2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

以下の銘柄を新規購入、追加購入しました。 相変わらずの米国市場が好調です。日本株は、その勢いに、乗り遅れ気味なところも出てきている感じかなぁと思っています。 配当金目的のため、できれば安い時に購入したいですが、割り切って購入していくことにしました。 以下、購入した銘柄です。 〈日本株〉 SUBARU 100株 ヤマハ発動機 100株 ダイワ高配当40指数 (1651) 10口 〈米国株〉 HDV10口(NISA枠) BP 40株   SUBARUは高配当狙いです。現状は、いろいろ問題はありましたが、なんとか立ち直りそう感じではあります。ただ、将来的に生き残っていけるかと言う部分で心配 ...

2.米国株, 3.海外ETF

前回に続きNISA枠を使って、購入しました。 購入銘柄はNISA枠はETFと決めています。前回は日本の高配当ETFの「大和高配当40」でした。 今回は、米国高配当ETF、定番になりましたSPYDを、50口、買い増ししました。 米国市場も好調のため、これまでになく1口あたりの株価は高いですが、定期的な購入を心がけていますので、購入に踏み切りました。 先般の購入と合わせて40万くらい購入しましたので、残りNISA枠は約80万と言うことになります。 今後もNISA枠を有効に使って、節税していきたいと思います。 また、新しい年になりましたので、「ふるさと納税」も行っていきたいと考えています。 昨年は、 ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

配当所得税還付金の支払がありました。 42,226円でした。 ちなみ前年は29,297円でした。 今回の還付金は、以下の計算をもとに計算されてます。 「特定口座では、上場株式等の損失と受け取った配当との損益通算をその年の年末に行い、年間の損益がマイナスになった場合、年末に配当等との損益通算がされ、配当から徴収された税金が配当課税還付金として翌年1月初旬に還付されるというものです。」NISAは対象外です   昨年、売却した株は、以下とおりです。 全てが、損切りではありませんが、かなりの数、売却しています。 損した!っと印象に残っているのは、日産自動車、キャノン、エヌディビア、センチュリ ...

2.米国株, 3.海外ETF

各種、米国ETFから分配金支払がありました。 実は12月下旬に支払がありましたが、見忘れたものと、12月分の合計を計算した後でしたので、1月分に計上することにしました。 VYM 75.63ドル(109円換算で8243円) VOO 43.14ドル(109円換算で4702円) PFF 87.97ドル(109円換算で9588円) VCLT49.8ドル(109円換算で5428円) PFFとVCLTは1月分が12月に支払されたようです。 米国株も全てETFにしてしまうと、毎月支払のPFF、VCLTを除くと、3月、6月、10月、12月支払にかたまってしまいますので、毎月安定した配当金を目指している配当金計 ...

3.海外ETF

保有銘柄で1回の配当金が一番多い銘柄からの配当金支払がありました。 SPYD 234.03ドル(109円換算25509円) 投資金額は、PFFと並び多いですが、PFFは毎月配当、SPYDは四半期配当ですので、一回の支払金額としては、SPYDが一番多くなります。 今後も、米国ETFのSPYDは買い増ししていきたいと思っています。 個別株に比べて、ETFは分散投資できますので、投資金額を多くしても、少しは安心できます。 経費率が発生し、利回りが個別銘柄よりも悪くなるところはありますが、リスクを少しでも軽減できることは間違いありません。 多少利回りは悪くなりますが、米国株はSPYF、HDV、日本株は ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

よく、高配当インデックス(米国ETF VYM SPYD HDV 日経高配当50)は、高配当個別銘柄より、利回りが低いため、少しだけ購入に抵抗が出ます。 ただ、最近は、個別銘柄のリスクが気になってきて、インデックスETFを購入する機会が多くなりました。 ですが個別銘柄も少しですが、懲りずに、たまに購入をしています。 基本的に、個別銘柄は、4%中盤から5%を中心に購入します。 ETFは概ね、3.5%前後が中心の利回りです。 そのため、1%から2%程度の利回り差があります。 利回り率としては、かなりの差で、配当金額は結構大きな額です。 単純に考えれば、個別銘柄の圧勝です。 ただ、ふと思いました。 個 ...

3.海外ETF

昨日はブログ更新できませんでした。 書く内容がひらめきませんでした。 最近は、配当金支払のことは書いていますが、あまりその銘柄については書かず、別のことを書いたりしていますので、テーマの閃きがこないと書けないです。 久しぶりに株を購入しました。 と、言っても購入した銘柄は、高配当定番のPFFです。 米国株の好調とは異なり、株価も冴えませんので、一抹の不安もありますが、40口買い増ししました。 現在、1口の毎月分配金が約0.16ドルですので、毎月6.4ドル、108円換算では691円、ここから税金が引かれ、483円くらい増えます。 今月も、買い増ししたPFFから分配金支払がありました。 税引き後、 ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

株価の調子の良い時の定番、評価損益額を確認しました。 株価が高く、株を買いづらい状況ですが、評価損益を確認する楽しみはあります。 高配当株中心ですので、そのまま好調さが反映される訳でありませんが、それでも以下のとおり、プラスになっていました。 円投資分 費用損益額 +1,874,827円 ドル投資分  円換算 +519,563円 合計 プラス 2,394,390円   投資の配分は、円(日本株、リート)もドル(米国株、ETF)同じくらいですが、円投資分がかなりプラスでした。 米国株は、米国の税金がかからないADR銘柄の保有が多く、その銘柄にマイナスが多いため、日本株やリートのようなプ ...

3.海外ETF, 6.J-REIT

既に、11月は米国株、AT&T、米国ETFのPFFとVCLTの分配金支払があり、先頃、日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)の分配金も頂きました。 現在のところは、約3万円くらいです。 前にも書きましたとおり、11月は配当金や分配金が少ない月です。 ただ、今回、日経平均高配当株50指数連動型上場投信の分配金があったのは大きかったと思います。 11月も中盤に差しかかり、以下の分配金、配当金支払がありました。 J-REIT GLP投資法人 4,586円 ザイマックス・リート投資法人 3052円(NISA扱い)+2433円 米国株 ABBV(アッヴィ) 39.27ドル(109円換 ...

3.海外ETF

前に「☆昨年より少ないぞ!!(1659)iシェアーズ米国リートETFからの分配金」で投稿しましたが、(1659)iシェアーズ米国リートETFの分配金がどうも昨年とくらべ少ないということで、11月分でプラスされ分配されると思いきや結果は以下のとおりです。 2019年11月9日 ¥13 2019年8月9日 ¥6 2019年5月9日 ¥15 2019年2月9日 ¥6 合計40円 2018年11月9日 ¥46 2018年8月9日 ¥19 2018年5月9日 ¥14 2018年2月9日 ¥3 合計82円 お話になりませんので保有全数売却しました。 幸いだったのは、含み益がありましたので、損切せずに済みま ...