4.日本株, 9.その他

1.はじめに 先日、恒例の「日経トレンディヒット商品」は発表されました。 今回はベスト3に関連ある企業の株価がヒットにあやかっているか見てみたいと思います。   2.ヒット商品ベスト3 1位:安室奈美恵さん 2位:ドライブレコーダー 3位:ペットボトルコーヒー いづれもメディアを騒がした商品が入っています。 「安室さん」は、ご存知のとおり1年前からカウントダウンが始まり、先日引退されました。 それに伴いこれまでのCDなども再人気になりました。 ドライブレコーダーは「あおり運転」の防止手段として注目を浴びました。 「あおり運転」については、今でもメディアを騒がしています。 自動ブレーキ ...

4.日本株

1.はじめに 先ごろ、大手7商社の2018年9月中間連結決算が2日、出揃いました。 今回は決算状況と保有商社株の株価状況を見ていきたいと思います。   2.大手7商社9月中間連結決算状況 ■大手商社7社の2018年9月中間連結決算(社名/最終利益/最終利益見通し) 三菱商事/3093(21.8)/6400(14.3) 伊藤忠商事/2580(6.4)/5000(24.9) 三井物産/2228(▲6.5)/4500(7.5) 住友商事/1793(15.5)/3200(3.7) 丸紅/1519(45.3)/2300(8.9) 豊田通商/786(7.1)/1400(7.5) 双日/371(3 ...

2.米国株, 4.日本株

1.はじめに 以前、株主に送られてきた電子タバコ「プルーム・テック」のスターターキット(無料)を応募したものが送られてきました。 今回は、保有しているJT、米国株MO、PMの最近の状況について確認していきたいと思います。   2.企業状況や話題について アルトリア・グループは、米食品医薬品局(FDA)は9月に未成年者による電子たばこの使用急増を受け、たばこ業界が対策を強化しなければ、フレーバー付き電子たばこの販売禁止もあり得ると言う警告から、一部の電子たばこの販売を一時的に停止する。を受けた措置。 PMは、日本では500万人以上のユーザーを獲得しアイコスで成功、ただ、世界全体で見ると ...

4.日本株

1.はじめに 何度か話題になって、最近ドコモが大幅に通信料を下げると発表し、その余波で保有株のドコモ、KDDI株が見事な下げっぷりを見せました。   2.株価状況 これだけ、見事に下がると、笑うしかありません。 KDDIは、ドコモのように、見直ししない事を宣言してます。 ドコモもザックリとした発言で具体的なものはありません。 これまでのマジックのような(普通ではあまり考えられない条件で安く見せてるだけで、多くの人が一切安くならない)料金体系でなく本当に安くなるのであれば、KDDIやソフトバンクも追随することになると思います。 ただ、これまでの状況からは本当に安くなるとは到底信じられな ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 2018年10月28日現在、日経平均は2万1千円前半となり、米国のダウも2万4千ドル中盤となっています。 先般、保有日本株の含み損「☆とうとう、日本保有株全体含み損」をアップしましたが、米国株も全体としてマイナスとなり含み損銘柄も多くなりました。 以下、米国関連の株、ETFの主要な含み損銘柄です。 PFF :iシェアーズ米国優先株式     592株 -109,395円 -4.39% WBK :ウエストパックバンキング 210株 -88,075円 -16.90% T :AT&T              140株 -71,119円 -13.47% VYM :バンガード米国 ...

4.日本株

1.はじめに 最近の日本株の下落、先般の投稿したキャノンの業績悪化で、とうとう、保有株全体で含み損になってしまいました。 これまでも、プラス、マイナスで最終的には、プラスを死守してましたが、とうとう含み損です。 「☆キャノン(7751)の憂鬱(業績と株価)」   2.含み損ランキング <日本株> 7751 キヤノン  200 -101,600円 -13.68% 1928 積水ハウス 100 -34,600円 -17.73% 8591 オリックス 200 -21,500円 -5.89% 7838 共立印刷  200 -18,600円 -25.83% 7201 日産自動車 200 -15 ...

4.日本株

1.はじめに 日本の株価が下がるなか、更に憂鬱な発表が先にありました。キャノンの業績予想です。   2.キャノンの業績予想 以下、ロイターニュース抜粋です。 キヤノンは、2018年12月期の連結業績予想を25日に発表、売上高4兆1200億円から4兆円、営業利益3785億円から3355億円、税引き前当期純利益を4100億円から3650億円へと前回予想から下方修正。 デジカメの販売計画見直し、産業機器分野で顧客となる企業が設備投資を後ろ倒ししていることなどを理由に見通しを引き下げ。 2018年12月期第3四半期累計(1─9月期)の連結決算も、営業利益が前年同期比0.7%減の2433億円。 ...

4.日本株

1.はじめに 先般、「☆イオン(8267)のキャッシュバック株主優待と好調保有優待銘柄について」にて株主優待について買いましたが、今回、配当金をいただきました。   2.配当金について 100株保有で1700円でした。NISA対象です。   3.業績と株価 イオンの業績は、株価と同じように調子が良いようです。以下のグラフはホームページから抜粋しています。 現在(20181024)の株価と利回りは、 2610円 1.30% です。   4.まとめ 私はあまり混み合った場所が、苦手ですので、イオンなどのスーパーもどちらかと言うと少しさびれ始めている感じのお店が落ち着き ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 本日は毎月配当金、分配金をもらうためにどのように投資しているか整理したいと思います。   2.毎月高配当金・分配金を貰うための条件(投資方法) ①多くの金額の配当金、分配金を貰おうと思えば、配当利回り、分配利回りが良い銘柄を選択する必要があります ②毎月平均的に配当金・分配金を貰うためには投資する銘柄の配当金・分配金の支払月を考える必要があります。 ①については、配当金狙いの投資であれば、毎月配当金がもらえれば良いということになりません。より利回りが良い、銘柄を選択する必要があります。 配当狙いの投資であれば少なくとも3%以上利回りがあるものを選択します。(私の場合) ...

4.日本株, 5.株主優待

1.はじめに イオンから株主優待の「キャッシュバック」のお知らせが送られてきました。 イオンの株主優待はオーナーズカードが送られてきて、それをレジで出すとカードを読み取り、半年単位で買い物総額の3%がキャッシュバックされます。 今回2回目です。キャッシュバック率は保有株数によってアップしていきます。 よくイオンで買い物される方は、保有数が多いほど、お得な株主優待になると思います。 100株以上 3% 500株以上 4% 1000株以上 5% 2000株以上 7%   2.今回のキャッシュバック金額 買い物した額の3%(100株保有)がキャッシュバックされますが、今回は約500円でした ...