4.日本株

1.はじめに 少し前から気になっていた「野村 日経高配当株50」を購入しました。 銘柄名のとおり「日経平均高配当株50指数に連動する投資成果を目指す。」ことを目標としたETFとなります。   2.購入口数と基準額推移について 5口購入しました。 20190312現在、1口34450円、分配利回りは、3.67%です。経費率は高く0.28%あります。   3.組み込み銘柄一覧 no code 銘柄 比率 1 2914 日本たばこ産業 4.05% 2 7201 日産自動車 3.74% 3 6178 日本郵政 3.65% 4 4502 武田薬品工業 3.40% 5 8058 三菱商 ...

4.日本株

1.はじめに 先般、保有日本株の紹介「?」をしましたが、今回は配当金の支払月を一覧表にしましたので、投稿しておきます。 私は毎月、なるべく平均的な配当金をもらえるように、ある程度考えて株の購入をしています。 日本株については、決算が3月に集中してしまうため、上記の考慮はあまり意味がありません。 2.保有高配当日本株の配当金支払月一覧 ※一部新規購入で配当実績がないものは未記入または想定で記入。現在地、利回りは2月下旬の値です。SBI証券の支払月です。   3.まとめ 見事に6月、12月に固まっています。3月、9月も新規に購入したため増えています。 日本株は毎月支払いの実現は難しので、 ...

4.日本株

1.はじめに 政府は、携帯電話料金の値下げに向けた電気通信事業法の改正案を国会に提出。端末の購入代金と毎月の通信料金を完全に切り離した「分離プラン」を義務付けることなどが柱。今国会で成立後、年内の施行を目指す。 、と言うことで、分離プランもあり、ではなく、分離プランのみ、と言う形になりそうです。 まあ、携帯電話が始まってから、端末0円なんて、通話通信料金ありきの、抱き合わせ販売が今まで続いていたこと自体がおかしな話だったと個人的には思います。 ただ、事業者もストレートに料金を出すとは思えず、なんらか新たな販売方法を出してくるかもしれないですね。 株主の立場からみると、今後、どのような形で売り上 ...

4.日本株, 5.株主優待

1.JT株主優待内容について JTから「優待申込はがき」がきました。100株保有ですので、選択商品を見てみると、昨年と変わりがないようでした。 今回も、昨年同様にレトルトご飯とカップ麺のセットを申込しました。 少しでも優待品があると嬉しいものです。   2.JTの業績について 封筒の中には優待申込の他に、総会の招集ご通知ということで、事業報告などの冊子も入っていました。 事業セグメントは下記のとおりです。 また、それぞれの状況ですが、 国内たばこ 割合28.0% 売上-1.4% 海外たばこ 割合52.2% 売上 6.3% 医療関連  割合 5.1%  売上 8.9% 加工食品  割合 ...

4.日本株

1.はじめに 最近、多数の株を売却しましたので、久しぶりに保有している株を改めて見ていきたいと思います。 今回は、日本株をみていきたいと思います。 高配当株は4%を目安に、優待株は自分が負担なく使用できるものにしています。 2.高配当日本株と株主優待株一覧   3.まとめ 日本株は、優待株を除き、商社ならびに通信事業者が多くなりました。 銀行株は今後の事業形態に不安がありますし、JTもさらに風当たりが強くなると思いますので、このあたりをどうするかが課題です。   本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

4.日本株, 8.その他(投資)

1.はじめに 最近、企業の業績が発表されていますが、どうしても悪いニュースが目立ってしまっていますが、好調な企業もあります。 最近、気になったニュースをまとめてみました。   2.最近のニュース 以下の内容は「日経のHP」から抜粋しています。 ブリヂストンは、2019年12月期の連結純利益が前期比3%増の3000億円になる見通しだと発表。 北米で進めているタイヤの増産体制が整い、利益率の高い補修用タイヤの販売が増える <これは好調でなく不調ですが、同じゴム関連で保有しています住友ゴムの状況です> 住友ゴム工業が13日発表した2018年12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の ...

4.日本株, 8.その他(投資)

1.はじめに 最近、企業の業績が発表されていますが、どうしても悪いニュースが目立ってしまっていますが、日本の将来が心配になってしまいます。 最近、気になったニュースをまとめてみました。   2.最近のニュース 以下の内容は「日経のHP」から抜粋しています。 ・ジャパンディスプレイ(6740)は14日、今期(2019年3月期)の連結営業損益が200億円超の赤字(前期は617億円の赤字)になりそうだと発表。中国の景気減速や買い替え需要の長期化などで、主力のスマートフォン(スマホ)向けの液晶パネルの販売が振るわない。 ・すかいらーくホールディングスが発表した2018年12月期連結決算(国際 ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 最近、投資方針の変更により、いろいろな銘柄を売却しました。とりあえず、今年始まったばかりですが、今年の売却はこの程度にしたいところです。 投資方針は、成長株から配当株への集中、配当利回り率で勢いで購入した自分が知らない企業株の売却です。 今回は、改めて損切り額を認識しておこうと思います。   2.損切り額について VT         -16,100円 共立印刷 -26,000円 信和       -10,600円 アップル    -33436円 NVDA       -52155円 google      -12205円 Amazon    -12408円 1655  ...

4.日本株

1.はじめに 先般、売却しました「☆日本株売却(共立印刷、VTHD、信和)について」資金で、現在保有中の商社株「丸紅(8002)」を購入しました。 以前「☆保有商社株(丸紅、三井物産、住友商事)からの配当について」で商社株の記事を書いています。   2.丸紅の株価推移と利回りについて 丸紅株は、少し前はかなり株価が上がっていましたが、最近、下落して、以前購入した時の株価近くになってきましたので、利回り率もみて、買い増しを決めました。 20190212時点で、782円、配当利回りは4.34%です。   3.まとめ 丸紅は商社の中でも株単価が安いため、100株保留でも8万円弱で ...

4.日本株

1.はじめに 最近、米国成長株を売却して、配当系ETFに買い替えしてきましたが、今回は配当目当てに購入した中小株を売却しました。   2.売却した銘柄 7838 共立印刷 7593 VTホールディングス 3447 信和 いづれも、自分には馴染みのない企業で、雑誌などで存在を知り、配当が良いことを目当てに購入した株になります。 やはり自分的にはあまり思い入れがなく、最近の保有株整理のため、売却しました。 売却時は、どれも含み損となっているため、それなりの額の損切りになりました。 特に共立印刷は業績悪化で配当も悪くなったため、かなり株価が下がっていましたが、思いきって損切りしています。 ...