9_その他

コロナウイルスで余暇費用が抑えられ、貯蓄にまわっているニュースがたまにあります。確かに、私も頻繁に旅行に行っていましたが、この状況では宿泊や遠出はできなく、そう言った面ではその分は投資にまわっていると思います。

スーパーに行くのも多少は遠慮しますので、食料品以外のものも、もしかしたら抑えられているかもしれません。

世間でも同じような傾向と思いますので、観光関連、小売店は瀕死の状況だと思います。それとは逆に、ネット通販など、家から注文、家で楽しむ物などは、売れていると思います。

とは言っても消費は抑えられている事は間違いありません。コロナウイルスが収まり ...

8_投信信託、その他投資

よく、今は銀行などに預けても良くて0.01%程度(ネット銀行でもせいぜい0.2から0.25%)、日本国債でも0.05%などのため、投資をするべきだと、よくいいます。

また、将来のお金の計画では、投資したら4%から5%前後の利回りがある前提で、話が進められます。

ただ、その値がにわかに信じがたく思うのが実際のところです。ただ、この利回りは、過去の実績からなる数字から導かれ、ものによってはもっと利回りが良いものもありますので、根拠がない値ではありません。

にわかに信じがたいポイントは、あくまで過去の実績で今後も同じか?と言うことがまず引っかかるところです。 ...

1_配当計画, 9_その他

現在の配当金で、どこまで生活をカバーできるか、考えていきたいと思います。

 

まず、自分の位置付けを確認したいと思います。階級と言うのもおかしいですが、調べるとこんな感じでした。

年収300万円台まで「下流階級」
年収400万円超~900万円台「中流階級」
年収1000万円を超え「上流階級」

よく、社会は平等だとか綺麗事を言いますが、結局のところは、格差社会になっており、それを認めない限りは、個人個人が前に進めないのが日本の現状です。

社会を渡り歩く、必要なスキルは、

「権力、お金、人脈」 ...

7_月毎の配当金・分配金額

1.はじめに

2021年の5月の配当金についてまとめました。
5月は配当金支払いが少ない月の1つですが、今回はどうだったでしょうか?

2.5月支払があった全銘柄と配当金

<日本株>
日経高配当株50 16841円
日経高配当株70 10291円
コメダ  2100円

合計 29,232円

<J-REIT>
ザイマックス 5232円
タカラレーベン不動産 7411円
森トラスト・ホテル 1038円<売却済>

合計 13,681円

<米国株>
P ...

6_J-REIT

5月も終盤ですが、5月最後の配当支払がありました。

コロナウイルスで減配で、先ごろ売却した下記の銘柄です。

森トラスト・ホテルリート投資法人 1,038円

 

ただでさえ、5月の配当金は寂しのに、更に寂しくなってしまいました。

J-REITの状況はホテル系は全くダメ、物流系とインフラ系が好調になっています。コロナウイルスでホテル系は当面復活はないと思い損切りになりますが、配当金も激減しているので、思い切って売却しました。

駄目になったらすぐ売ることを繰り返すと一時的な配当金で喜んでも、最終的には資産は目減り ...

1_配当計画, 9_その他

毎日、プログ村のいろんな人のブログを参考にしていますが、その中で良さそうな新たな資産管理ツールを見つけました。

ちなみに私のブログ村の見ているサイトは、以下のカテゴリと、後は「投資信託」のカテゴリになります。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

投資を始めた最初の頃は、googleでキーワード等を入れて検索したり、特定のブログを見ていましたが、今は投資の情報は、ブログ村のタイトルでピンときた物を見ています。いろいろブログがあり、頻繁に訪れれば、いち早く情報を入手できると思います。YouTubeで

9_その他

いつまで会社で働くのか?会社からもお払い箱にされず、何も考えなければ、現在はだいたい65歳までは働けます。ただ、ほとんど企業は、60歳になれば給与がかなり少なくなるのが現状です。

今年からは70歳まで企業の努力目標とされ、余裕がある大企業であれば、70歳まで働くことができるようになりました。その流れは、65歳になったように、数年後には多くの企業も採用しないと駄目な雰囲気になるのだと思います。

そうなると、次は年金支給開始年も、65歳から限りなく70歳に近い年齢に変更されるのは間違いなしです。

いくら長寿になったとは言え、歳を取れば体は段々と不調になり、 ...

1_配当計画, 9_その他

配当金の使い道ですが、証券サイトの入出金上は再投資に充てていますが、実際は気持ちの持ち方が変わるので、そう言った面では、お金を使う際に多少の贅沢はしているかもしれません。

ちょっとした贅沢というのは、普通だともったいないからやめておこう、安いのでいいやと思うところを、その部分を配当金の一部を使ってと考えれば、今回は、ちょっと贅沢しようと踏ん切れるところはあります。

当然、そう許容するのは、毎回ではなく、月の数回くらいです。ちなみちょっとした贅沢は、パンを購入するとき、いつもは120円くらいのパンだけど、今回は180円にしようとか、その程度の話です。

& ...

0_株式投資にいたるまで, 8_投信信託、その他投資

現在は株価好調で、なかなか不調になることを忘れてしまいそうですが、いずれ来る株価下落。

あまり株価の調子が良いと忘れてしまうので、以前の記憶や経験を生かすことが必要と今から自分に言っておかないと駄目だと思っています。下落に成長株の積み立てを辞めてしまったり、狼狽売りをしてしまえば、投資している意味合いもなくなります。そんなことをするくらいなら、大人しく預金していた方がマシだからです。下手に投資して高い時に購入し、安い時に売れば、資産は目減りする一方です。

そのために、利回りや運用コストがかかるが、個別銘柄ではない、投資信託やETFに切り替えたのですから、、、。

9_その他

少しでも、貯蓄したお金(資産)を増やすために、投資をしていますが、やはり一番効率が良いのは、仕事で稼ぐことです。

確かに投資で増やしたり、節約で支出を抑えて貯蓄にまわすのも重要で効果はありますが、一番効力があるのは、収入を増やすことだと思っています。

収入を増やすには、収入が良い会社に勤める。出世して年収をアップする。一番良いのは、これら全てが揃うことです。就職時やそれ以前の学生生活で安易に勤め先を決めると後悔することになります。

ただ、手遅れになった場合は、その時点で早めに補正(転職やスキルアップ)していくことも手段としてはあると思います。若いうちは ...