3.海外ETF

先般のVCLTに続き、PFFから配当金をもらいました。 621口保有で82.29ドル(108円換算で8887円)でした。   配当計画は、VCLTとこのPFFが主軸となっています。先般のVCLTの分配金が5511円で今回のPFFとの合計が14398円になります。 当面は、2銘柄で2万円の分配金が目標ですが、5600円不足しており、単純計算でVCLTが倍必要ですので、まだまだ先は長そうです。   2018年2月から分配金をもらい始めて、トータル13万2千円になりました。 621口で現在1口36.73ドルですので約250万円投資していることになります。 ちなみに評価益は、マイナ ...

3.海外ETF

毎月分配金が貰えるVCLTから分配金支払がありました。 200口保有で税引き後51.03ドル(108円換算5511円)でした。(一部NISAで保有) VCLTは米長期社債ETFです。   毎月配当銘柄は他にPFFを保有しており、この2銘柄が保有している毎月配当銘柄になります。 毎月配当は、毎月安定した配当金をもらうのには、もってこいの銘柄で、この2銘柄だけに投資していれば、いろんな配当月の他の銘柄との組み合わせなども考える必要性はありません。 ただ、現状は2銘柄に投資が集中してしまうのもリスクが高いため、様々な銘柄に投資をしています。 他に毎月配当の高配当銘柄がないか探してみると、各 ...

3.海外ETF

先日、米国株が少し下げた時に、SPYD(※)を少し買いました。 最近の米国株も1日変動額が大きく、底で買うのは難しく、少し戻した時に購入しました。 金額は少ないため、手数料負けしていると思いますが、少しでも購入したかったので良かったです。 ※SPYD「SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF)」は、S&P500高配当指数(同指数)のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。同指数は、配当利回りに基づき、S&P500 ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF

最近また株価の上下動が激しい日々が続きますが、米国株を始めたのは2017年の秋頃でした。 今から振り返ると、米国株が上がりきり、長きに渡った勢いがある成長がストップした時でした。   以下、各期間毎のNYダウの株価推移です。   こうやってみると、2017年秋を最後に、24000から27000ドルの間を行き来しています。 そう行った状況が約1年半、もうすぐ2年になろうとしています。 こう考えると、事実として、成長が止まったと、自分自身で受け止める必要があります。 残念なことに、私が始めたのは、成長が止まってから投資していますので、現状の振れ幅ですと、評価損益はプラス、マイナ ...

3.海外ETF

1.はじめに VCLTの分配金に続き、PFFから分配金支払がありました。PFFは、NISAと特定口座でそれぞれ保有しています。 特定口座が361口、NISA260口になります。 現在の評価額は、日本円にすると約248万円で評価損益は、マイナス約15万円となっています。   2.配当金について 上記の1.の保有で今月は84.88ドル(109円換算で9251円)でした。 約250万円の保有で毎月約9200円、年間約11万円の分配金になります。 実質の税引き後の利回りは4.4%です。 PFFは経費率(運用経費)が、0.47%とかなりかかってきます。   3.株価推移 以下はPFF ...

3.海外ETF

1.はじめに 毎月支払があるVCLTから分配金支払がありました。少し前に集中的に投資して、今月がとりあえずの集大成の分配金になっています。   2.分配金について 200口保有で46.48ドル(110円換算で5112円)でした。 ※一部NISAあり   3.今後の買い増しについて 毎月の分配金の目標としては、倍の1万円近くとしていますが、少し株価が高くなり、少し買い増ししづらい状況ではあります。 当面は少し様子見でいきたいと思っています。   4.まとめ 同じく毎月配当のPFFと合わせて、現在はだいたい1万5千円の分配金をもらっています。 当面は合わせて、毎月2万 ...

3.海外ETF

1.はじめに 日本株、J-REIT、米国個別株と見てきましたが、ゴールデンウィークですので、保有銘柄の損益状況を確認して、今後、見直しが必要かどうか、今後の方針も考えていきたいと思います。 今回は最後、海外ETFになります。   2.保有銘柄と損益確認(海外ETF)   3.現状分析と今後について PFF以外はプラスということで、最近の米国株の好調さが伺えます。 分配利回りだけ考えると、PFF以外はあまり良いとは言えませんが、このまま、天井知らずで上昇してくれれば、含み益がその分をカバーしてくれます。 ただ、そんなにうまくはいきませんよね。   本日も最後までお読 ...

3.海外ETF

1.はじめに 配当金で少しですが、SPYDを買い増ししました。 現在、米国株は、このSPYD、もしくはVCLTをメインに買い増しをしています。 SPYDも株価は好調ですが、VCLTもこれまでの株価推移からすると高値の部類に入り、少し買い増しづらくなっており、今回はSPYDを買い増しすることにしました。   2.買い増し 19口(1口38.7ドル)を買い増ししています。 配当金からの買い増しですので、それほど買い増しはできません。金額が少ないと手数料負けする話もありますが、あまりそこまでシビアに見切れていないのが現状です。   3.為替相場 現在、円安傾向で、円からドルへの換 ...

3.海外ETF

1.はじめに 毎月支払のPFFから分配支払がありました。   2.分配金について 621口保有で89.04ドル(111円換算で9883円)でした。 毎月の金額も1万円に近づいています。   3.分配利回り 分配利回りは5.9%、経費率は0.47%となり、経費率を引くと、実質は5.43%となります。 税引き後になると、3.8%になります。 ここで、高配当ETFの分配利回りが以下のとおりですが、3%以上を目指すと、このらPFFしかありません。 〈保有ETFの利回り〉 SPYD 分配利回り 4.27% 経費率0.08% 実質4.19% 税引き後2.93% HDV 分配利回り 3. ...

3.海外ETF

1.はじめに 毎月配当のVCLT(米長期社債ETF」)から分配金支払がありました。 分配利回り4.3%経費率0.07%になります。 毎月安定した配当金支払を目指す中で、このVCLTとPFFは保有銘柄のメインの投資銘柄です。 今回はここ数ヶ月の2つの分配金の推移を見ていきたいと思います。 とは言っても、ほぼ平均的な分配金推移ですので増加は買い増しによるものです。   2.分配金について 200口保有で40.6ドル(111円換算で4506円)でした。   3.毎月配当ETF、PFFとVCLTの当面の目標額 ここ3ヶ月のPFFとVCLTの分配金は、 (3月) PFF 10639円 ...