3.海外ETF

前回、高配当・分配株シフトのため売却したお金で利回りが良い、以下のETF、J-REITを購入しましたが、今回、海外ETFを引き続き購入しています。 (※売却の内容は「☆月5万円の配当金をもらうための高配当株へのリバランス(売却編)」に投稿しています) (※購入その1の内容は「☆月5万円の配当金をもらうための高配当株へのリバランス(購入編その1)」に投稿しています) いろいろ検討した結果、最終的に購入したのは以下になります。 PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF) 132株 結局、定番になりました。 PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF)は配当計画のメイン銘柄ですが、株価が低迷しており、 ...

3.海外ETF, 6.J-REIT

前回、高配当・分配株シフトのため売却したお金で利回りが良い、以下のETF、J-REITを購入しました。(※前回の内容は「☆月5万円の配当金をもらうための高配当株へのリバランス(売却編)」に投稿しています) 1.新興国債権(1566) 20株 2.さくら総合リート          1株 さくら総合リートは先般投稿しています「☆次回の投資予定とこれまでの配当金」に基づき購入しています。 現在(20180521)の2銘柄株価、分配利回りは以下のとおりです 1.上場インデックスファンド新興国債券 (1566) 1株 49950円 5.9%(信託報酬0.45%) 分配月は奇数月 2.さくら総合リート( ...

3.海外ETF, 4.日本株

よくリバランスと言うと、海外株や日本株、REIT、債権のポートフォリオの比率を適正化する意味合いで用いられますが、今回、私はこれまでなんとなくその時点の考えで購入した株などを、月5万円の配当金・分割金を頂くために、前回の「☆毎月の5万円の配当金をもらうための計画」の考えに基づき、配当利回りが以下に達していないものを高配当株にリバランスしようと思います。 日本株・J-REIT ・・・約3.8%(※少し厳しので、3.4%にしようと思います) 米株  ・・・約4.3%(※少し厳しので、4.0%にしようと思います) ※これ以上の株もありますので、バランスが取れれば、平均を、クリアできると想定しています ...

2.米国株, 3.海外ETF

今回は、私が保留している海外株と海外ETF(※)の配当月について整理しました。 毎月配当を頂くためには海外株と海外ETFは欠かせません。なぜならば、日本株は年1回もしくは年2回の配当を出す企業が多くを占めますが、海外株の多くは四半期毎に配当を出しています。 それと同期するような形で、海外ETFも四半期毎や毎月配当の銘柄もあります。 ※ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)で、外国ETFとは、株価指数や商品指数を含む商品価格などに連動するように設計・運用されている投資信託です。外国証券取引所に上場しており、通常の外国株式と同じように取引できるので、外国株式市場に上場 ...

3.海外ETF

毎月、分配があります「上場インデックスファンド海外債券(1677)」から分配金を頂きました。 20株保有しており、配当額は税引き後2104円でした。 私の毎月配当をもらう計画に欠かせない毎月配当銘柄のひとつです。 「上場インデックスファンド海外債券(1677)」はETFですので、株のように売買ができます。 海外債権のETFですが、日本市場で買える貴重な高配当ETF銘柄です。 円で購入し、分配金も円で支払いされます。 このETFは、日本を除く、世界各国の債券に投資し、FTSE世界国債インデックス(為替ヘッジなし・円ベース)(※)の動きに連動する投資成果をめざして運用が行われているそうです。  ( ...

3.海外ETF

「PFF(iシェアーズ米国優先株式ETF)」から配当がありました。 配当金は44.59USDでした。円換算(109円)で約4800円です。 PFFは、毎月配当のため、私の毎月配当計画でメインに位置付けている銘柄になります。NISAと特定口座で280株保有しています。 私は今年のNISA枠のほとんどをPFFに決めて、年初めに購入してます。 取得単価が今より高く、今より円安の時に購入したため、評価額的にはマイナスですが高配当ですので、気にしてません。 PFFは現在(20180508)、37.05USDで、配当利回りは、5.84%の高配当株です。 金融関連が多いため、○○ショックには弱いようです。 ...

3.海外ETF

​VCLT(バンガード長期社債ETF)とBND(バンガードトータル債券市場ETF)から配当がありました。 配当はVCLTは8.87ドル、BNDは2.59ドルでした。 2つとも、毎月配当計画には欠かせない、毎月配当ETFです。 VCLTは40株、BNDは20株保有しています。 円換算(109円)で配当額は約970円と280円となります。 現状(20180507)、VCLTの株価は88.00USDで配当率は4.2%です。 BNDの株価は78.88USDで配当率は2.7%です。 BNDは定番の安定した実績がある債券ETFです。配当率は少し低いですが、安定感を重要視するならベストなETFです。現状、株 ...

3.海外ETF

今日は株投資(ETF)にあたって読んだ本を紹介したいと思います。 (私はいつも形からはいるため、何らか興味がわくとその関連の本を買います。本だけで終わってしまうこともたびたびです) 日本株、投資信託については、本、雑誌などで取り上げられ、ネットでも情報取得は割合容易ですが、海外の株、ETFになるとなかなか情報収集はできません。 ネットでは情報収集できますが、部分的なものが多く、それらを集めていき、自分の中で理解する必要があります。そんな中で探した本が「ETFはこの7本を買いなさい」でした。 ETFとはどんなものか、どうやって購入するのか、どんな種類のものがお勧めで、どんな構成で買うのか、など書 ...

3.海外ETF, 8.その他(投資)

WealthNaviから配当がありました。と言ってもすでにやめてしまっています。 どんなタイミングでの配当金がわかりませんが、金額は7円でした。 今回は、WealthNaviの話をしたいと思います。 WealthNaviはロボアドバイザー、いわゆるAIを利用した投資のシステムです。 私が始めたきっかけは、最近話題のAIに興味を持ち、いろいろ調べた結果、いろんなロボアドバイザーの、中で一番高評価でしたので、一度やってみようという事で始めてみましたが、自分の性格に合わずやめてしまったのは、以前このブログでも書きました。 WealthNaviは初めに投資方針を決めるため簡単な質問に答えて、回答の結果 ...

0.株式投資にいたるまで, 3.海外ETF

​いろいろ、株でブログを見ていると海外株、ETFというキーワードが出てきます。いろいろ、調べていくと、アメリカの株は右肩上がりで、日本株と異なり、将来的にも有望であることがわかりました。 私が始めたのが原因?なのか、ここ半年あまりアメリカ株が不調で、私の保有しているものもマイナスがほとんどです。アメリカ企業の個別銘柄は敷居が高いので、とりあえず、ETF(※)を購入しました。 またETFや投資信託には信託報酬(保有コスト)が掛かってきます。だいたい、年0.1(以下のものもあります)~0.5%で種類によって異なります。この辺りも購入時に把握したうえでどのETFを購入するか判断し購入しました。 日本 ...