1.配当計画, 8.その他(投資)

1.はじめに 少し前、日本株も米国株も調子が悪く、かなりの含み損になりました。やはりそこで考えるのが、こんなことなら元本保証の定期預金だったかなぁと、考えが少し頭をよぎります。 十数年前に株をやったことがありますが、やめた経緯は元本割れに耐え切れず、辞めてしまいました。 再度、はじめようとした経緯などは、「株式投資にいたるまで」に記事を書いています。 本日は、改めて投資にむかう気持ちを整理、分析したいと思います。   2.含み損時の現在の気持ち つい先ごろも、日本株、米国株が下落して、含み損が多くありました。 投資額が多くなったため、大きく下落すると、数十万円の含み損になり、また、上 ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 5.株主優待, 6.J-REIT, 8.その他(投資)

1.はじめに 今回は久しぶりに、ポートフォリオで投資の割合を確認していきたいと思います。 また、現状の評価損益についても確認していきます。   2.投資先の割合確認 確認方法として、日本株、米国株、J-REITの割合とそれぞれの損益を見ていきます。 割合的には、まあまあ自分として良い感じになっていると思っています。 ただ、米国株の損益がすごいことになっています。日米とも株安で全滅です。 1.日本    -37440円  21% 2.米国  -422599円   56% 3.J-REIT  -28144円  24% 総計          -488183円 100%   次に ...

8.その他(投資)

1.はじめに 「自己責任」という言葉を最近よく聞きます。 よく聞くのではなく自分が意識しているだけなのかもしれません。 株式投資はよく自己責任と言われます。何にいくら投資するのかは自分が決め、その銘柄が 「元本割れ」もしくは「最悪の場合は0」になる可能性もあるため、リスクがあることを承知して「自己責任」でお願いします、と言うことになります。 そう考えると「リスク」→「自己責任」という式が成り立ちます。   2.社会における「自己責任」 会社でも現在の自分の置かれている立場は、これまで自分が選んできた結果と言うことで、いろいろ問題があっても、それは「自己責任」と言うことらしいです。 も ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

1.はじめに 本日は、株購入以外のお金をどこに預けているかについてと、今後の預け先について考えたいと思います。   2.毎月の預金や株投資のお金 毎月、給与をもらうと、会社の財形や保険など自動的に差し引かれるものは別として、手元に残るお金については、株投資とイオン銀行の積立定期に分散していました。 今日、イオン銀行の積立定期の金利はこれまで0.15%と現状にあっては貴重な金利の銀行でした。ただ、先ほど確認したところ、0.15%から0.08%へ2ヶ月前から悪くなっていました。 早速、積み立てはやめることとしました。やめるには、ネットでなく店舗またはセンタへ電話し書類を書く必要があります ...

8.その他(投資)

1.はじめに いろいろなお金の管理のアプリを使ってきましたが、今はMoneyForwordを使っています。 今回は「MoneyForword」について話したいと思います。   2.MoneyForwordについて MoneyForwordは、預金から株、確定拠出年金まで管理できます。クレジットカードなども登録でき家計簿代わりになります。 ネット経由でアクセスでき、管理できているものは、大方のものは「MoneyForword」で登録して、管理できると思います。 それ以外の資産は、題目を付け、手動でも金額を入力して、区分けもできますので、全ての資産管理がMoneyForwordできてしま ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

1.はじめに 安倍さんが自民党総裁で再選され、そうそうに消費税を予定通りアップすると宣言しました。 準備がしっかりできるようにとのことです。 まだ、曖昧な軽減税率の方は決まってないようですが、、、。   2.想定される状況 前回も消費税アップした時に、単純に税率がアップするだけでなく、品物自体の価格もアップしました。今回も単純に2%アップするばかりでなく、このタイミングで今まで価格をアップできなかった品物自体もメーカーは値上げするでしょう。 税率アップ前の駆け込み購入、アップ後は当面、購入を控える動きが出て、企業業績も一旦業績アップ、その後、低迷し株価も下がりそうです。   ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

1.はじめに 先週、トヨタ自動車とソフトバンクの提携のニュースがありました。ソフトバンクといえば孫さんですが、よくマスコミに登場するようになったのが2000年くらいのYahooのADSLが始まったくらいです。当時、NTTの独壇場の通信業界に、街中でADSLのモデルを配りYahooBBとして通信価格を手の届く価格破壊をおこしました。その後、通信会社を買収し、ソフトバンクを作り、携帯電話にも価格破壊を起こし、iphoneの導入、通信業界での地位を確立しました。現在は、通信業界や日本に留まらず、世界に向けての事業拡大、AI、ロボット分野にも進出しています。 今回は、ライドシェア(自動車の相乗り)への ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

1.複利運用について よく複利効果と聞きますが、今回は実際に1000万円投資し税引き後3%の配当利回りで配当金を頂いたとして、10年後、15年後にどうなるかを検証していきたいと思います。   2.複利シミュレーション 利回りは配当計画の最低目標の税金引き後3% とします。 年数  元本    配当金 1 10,000,000  300,000 2 10,300,000  309,000 3 10,609,000  318,270 4 10,927,270  327,818 5 11,255,088  337,653 6 11,592,741  347,782 7 11,940,523 ...

8.その他(投資)

何故だか、ふと、そんな「ことわざ」が頭をよぎりました。 1.日常の「安物買いの銭失い」について 「安物買いの銭失い」とは、調べるとこう書かれていました。 値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。 日常でも、良くこういうことはあります。100円ショップで買った方が良いか、それとも別のところでしっかりとしたものを買った方が良いか。 昔に比べて100円ショップも質の良いもの、センスが良い物もかなり増えました。 それは様々なショップとの競争もあり、安かろう悪かろうでは、通用しない状況になったとも言えます。 消耗品であれば、よほどこだわりがなければ、やは ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

直接的な株の話ではありませんが、今日は日本の企業活動について日頃思っていることを書きたいと思います。 現在、高配当と言うことで銀行株を数銘柄保有しています。それは高配当のためです。 銀行業務と言えば、事業内容的には改革を迫られている状況で、早期退職などの話など少なくありません。 私たち個人に対しても預金が中心だったのは昔の話で、利息によって利益還元をするのではなく、逆に私たちからより利益を得ようとローンや手数料の高い投資信託販売に重きを置いています。 NISAも始まり、いろいろな本やサイトなどでは銀行が勧める投資信託は銀行自体が儲けるためにやっているので銀行では投資信託を購入するべきではないと ...