☆出口戦略、損してたら売却しないに越したことはない!

投資信託など、積立投資した場合、出口戦略と言うけど、やっぱりマイナスで売却したくないのは皆同じ、マイナスで売却したから、預金していた方が良いと言うことになってしまいます。預金より増えるから、皆、リスクをとって投資している訳で。

 

現在、米国株は下落中、米国株インデックスであれば初めて1年くらいの人は含み損ではないでしょうか⁈

ずっと好調で株価が良かったですからね。そんなに上手くことが運ぶ訳はありません。これが、自己責任と言うキーワードです。

1年で出口もないですが、積立10年なら出口もありえます。その時、株価が平均取得単価を上回っているか、、、。

これまでの過去の実績からすると、上回っているんでしょうが、未来のことはわかりません。

やはり余剰資産で投資はするものだと思いますし、株価が安い時には、投資信託などは売却しない方が良いのは当たり前の話です。

その間は、預金または配当金でしのぐのが、健康衛生上良いような気がします。

今週は、どんな相場になるでしょうか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村