1.配当計画, 2.米国株, 4.日本株

1.はじめに 2018年は2017年夏から始めた、株式投資が本格化した年でした。 定期預金の満期のたびに、預金から株式投資へ振替してきました。 本日は大みそかと言うこともあり、2018年の株式市場と配当計画を振り返ってみたいと思います。   2.株式市場 2018年の取引開始、大納会の終値を日経平均とNYダウで見ていきたいと思います。 <日経平均> 2018年 1月 4日 23506円 2018年12月28日 20014円 -3491円 -14.86% 最高値 24129円(1/23) <NYダウ> 2018年 1月 2日 24824ドル 2018年12月28日 23327ドル -1 ...

2.米国株

1.はじめに エヌビディアから配当がありました。配当と言っても利回りは悪いですので配当目当ての株ではありません。 配当金は4株保有で0.48ドル(110円換算で52円)でした。 エヌビディアは成長株で購入しましたが、現状は散々たる結果になっています。購入時株価から半減してます。   2.エヌビディアの現状 以下は最近の株価です。AI銘柄の主力と言うことで購入しましたが、この結果です。 中国との貿易悪化、仮想通貨の低迷によるマイニング需要の減少、また株保有4位のソフトバンクも持ち株を手放す話もあり、下落を重ね株も半減しています。   3.成長株Google、Amazon、Ap ...

2.米国株

1.はじめに 毎日の株価下落で嫌になってきます。   当面、株価チャートは見ないようにしたいと思います。 そんな中で救いの配当金支払いがありました。 (RDSB)ロイヤルダッチシェルからの配当金です。   2.配当金について 55株保有 税引き後、41.32ドル(111円換算で4586円)です。   3.まとめ 本当ならば、今月12月は日本株の半期末の配当金が集中するので、嬉しい月になるはずでしたが、ここにきての、米国株、日本株の不調で嬉しさ半減以下です。ただ、こうなるとやはり成長株でなく、配当株だと思ってしまいます。 株価下落でも、心の支えになるのは、配当金です ...

2.米国株

1.はじめに XOM(エクソンモービル)とJNJ(ジョンソン&ジョンソン)から配当がありました。 エネルギービジネスを展開する石油最大手のエクソンモービル、 製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱うジョンソン&ジョンソン どちらも日本に馴染みがある企業です。 米国株の個別投資では、日本に馴染みのある企業ですと、なんとなく安心します。   2.配当金について XOM(エクソンモービル 14.77ドル(113円換算で1669円です) JNJ(ジョンソン&ジョンソン) 9.73ドル(113円換算で1099円です)   3.現在の株価と配当利回り ...

2.米国株

1.はじめに 超高配当のセンチュリーリンク (CTL)から配当がありました。超高配当ですので、当然リスクが高い訳ですので、業績も確認していきたいと思います。 センチュリーリンクは総合通信会社です。個人、法人向けに各種通信サービスを提供する企業です。   2.配当金と株価、利回りについて 100株保有で、38.81ドル(113円換算4385円)でした。 1株17.32ドル  配当利回り12.47%(20181212現在)   3.業績について   セグメント別売上高は、IP&データサービスが前年とほぼ同水準となる一方、トランスポート&インフラストラクチュアが2%減の ...

1.配当計画, 2.米国株

1.はじめに このブログ「幸せ配当計画」では定番のPFFとVCLTから配当がありました。先日、新たな配当金の目的を月10万円としましたが、現在(達成した5万円)の倍ですのでたやすくはクリアできません。 最近の株式市場の不安定で少し弱気になっているところもあり、5%前後を徹底していかないと駄目なのですが、少し配当利回りが低いHDVなどのETFに心がなびいています。   2.配当金について PFF:米国優先株ETF 73.82ドル(113円換算で8341円) VCLT:米長期社債ETF 9.13ドル(112円換算で1022円)   3.配当10万円に必要な要素 利回り税引き後5 ...

2.米国株

1.はじめに SO(サザン)から配当がありました。 サザンはアメリカの一部の州で電力事業を展開しています。発電所の建設、管理、電力卸売事業行い、原子力発電所、水力発電所、化石燃料発電所などを所有、運営する会社です。 本日は、SO(サザン)の配当と高配当株の株価推移を確認していきたいと思います。   2.配当金と現在の株価と配当利回りについて 60株保有で、税引き後、25.88ドル(112円換算で2898円)でした。 株価は46.98ドル、利回りは5.12% ※20181208現在   3.業績について   4.高配当株の株価推移について 以下がサザンのここ5年の株 ...

2.米国株

1.はじめに ファイザー(PFE)からは配当金の支払がありました。 ※ファイザーは、アメリカの製薬会社です。 以前「☆ファイザー(PFE)からの配当と企業状況について」で記事を書いています。 本日は、ファイザーなどの保有高配当米国で株価の調子が良く含み益があるもの、調子が悪く含み損になっている銘柄を見ていきたいと思います。   2.ファイザーからの配当金 株保有で、税引き後、12.24ドル(112円換算で1370円)でした。   3.保有高配当米国株の含み損益と利回りの確認   4.まとめ 高配当株は基本的に株価が成長することはあまりなく、山谷を繰り返すようなパタ ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 不安定な日米株式市場ではありますが、先般「☆不安定な米国、日本株式市場で次回購入候補を検討」で書きましたとおり、検討した数銘柄を購入しました。 購入資金は、以前、書きましたがイオン銀行の積立定期の解約金の残りと11月分の給与になります。 イオン銀行の積立預金の解約は「☆株投資以外の現金保有先とイオン銀行積立定期の金利低下」で書いています。   2.購入した銘柄 <日本株> 住友ゴム工業株式会社 100株 現在、かなり株価が下がっています。全体的な株価の下げと、住友ゴム自体の業績の下方修正が発表したことによるものです。 また、トランプ大統領の方針によって車輸出に影響が出れ ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 日本株、米国株と良くない状況が続いています。 特に米国株はこれまでの違い2018年は誰から見ても不安定な状況になってしまいました。 日々の上げ下げ幅が大きため、直近の上げ下げで購入するのではなく、中長期の視点で考え購入する必要があると思っています。   2.最近の状況と当面の投資に対する考え方の確立 〈米国株〉 最近の状況について、米国株は2018年だけ見ると、ここ数年続いていた米国株全体の株価の安定した成長はストップしたと言えると思います。 個別株であれば、今後成長する企業もあると思いますが、それを判断する知識と情報を分析能力は私にはありません。となると、投資信託やE ...