3_米国ETF

PFFから分配金支払がありました。 684口保有で税引き後、86.44ドル(107円換算で9249円)でした。   最近買い増ししましたが、ここ3カ月で見てみると、 8887円 8596円 9128円 あまり、効果は出てないようでした。 先月の方が円安だったような気もします。 毎月安定しているとは言え、1口あたりの分配金も違いますので、一概には言えませんが、少しばかりの買い増しでは、毎月配当だけに、目に見えた効果は出なさそうです。 現在の株価水準は、以下とおりです。 少しずつですが確実に上昇しています。 5年レベルでみれば、先般のVCLTよりは買い増ししやすいですが、1銘柄に集中する ...

3_米国ETF

日本個別株のJT、ブリヂストン、住友ゴムの配当金支払から、なかなか次の配当金支払がありませんでしたが、VCLT(米長期社債ETF)から分配金支払がありました。 200口保有で税引き後51.2ドル(107円換算で5478円)でした。(一部NISA有り)   あまりに株価が爆上げで買い増しが、できない状態です。 1年のトータルリターンが21.88%と凄いことになっています。 含み損も約20万円あります。   PFFとこのVCLTで、当面毎月2万円の目標ですが、PFFばかり買うわけにもいかず、VCLTをなかなか買い増しできず、目標は遠い状況です。 利回りも4%を割っています。 現 ...

3_米国ETF, 8_投信信託、その他投資

前回、書きました「☆DIAM外国株式インデックスで積み立てている確定拠出年金の状況」の続きになりますが、イマイチパッとしないDIAM外国株式インデックスから別の銘柄にシフトしようと購入可能な銘柄を物色した結果、以下にも毎月の購入を割り当てしました。 「外国債券型 日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」です。 「日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」 基準額17,944円 経費率0.2484% 実積は、 6ヵ月 +2.41 1年 +3.19 3年 +9.58 5年 +7.49 ちなみに、「DIAM外国株式インデックス」は 基準額 36,079円 経費率0.27 ...

3_米国ETF, 8_投信信託、その他投資

本日は会社で行っている確定拠出年金の状況に書きたいと思います。 株を始める前は、確定拠出年金はすべて元本保証の銘柄していましたが、株を初めて少し経ったころに、確定拠出年金も元本保証の銘柄から、株式連動の銘柄に変更しました。 確定拠出年金ですので、一定額を毎月積み立てますが、現在は、会社と自分の掛け金合わせて、毎月約2万7千円の積み立てになります。 18カ月前(約1年半前)から株式連動商品に変更しています。 すべての掛け金を「DIAM外国株式インデックス」購入としています。 DIAM外国株式インデックスファンド <DC年金>は、HPで確認すると 「 ファンドの概要 1.主に外国株式パッシブ・ファ ...

3_米国ETF

iシェアーズ米国リートETFし(1659)買い増ししました。 もう少し株価が安くなるところを狙ってはいましたが、このところ、なかなか大きくは下がりませんでしたので、買い増しすることにしました。 iシェアーズ米国リートは名前のとおり、米国のREITに投資するETFになります。 楽天証券の場合、iシェアーズのETFは購入時の手数料はキャッシュバックされますので、いつのSBI証券でなく、楽天証券で購入しています。 あと楽天証券で購入している銘柄は、米国株のARCC(エイリス・キャピタル)とこの銘柄のみです。ARCCはSBI証券で取扱がありませんので、楽天証券で購入しました。   分配金履歴 ...

2_米国株, 3_米国ETF

米国株のADR BTを売却しました。 米国株でのADRが廃止されるとの情報と株価は下落する一方。 やはり、米国株は情報収集が自分でうまくできない。 配当利回りが悪くても、ETFにした方が良いか考えてしまいます。 どうしても、配当利回りの誘惑に負けて、リスクが高い銘柄を選んでしまい、損切りしているようでは、利回りが悪くてもETFにした方がトータルで考えると最終的に良いことになってしまいます。 最近では、ETFは売却したことはありませんので、一度考えてみる必要はありそうです。 売却したお金でSPYDを買い増ししました。 最近、SPYDばかり買い増ししていますので、保有額もPFFに迫る勢いになってき ...

1_配当計画, 3_米国ETF

今月もPFFから分配金支払がありました。 659口保有で税引き後86.12ドル(106円換算で9128円)でした。(一部NISA) 最近、かなりPFFの株価も戻ってきましたが、まだまだ含み損は多いです。 今後、少し買い増しして、安定して、円換算で毎月1万円はクリアしたいと思っています。   8月は配当支払がある銘柄が少ないため、安定した配当金を得るには、毎月配当のこのPFFやVCLTが重要な役割を持ちます。 米国ETFも安定した配当金がありますが、四半期に1度でおおよそ3月、6月、10月、12月。 米国株の配当が多い月は、1月、4月、7月、10月。 日本株の配当が多い月は3月、6月、 ...

3_米国ETF

毎月配当ですので、必ず毎月ブログに書いていますが、今月もVCLT(バンガード米長期社債ETF)から分配金支払がありました。 200口保有で税引き後、51.31ドル(106円換算で5438円)でした。(一部NISAあり)   現状、VCLTの株価が上昇し過ぎて、買い増しはできない状況です。 ですので、分配金も増えることなく毎月5500円前後になります。年間6万6千円です。 1ヶ月で見ると大した金額ではありませんが、1年換算すると結構な金額になります。 関係ないですが、少しでも積み重ねることが、いかに重要なことがわかります。   米国株も少額でも手数料負けしない形になりましたの ...

3_米国ETF

個人向け国債と郵便定額貯金を解約したお金は、ネット銀行の定額に預けて初めていますが、一部お金は、現在の円高ため、ドルを購入して、以下の米国ETFを購入しました。 ☆iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF       HDV 13口 ☆SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF  SPYD 25口 定番の米国ETFの買い増しです。 SPYDは最近集中的に購入していましたが、HDVは最近少し米国株が下落したので、少し購入しました。 以下は2銘柄の株価水準です。   現在の分配利回りは、以下のとおりです。 HDV 3.3% 経費率0.08% SPYD 4.6% 経費率0 ...

2_米国株, 3_米国ETF

先般、SPYDを買い増ししましたが、今回は保有米国ETFの状況把握をしていきたいと思います。 以下が、保有している銘柄になります。 IS米国リートETF(1659)も含んで把握していきたいと思います。 銘柄 保有数     評価額   評価損益  評価損益率 HDV  107   1,110,733   98,218    9.70% VYM  130   1,259,814   74,629    5.92% SPYD 465   1,926,563   37,866    1.97% PFF   659   2,678,075   -18,778   -0.70% VCLT 200   2 ...