2.米国株, 4.日本株

日本ではNTTドコモやKDDI、米株ではAT&T、ベライゾンは高配当ですので保有しています。 その業界と言えば、スマホ獲得も落着き、売上も通信関連だけでは、頭打ちになりつつあります。各社はこれまで以上に多角化を進めていく対応をしています。 ポイントやクレジットカードも含めた金融関連の強化、電気や保険、ビデオ、音楽、雑誌などなど。 本業の通信事業は5G(第5世代 次世代の移動通信システム)が今後の目玉になり、5Gになると現状4Gよりも ①通信速度・容量の向上 ②同時接続数の増加 ③遅延時間の低下 が進化し、IoT(※)への利用促進、スマートメーター街中に多数設置された高精細なセンサーの多様化・情 ...

2.米国株

株を始めて、まだ1年も経っておらず、見よう見まねで、株を購入しています。 ブログを始めて、基本的なことをいろいろ調べたりすることもあります。 今回は、株式指標について、代表的なものを調べました。 それだけでは物足りないので、ダウを構成する銘柄について、現在(20180509)の配当利回りも調べて見ました。 TOPIX・・・東証株価指数のことで、東証1部に上場している全銘柄の時価総額の合計を指数化した株価指数 日経平均株価・・・東証1部に上場している銘柄から代表的な225銘柄を選び、その平均株価を指数化 NYダウ(ダウ工業株30種平均)・・・ダウ・ジョーンズ社がアメリカ市場に上場している代表的な ...

2.米国株

高配当でネット検索を行うと、エイリス・キャピタル (ARCC:NASDAQ GS)と言う銘柄がたまに見かけます。 内容を見ていきますと、「管理投資会社で米国にある中規模企業の債券および株式を中心に投資することで、収益および資本の増加を目指す」とあり、この企業の配当率が、なんと⒐23%です。 投資されている方の言われていることは、金融危機に弱い、投資先の信用度は低い、などなど、これからの景気に左右される部分が大きいですが、魅力的な配当率です。  SBI証券では扱いがないようです。楽天証券やマネックス証券では取り扱いがありそうです。 現時点(2018/5/8)16.46USDです。リスクはあります ...

2.米国株

​昨日、初の海外個別株の配当金を頂いた話をアップしました。 これまでは、高配当株、J-REIT、海外ETFが中心として投資してきていますが、ネットでさらに調べると海外の個別銘柄のことも出できます。 はじめは、海外企業と聞くと、敷居も高く、配当金にも日本の税金からさらに10%上乗せされてしまいます。(ネットで調べていると確定申告すると戻ってくるものもあると分かりました。年末に良く調べて見ようと思います。) また、円をドルに交換するタイミングでもかなり成績も変わってきてしまいますので、難しいところもありますが、日本の株よりも配当の良いものがいっぱいあり魅力もあります。 と言うことで、やってみないと ...

2.米国株

​タイトルどおり、初めての海外個別株からの配当がありました。 ○T 銘柄名:AT&T(55株保有)    19.81$ 2180円 ○VZ 銘柄名:ベライゾン(40株保有)  17$  1870円   ※1$=110円換算 どちらも、アメリカの通信事業者になります。 配当支払月は2,5,8,11月の4回です。 海外の個別株は20万前後でいくつか購入しています。 最近、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントが、同3位のTモバイルUSと合併することが発表されましたね。最終的にはソフトバンクが譲る形で合意したとのことです。 日本もそうですが、通信事業者は大手じゃないと経営が難しい ...