☆米国株好調でETFはコロナ前まで戻っているか?

米国株好調でETFはコロナ前まで戻っているか?最高値を更新するNYダウですが、保有している米国ETFは、最高値を更新やコロナ前まで株価は戻っているのでしょうか?以下がコロナ前から保有している保有銘柄です。

HDV コロナ前は98ドル付近で最近は90ドル付近まで戻してはいますが、まだまだコロナ前の水準には戻っていません。高配当銘柄は業績も含め厳しいものがありますね。

VYM こちらは現在95ドル付近ですがコロナ前がちょうど95ドル付近でしたので、コロナ前までは戻っています。HDVより構成銘柄が多いので、なんとか水準を戻した格好です。

SPYD コロナ前が39ドル付近、最近は35ドル付近です。かなり戻してはいますが、まだまだコロナ前の水準には時間がかかりそうです。

PFF コロナ前が、38ドル付近、現在38ドル付近とコロナ前の水準に戻ってきています。そもそもコロナ前の好調の時もあまり変動は少なかったので、株価の好不調とあまり関係はなく上下しています。ただコロナで大きく下げたことは間違いありません。

VCLT コロナで一瞬大きく下げましたが、その後はコロナ前よりも株価が上がり、今も好調を保っています。債券ですので動きが他のものとは違います。ただ分配金自体は少なくなっています。

VOO コロナ前が306ドル、現在が351ドルと米国株の好調そのままに上昇しています。高配当銘柄ではないので、別扱いですが。

 

日本株も同様ですが高配当銘柄はなかなかコロナ前まで戻すことは難しいようです。今後、株価上昇の反動でいつか下落する時がきたら、同じように、もしかするとそれ以上に下げる可能性があります。配当金も少し多くもらう高配当銘柄の宿命ですね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村