期(21年3月期)の年間配当を前期比20円減の1株当たり15円を下限にするとの見通しを発表

・オーストラリアのウエストパック銀行(WBK)
上期(2019年10月-20年3月)利益は、前年同期比70%減少。不良債権引当金の急増が背景で、マネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反で豪史上最高額の制裁金支払いの可能性に直面する同行としては少なくとも10年ぶりの低調。
上期の現金利益は9億9300万豪ドル(約677億円)に減少し、配当支払いを実施するかどうかの決定を経済見通しがはっきりするまで先送り。

これは、無配、減配の序章であって、今後、続々と同じような企業が出てくることは想定されます。

こうなっては、減配する企業を軒並み損切りしたのでは、損切りのオンパレードになってしまいますので、当面は様子になりそうです。

ただ、復活ができないような企業の場合は、思い切って損切りするしかないのですが、そんな企業がないことを祈るばかりです。

今後も、日々、嫌なニュースを気にしながら、投資していきます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村