3_米国ETF

恒例の毎月配当銘柄から配当金支払いがありました。

VCLT 41.43ドル(113円換算で4681円)
VCLT 20.28ドル(113円換算で2291円)
税還付分
PFF  77.31ドル(113円換算で8736円)

PFFは先月1万円超えでしたので、少し金額が少なくなってます。VCLTは先月に引き続き還付金がありました。2銘柄でいつもくらいの金額にはなっています。

 

VCLTの方は利回りが他の銘柄と比べると悪くなっているため、積立の方は停止しました。売却して、利回りが良い銘柄もと考えなくはないですが ...

3_米国ETF

最近購入した新規銘柄から初配当金支払がありました。

JEPI 20.37ドル(113円換算で2301円)

 

最近、何度もブログに登場した、S&P500の株価の値上がりで配当金を出す銘柄です。

毎月配当のため、今後毎月配当金支払いがあります。毎月配当の良いところは、当然毎月配当があることですが、もう一つは、購入したら、毎月配当のため、すぐに配当金が貰えることです。投資の実感が早いことにあります。

当面の目標は、配当金を月5000円にすることにしたいと思います。

12月に入り、日本株の配当金が立て続け ...

3_米国ETF

下記の今年の推し銘柄から配当金支払がありました。今回はかなり金額が多かったです。

 

QYLD 100.9ドル(113円換算で11401円)

 

少し前から「推し」と言う言葉が出回っています。とは言っても、もう古いですかね。毎年、流行語大賞が選ばれますが、今年は大谷選手関連の言葉が、、、などと騒がれています。

個別銘柄の売却したお金と毎月の配当金、給与で買い増しを続けてきました。

ただ、あまり長期間、集中的に推すと、調子が悪くなった時に影響が大きいため、最近は少しペースを落として買い増ししています ...

1_配当計画, 3_米国ETF

今年は、米国株ETFのQYLDに集中的に投資しました。QYLDは簡単に言えばQQQの株価の値上がりを配当金に変え還元するもので、今年は順調にQQQも成長し、配当利回りも10%超えて優秀な成績でした。また、株価の変動はないため、上昇する株価のなか、タイミングも考えなくて良く、購入しやすく、NISA枠への投資も行いました。

最近では、同じようなパターンの指数をQQQからS&P500にした、JEPIにも投資を行っています。

来年度もその2銘柄を中心に、日本のJ-REITが割安になったら、そちらにも投資をしたいと考えています。

ただ、米国ETFの2銘柄 ...

3_米国ETF

現金保有していた資金を使って、最近購入を始めた、米国ETFのJEPIを20万円くらい購入しました。

当面は、毎月配当銘柄を強化していきたいと思っています。

JEPIは、QQQのQYLDに対して、S&P500版になります。

配当利回りは7%になります。約50万円ほど投入したので、年間35000円、月2900円、税金で3割なくなりますので、毎月約2000円となります。

税金は厳しいですね。更に税金をかけるような話もちらほらありますが、、、。

毎月積立もしていきますので、どんどん配当金が増えることをモチベーションにして、投資を ...

1_配当計画, 3_米国ETF

米国ETFの毎月配当銘柄から配当金支払がありました。

DIV 12.25ドル(114円換算で1396円)

 

最近の購入する銘柄は、やっぱり毎月配当銘柄になります。

今回の銘柄も最近購入、積立を始めた銘柄で毎月配当です。売却してしまいましたが、債券も毎月配当のため、保有していたところが大きいです。

毎月安定した配当金が欲しいので、米国ETFの毎月配当銘柄を選択してしまいます。日本株のETFでは適当なものはなく、後は、銘柄の組み合わせになりますが、個別銘柄のリートやETFなども組み合わせてもなかなか一定額にはならないため ...

3_米国ETF

一時、1ドル114円まで進んだ円安も、ここに来て112円と少し戻しています。このまま、円高が少し進むのか、なんとも言えませんが、気持ち的にドル転はしやすくなります。

さて、毎月配当の以下の2銘柄について配当金支払いがありました。

PFF 85.49ドル(112円換算で9574円)
LQD 4.02ドル(112円換算で450円)

 

LQDについては先日売却しましたので、来月は配当金はもらえません。代わりに、別の毎月配当の銘柄を購入していますので、今後はそちらに切り替わって行く形になります。

PFFも今月は1万円 ...

3_米国ETF

以下の米国ETFから配当金支払いがありました。

VCLT 42.14ドル(113円換算で4761円)
QQQ 5.98ドル(114円換算で681円)

✳︎円換算は配当金が支払われたタイミングの為替で計算しています。

 

恒例の毎月支払いの社債VCLTとQQQの配当金です。

VCLTは毎月1口積立をしていますが、なかなか5000円には届きません。QQQは、ほとんど配当金はないので、あまり期待はしていません。こちらは四半期毎ですが、とりあえず毎月1口積立していますので、そのうち1000円くらいにはなっ ...

3_米国ETF

とうとう売却しました。今年、債券を始めてましたが2銘柄の積立を終了、売却し、最後の銘柄も積立はストップしましたが、保有株も売却しました。

米国ETFの債券、唯一保有していたLQD、やはり配当利回りが低い銘柄にリスク回避で投資しても自分は続かないことがわかりました。

投資は安定ではなく、成長もしくは配当狙いで行くことにします。

新たに物色したのは、QYLDはQQQ系の高配当銘柄ですが、同じようなS&P500系の高配当銘柄JEPIです。

こちらも毎月配当、QYLDの10%利回りはないですが、7%利回りになると言うことで、試しに購入、積立 ...

3_米国ETF

毎月積立している米国ETFですが、毎月1日に購入する銘柄の中でとうとう資金が尽きてVOOが購入しきれていませんでした。

資金は、毎月の給料と、以前個別株を売却したお金があり、それを元手にしていましたが、個別株の売却したお金がなくなり、給料のみでは購入ができなくなったと言うことになります。

VOOは、現在、1口あたり429ドル、日本円で約4万8千円になり、毎月積立用にドル転している給料は10万円ですので、他の銘柄購入で使い果たし、VOOまでまわりませんでした。

いよいよ、積立内容の見直しが必要になりました。VOOは投資信託の方でもS&P500銘柄 ...