6.J-REIT, 8.その他(投資)

J-REIT「インベスコ・オフィス」から分配金支払がありました。 インベスコ・オフィス 6,216円   さて、先日、高配当投資以外の貯蓄について書きましたが、現在は全て給与からの引き落としで約3万円(財形1万、確定拠出1万、個人年金1万円)しています。 1年ほど前まで、クレジットから保険会社の積み立てをしていましたが、10年経ち、終わりました。利息が良いため、そのまま、預けています。他の代替えを探していましたが、なかなか良い物がなく、1年が経過しました。 上記以外は、高配当株への投資で少し不安定さがありますので、安定して積み立てられることがないか、いろいろ考えてみました。 以前、投 ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

毎月の給与や配当金で、貯蓄できるお金は最近は全て投資にまわしていますが、投資以外で貯蓄している内容を確認したいと思います。 まずは、 「財形貯蓄」になります。 毎月1万円 ボーナス時3万円 です。入社当時から行っています。いかんせん金が少ないので、残念ながら、それほどは貯まっていません。 次は、 「個人年金」になります。 毎月1万円 です。こちらも社会人になったときから始めています。こちらも1万円のため財形よりもボーナス分だけ少ないです。   次は、 「確定拠出年金」 個人掛け分 毎月1万1千円 です。こちらは、個人で追加で掛けれるようになってからですので、数年前からになります。 基 ...

2.米国株, 8.その他(投資)

高配当米国株「エイリス・キャピタル(ARCC) 」から配当金支払いがありました。 エイリス・キャピタル(ARCC) 49.73ドル(109円換算5420円) SBI証券では購入できないため、楽天証券で購入し保有しています。 利回りは株価により9%前後とかなりの高配当になります。 その分、リスクがある認識でこれ以上の買い増しは控えています。 ただ、楽天証券はこの銘柄と、日本株ETFの1銘柄のみですので、配当金の使い道も微妙なところですので、配当金の範囲であれば買い増ししても良いかと思っています。 現在は、実質利用しているのは「SBI証券」と「楽天証券」になります。 メインはSBIネット銀行との連 ...

8.その他(投資)

昨年は、老後2000万円問題があり、積み立て投資等、改めて脚光を浴びた年でもありました。 そんな中、ほったらかし積み立て投資と言うキーワードもあったと思います。 ほったらかしと言う楽なような気がしますが、なかなか実現するのは難しいような気がします。 それは個人の性格が大きく左右するからです。 まず、私には、ほったらかし投資は性格的に無理です。お金を預けてほったらかしにすることは出来ず、いちいち気になってしまうからです。 性格的には、まずは、ある程度は損しても動じない気長な心が必要です。 そもそも、損するの(元本割れ)が、嫌な人は向きません。まじめに働いている人であれば、地道に貯めることも悪いこ ...

8.その他(投資)

最近、株などの購入手数料が話題になっていました。これまでも、いろいろ見直しはされていましたが、この年末にこれまでになく取り上げられていました。 よくよく考えると、気にはしながら、自分がどのようなプランになっているのか、あまり気にせずにいたことに、今更ながらに気づきました。 メインはSBI証券で、ほんの少し楽天証券で運用しています。 以下が、それぞれの手数料プランになります。 【SBI証券】   【楽天証券】 設定(デフォルト」は、 SBIの場合は、スタンダードプラン 楽天証券は、超割コース でした。   現在、話題なのは当然、 SBIの場合は、アクティブプラン 楽天証券は、 ...

8.その他(投資)

現在、株価上昇のため、株購入は少し待っていますが、円からドルへは、米国株購入のために行う必要があります。 最近は、1ドル108円近くからあまり、動いていませんでしたが、今日見たら109円近くになり、円からドルへは不利になっています。 来年予定のNISA枠を考えると120万円です。半分の60万円を米国株購入にあてようとすると、どのくらい差が出るか考えたいと思います。 ここ最近の現実的な幅として、104円から112円くらいになっています。 当然、円からドルへは、円高の104円の時、ドルから円へは112円の時がベストです。 手数料を考えなければ、ベストな交換をすれば、60万円は、 60万円を104円 ...

8.その他(投資)

毎月の配当金を増やすために、せっせと高配当銘柄に投資をしていますが、死ぬまで永遠に投資し続けることはできませんし、収入がなくなればできません。 投資した株を売却すれば、配当金は、もちろん減りますので、売却のタイミングも見極めが必要です。 まず、投資の方は、現時点では、働いている限りは、毎月の給与と配当金を高配当銘柄に投資する方針です。   働かなくなったら、当然投資はできませんので、そこでストップになります。 公的年金支給よりも前に退職したら、アーリーリタイヤとなり、その頃に配当金や個人年金などで、生活費などがまかなえれば良いですが、毎月20から25万円程度必要となると思いますので、 ...

8.その他(投資)

12月になりました。12月は日本株の半期決算の配当金が支払される月になります。 ここ最近、日本株自体は追加購入しておらず、3月決算以外の保有株もありますが、それでも、6月、12月はまとまって配当金が入りますので嬉しい月です。 そのかわり、J-REITは3銘柄のみのため、期待はできません。 米国株は、毎月分配ETF以外に四半期毎のETFの支払が一部あると思うます。個別株は確認した限り、なさそうな感じです。以前はありましたが、個別銘柄からETFに移行した際に売却した銘柄が12月のものが多かったようです。 結局、10月、11月は株価が高くなり株の購入はせず、さらに一部の銘柄を売却していますので、資金 ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

本当か嘘か、老後2000万円の話題が出た後は、証券口座開設など、投資する人が増えた?とか。 最近のメディアは少しのことを大袈裟に騒ぎ立てる傾向がさらに強くなっているので本当のところはわかりません。 ただ、言えることは、自分でやってみないことには何もわからないことです。 いろいろ人から聞いたり、ネットで調べたり、本を読んだりしても、いずれも、その人の視点で書かれていますので、正確はないと思っています。 そこにはいろんなキーワードが出てきます。 長期投資 投資信託 インデックス投資信託 アクティブ投資信託 株主優待目的投資 日本株投資 米国株投資 AI(ロボティクス)投資 ETF REIT  ・・ ...

3.海外ETF, 8.その他(投資)

前回、書きました「☆DIAM外国株式インデックスで積み立てている確定拠出年金の状況」の続きになりますが、イマイチパッとしないDIAM外国株式インデックスから別の銘柄にシフトしようと購入可能な銘柄を物色した結果、以下にも毎月の購入を割り当てしました。 「外国債券型 日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」です。 「日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」 基準額17,944円 経費率0.2484% 実積は、 6ヵ月 +2.41 1年 +3.19 3年 +9.58 5年 +7.49 ちなみに、「DIAM外国株式インデックス」は 基準額 36,079円 経費率0.27 ...