2.米国株, 3.海外ETF

1.はじめに 米国株の個別銘柄から、リスクを軽減するため、分配投資が可能なETFにシフトしています。 ETFは米国高配当株、REIT、債券などになります。 2.高配当海外ETF一覧   3.まとめ 米国株の個別銘柄への投資は、なかなか企業の状況がわからないこともあり、難しいと感じてきました。ETFにすれば、分散されリスクは軽減されます。 ただ、配当利回りは悪くなり、また経費率もあり、3%から4%が妥当なところです。 個別銘柄に投資すれば、配当利回りが良い銘柄ですと、5%から6%近くまであります。 まだまだ、方針ははっきりしないところはありますが、今後、投資するものについては、当面は、 ...

2.米国株, 3.海外ETF

1.はじめに 先日「☆米国個別株(VZ、PFE、JNJ、XOM、CTL)の売却」の記事で書きましたが、米国株個別銘柄について、売却しました。今回は、その売却益で購入したETFについて書いていきたいと思います。   2.購入したETFについて 売却益で購入した銘柄は以下の2銘柄になります。 現在、集中的に買い増ししている銘柄です。VCLTは毎月配当となります。 SPYD  145株 VCLT    55株   SPYD :S&P500高配当指数のトータルリターンのパフォーマンスに、経費控除前で、概ね連動する投資成果を上げることを目標とする銘柄です。 S&P50 ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 最近、投資方針の変更により、いろいろな銘柄を売却しました。とりあえず、今年始まったばかりですが、今年の売却はこの程度にしたいところです。 投資方針は、成長株から配当株への集中、配当利回り率で勢いで購入した自分が知らない企業株の売却です。 今回は、改めて損切り額を認識しておこうと思います。   2.損切り額について VT         -16,100円 共立印刷 -26,000円 信和       -10,600円 アップル    -33436円 NVDA       -52155円 google      -12205円 Amazon    -12408円 1655  ...

3.海外ETF

1.はじめに 先月、配当金支払(12月に2ヵ月分支払があったため)がなかったPFFから配当がありました。 今月2月は配当支払される銘柄が少ないため、貴重な配当金です。 保有株で1番投資しているPFFです。株価の推移は評価損益に大きな影響を与えます。今回は、評価損益額についても確認していきたいと、思います。   2.配当金について 592保有で80.06ドル(109円換算で8726円)でした。NISAでも一部保有しています。   3.株価推移と評価損益について 現在、14万円マイナスです。 平均取得37.66ドル、現在(20190211)の基準額は35.65ドルになります。 ...

3.海外ETF

1.はじめに 先般から、海外ETFを集中的に購入していますが、本日は保有ETFの組み入れ企業を確認していきたいと思います。   2.VOO、VYM、HDV、SPYDの組み入れ企業 以下が、保有ETFの組み入れ上位銘柄になります。 <<投資信託組入れ上位銘柄>> ◎が複数のETFが上位にく組み入れている銘柄になります。 「XOM:エクソンモービル」「JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」になります。 複数のETFが組み込んでいるということで、信頼できる企業といえると思います。 ☆が2つのETFが上位にく組み入れている銘柄になります。 こちらはETFの特徴にな ...

3.海外ETF

1.はじめに 毎月恒例の「VCLT(米長期社債ETF)」からの配当金支払いがありました。 先般、割安と判断し、NISA枠で少し「VCLT(米長期社債ETF)」を買い増ししています。買い増しについて「☆個別成長株の売却金で各種ETFを購入」で記事を書いています。   2.配当金について  VCLT(VG米長期社債ETF) 40口保有で11.43ドル(NISA) VCLT(VG米長期社債ETF) 40口保有で 9.15ドル 合計で20.58ドル(109円換算で2243円)となります。(税引き後)   3.株価と株価推移を確認 420190210現在、88.53ドル 配当利回りは ...

3.海外ETF

1.はじめに 成長系銘柄から高配当銘柄保有を徹底させる第3弾(*)として、成長系ETF「VTI」売却し、高配当系のETF「SPYD」を購入しました。 (*)成長系→高配当系への見直し、第1弾と第2弾は以下に投稿しています。 「☆米国成長株(アマゾン、グーグル、アップル、エヌビディア)の売却について」 「☆個別成長株の売却金で各種ETFを購入」 「☆気まぐれ投資(楽天VTI、1655 ISS&P500米国株)終了しました。」 「☆1659(iシェアーズ米国リートETF)」購入と楽天証券の手数料無料ETF」   2.現状の「VTI」の「SPYD」配当利回り比較 20190207時点で以下 ...

3.海外ETF

1.はじめに 最近の米国株の上昇で年末に含み損があった、米国ETFが回復してきました。と以下の記事を書いていていましたら、また徐々に下げていますね。少し前の状況としてお読みください。 保有ETFの評価損益を確認していきたいと思います。   2.保有ETFの状況について VTIは約50万円、その他は約100万円の保有です。 VOO プラス 7800円 VTI マイナス  3千円   HDV プラス 2万7千円   VYM マイナス1万3千円   VYMは、まだマイナスですが、その他の銘柄は、ほぼプラスもしくはプラスに近づいています。 現状(20190206 ...

3.海外ETF

1.はじめに 先日、これまで不定期に投資してきたETF、投資信託を配当系銘柄に移行するため売却しました。 <売却銘柄> (1655)ISS&P500米国株 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド 上記銘柄を気が向いた時に購入する「きまぐれ投資」はやめましたが、唯一最近購入した「1659(iシェアーズ米国リートETF)」はそのままで売却していません。 今回、売却したお金を利用し、その「1659(iシェアーズ米国リートETF)」を買い増ししました。 楽天証券には、売買手数料が0円のETFがあり、その銘柄になります。 購入手数料が0円というのは少額か ...

3.海外ETF

1.はじめに 先日、米国個別成長株を売却「☆米国成長株(アマゾン、グーグル、アップル、エヌビディア)の売却について」しましたが、同じく配当が少ない、気まぐれ投資についてもやめることにしました。 本当は、長期で積み立ていく必要があるのでしょうが、結局は正確に合わず、配当利回り良いETFに乗り換える形にしたいと思います。 後は、目標の月10万円の配当を達成するためでもあります。   2.売却銘柄 (1655)ISS&P500米国株 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド 最終的には、損切りになってしまいましたが、早めに、自分に合う投資の形にしていきた ...