2.米国株, 4.日本株

1.はじめに 11月も後半に差しかかり、今年も後1ヵ月半となりました。 今日は、日本株、米国株の1年間の株価推移を見ていきたいと思います。   2.株価推移 日本株は日経平均、米国株はダウで見ていきたいと思います。   よく見ると、同じような状況に見れます。 米国株も1年だけでみれば、順調な成長は止まって、大きな上げ下げに翻弄される1年と言えました。米国株の成長を信じて、株が高いときに購入した銘柄は、含み損も多いのではないかと思います。 日本株も当初3万円に近づくと予想しているメディアもありましたが、結局は停滞気味で2万台前半キープがやっとのようです。   3.今 ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 最近のアップダウンの激しい日米株価ですが、日本株、REIT、米国株、ETF、どれも冴えません。   2.冴えない保有株 保有株は、ほとんどの株の評価損益がいまいちです。 以下は含み損が大きいものです。 日本株は、キヤノン、ドコモ、KDDI、JT、積水ハウス、共立印刷。 REITはインフラファンド全般、INV、投資法人みらい、さくら総合リート、マリモリート。 米国株は、アマゾン、グーグル、エヌビディア、AT&T、ナショナルグリット、ウエストパックバンク、ロイヤルダッチシェル、センチュリーリンク。 ETFも、PFF、VCLT。他のVOO、VYMなどもプラマイ0に近い ...

2.米国株, 9.その他

1.はじめに 10月下旬に、9月の新型「iPhoneXs、XR」の発表・発売に続き、「iPad Pro」の発表がありました。 キーワードは、「オールスクリーン・ホームボタンの廃止」「LightningポートをUSB-Cポートに変更」「パフォーマンスはMacBook Proに匹敵」、タブレットとノートPCの間を埋めるような製品になりました。 もしかすると、あたらなカテゴリかも知れません。 本日は、今回9月から新製品発表からみたAppleの目指す世界を考え、株価の推移も見ていきたいと思います。   2.気になるキーワード「A12 Bionic」 今回の新製品で共通することは、プロセッサに ...

2.米国株

1.はじめに 11月始めての配当金がありました。 VZ(ベライゾン)とT(AT&T)です。 今回は、米国通信会社の決算状況も含めて見ていきたいと思います。   2.配当金 VZ(ベライゾン)25.59ドル(113円換算2891円) 59株保有 T(AT&T)50.34ドル(113円円換算5688円)83株保有   3.決算状況 <米通信大手4社の2018年7~9月期決算> AT&T:売上高が15%増の457億3900万ドル、純利益は56%増の47億1800万ドル。 メディア大手タイムワーナー(現ワーナーメディア)の買収効果で大幅な増収増益。 ベライゾン・コミュニケー ...

2.米国株, 4.日本株

1.はじめに 以前、株主に送られてきた電子タバコ「プルーム・テック」のスターターキット(無料)を応募したものが送られてきました。 今回は、保有しているJT、米国株MO、PMの最近の状況について確認していきたいと思います。   2.企業状況や話題について アルトリア・グループは、米食品医薬品局(FDA)は9月に未成年者による電子たばこの使用急増を受け、たばこ業界が対策を強化しなければ、フレーバー付き電子たばこの販売禁止もあり得ると言う警告から、一部の電子たばこの販売を一時的に停止する。を受けた措置。 PMは、日本では500万人以上のユーザーを獲得しアイコスで成功、ただ、世界全体で見ると ...

2.米国株, 3.海外ETF

1.はじめに 日米株価が日々下落し、下げ止まらない状況にあります。 今回は、今月の給与ならびに配当金を元手に購入した銘柄について書きたいと思います。 下落している中、投資するというのも勇気がいる行為になります。 株を初めて、約1年の中では一時的に大きく下げることはありましたが、断続的に下げている状況は初めてのような気がします。   2.購入候補 先般「☆株価下落で、何をいつ買おうか?」で検討していますが、 その後、検討した結果、為替的には円→ドルが112円ですのであまり良いタイミングではないのですが 米国関連の銘柄を購入することにしました。 下落中で買い得感のある銘柄にすることにして ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 2018年10月28日現在、日経平均は2万1千円前半となり、米国のダウも2万4千ドル中盤となっています。 先般、保有日本株の含み損「☆とうとう、日本保有株全体含み損」をアップしましたが、米国株も全体としてマイナスとなり含み損銘柄も多くなりました。 以下、米国関連の株、ETFの主要な含み損銘柄です。 PFF :iシェアーズ米国優先株式     592株 -109,395円 -4.39% WBK :ウエストパックバンキング 210株 -88,075円 -16.90% T :AT&T              140株 -71,119円 -13.47% VYM :バンガード米国 ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 本日は毎月配当金、分配金をもらうためにどのように投資しているか整理したいと思います。   2.毎月高配当金・分配金を貰うための条件(投資方法) ①多くの金額の配当金、分配金を貰おうと思えば、配当利回り、分配利回りが良い銘柄を選択する必要があります ②毎月平均的に配当金・分配金を貰うためには投資する銘柄の配当金・分配金の支払月を考える必要があります。 ①については、配当金狙いの投資であれば、毎月配当金がもらえれば良いということになりません。より利回りが良い、銘柄を選択する必要があります。 配当狙いの投資であれば少なくとも3%以上利回りがあるものを選択します。(私の場合) ...

2.米国株

1.はじめに 「アルトリア(MO)」「フィリップモリス(PM)」「グラクソスミスクラインADR(GSK)」から配当金支払いがありました。 グラクソスミスクラインは今回初めての配当金になります。   2.配当金について アルトリア(MO) 29.3ドル(112円換算で3281円)<51株保有> フィリップモリス(PM)32.69ドル(112円換算で3661円)<36株保有> グラクソスミスクライン(GSK) 26.59ドル(112円換算で2978円)<90株保有>   3.現在の株価と配当利回りについて(20181016現在) アルトリア(MO) 60.77ドル 配当利回り  ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 最近、日米の株価が下落しています。 高配当株、成長株も打撃を受けて、少し前の好調さが、なつかしい状況です。   2.不安材料について 不安材料とその影響についてあげたいと思います。 ①日本株下落 ②米国株下落 ③インフラファンド(REIT)下落 ④特定銘柄の大幅下落 ① 投信信託、ETFには投資していないため、高配当銘柄への影響となります。 含み損中で、かなり持ち直していた「CANON等」が再度、下落しました。 今後、持ち直したら一旦売却し、再度、割安になったときに購入するのが良さそうです。 気長に待ちます。 7751:キヤノン -39,200円 -5.28% ...