1.配当計画

1.はじめに 2008年9月のリーマン・ショック(※)から10年経ったと言うことで、いろいろな記事に振り返る内容の記事や暴落時の対応につい書かれています。 今回は、暴落への心構えと今後の日本・米国株価の行方を考えていきたいと思います。 (※)2007年のサブプライム住宅ローン(優良客よりも下位の層向けとして位置付けられるローン商品)危機に端を発した住宅バブル崩壊を切っ掛けとして、多分野にわたる資産価格の暴落が起こっていた。その影響で2008年9月に米国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象   2.現在の日本・米国 ...

1.配当計画, 2.米国株, 4.日本株, 5.株主優待, 6.J-REIT

1.はじめに 以前、保有銘柄の評価損益の確認「」をアップしましたが、改めて現時点(20180910)の確認をしていきたいと思います。 2.保有銘柄の評価損益 プラス株(プラス額ベスト3) ①バンガードS&P500ETF 42株 68,647円 ②イオン        100株 68,100円 ③アマゾンドットコム   2株 48,480円 プラス株(プラス率ベスト3) ①イオン 100株 39.43% ②アトム 100株 38.54% ③丸紅  100株 24.83% マイナス株(マイナス額ワースト3) ①キャノン         200株 -65,000円 ②ウエストパックバンキング ...

1.配当計画

1.はじめに 定期預金の満期に伴い約1年かけて株式投資を行ってきました。 優待株、ロボアドバイザー、投資信託などいろいろ投資しながら、現在は高配当株(米国株、日本株、REIT、ETF)への投資を中心に行っています。 現状の配当金は再投資用の資金に当てていますが、今回は、配当金をどのように使うのが幸せなのか考えていきたいと思います。   2.配当金の使い道 配当金の使い道を以下のように考えました。まだ、考えれば別の利用方法があるかもしれませんが、現状はこんなところです。 ①再投資用の資金 ②お小遣いとして、欲しい物やレジャーに使う ③生活費に充てて、少し贅沢なお金の使い方をする ④預金 ...

1.配当計画

1.はじめに 最近、確定拠出年金を現在の60歳から65歳まで払い込みできるように変更する検討をしていると言うニュースがありました。 本格的に定年をまずは正式に65歳とし、最終的には国としては70歳としたいのでしょう。   2.安倍総理の目指すところ 安倍総理のインタビューが日本経済新聞のサイトにありました。 主なキーワードは、 ・生涯現役時代に向けの雇用制度の構築 ・医療・年金など社会保障制度全般にわたる改革 ・高齢者にも働きやすい環境作り ・年金の70歳超えでの受給開始年齢選択をできるようにする 極端な話、本格的な高齢化社会となるなか、体が動く限り死ぬまで現役で年金を使わず働いて欲 ...

1.配当計画

1.はじめに 今回は、高配当株の売却について考えたいと思います。 当然、配当金削減されたり、業績が悪くなりした場合は、将来的な判断もした上で売却しますが、今回は株価が上がり売却した場合に利益が出る場合に売却するか、保有し続けるかについて考えたいと思います。   2.高配当株の売却を考えた経緯 当初、一旦株を購入したら、売却せず、保有し続けることが、長期的に株投資を行うという方針では必要という認識でいました。(配当額が減ったり、業績が悪い状況は除きます) 半年くらい前に日本株が調子が良い時に、三井住友FGの株で10万円近いのプラスとなっていました。その際は上記で記載したような思いがあっ ...

1.配当計画

1.はじめに 毎月5万円の配当金を貰うことをまず第1の目標にして株式投資を行ってきましたが、目標を達成することがある程度見えてきました。今後の方針として以前検討して「☆月5万円の配当金達成後の目標について」にアップしていますが、株式投資を長期間、継続するにはモチベーションの維持が必要です。 今回は、改めて自分の投資へのモチベーションを考え、今後の投資方針を決めていきたいと思います。   2.投資継続するためのモチベーションについて モチベーションは、個人個人で違うと思いますので、自分としてどのような形であればモチベーションが維持できるかこれまでの日々を振り返り、自己分析していきたいと ...

1.配当計画

1.はじめに 月5万円の配当金を目標に高配当株中心に投信を行ってきました。 まだ、達成はしてはいませんが、近いところまでは進捗していますので、次の目標について今日は検討していきたいと思います。 ただし、これまで購入したように、まとまったお金は用意できないため、毎月の給与ならびに配当金、保有銘柄の売却が元手になります。   2.検討案 今の時点で考えられる、いくつかの案を出していきたいと思います。 ①継続して高配当株中心に投資して配当額の増額をめざす(例えば月10万円の配当金達成:現状5万円) ②高配当株でなく、成長株に投資してキャピタルゲインで資産の増加をめざす(例えば株での総資産3 ...

1.配当計画

1.はじめに 今回、REIT、米国高配当株、米国成長株を一挙に購入しましたので、保有銘柄の割合を確認したいと思います。 現在の銘柄保有数は以下のとおりです。 日本株高配当   15銘柄(日産、JT、商社、銀行系他) 日本株優待     5銘柄(アトム、すかいらーく、コメダ他) J-REIT   23銘柄(総合、ホテル、オフィス、インフラ他) 米国高配当個別株 15銘柄(英ADR系、たばこ、通信関連企業他) 米国高配当ETF  4銘柄(PFF、IFGL他) 米国成長個別株   5銘柄(アマゾン、グーグル、アップル他) 米国成長ETF   5銘柄(VTI、VOO他) 合計 73銘柄 分散しすぎて目 ...

1.配当計画, 8.その他(投資)

1.複利運用について よく複利効果と聞きますが、今回は実際に1000万円投資し税引き後3%の配当利回りで配当金を頂いたとして、10年後、15年後にどうなるかを検証していきたいと思います。   2.複利シミュレーション 利回りは配当計画の最低目標の税金引き後3% とします。 年数  元本    配当金 1 10,000,000  300,000 2 10,300,000  309,000 3 10,609,000  318,270 4 10,927,270  327,818 5 11,255,088  337,653 6 11,592,741  347,782 7 11,940,523 ...

1.配当計画, 2.米国株

1.はじめに REIT、米国高配当株と購入し、最後に米国成長株・ETFを購入しました。 新しく購入した銘柄はなく、保有済み銘柄の買い増しになります。 私は高配当株中心の投資ですが、少しキャピタルゲインも、と欲が出てしまうので、気持ちを少しだけ落ち着かせるため、自分が知っている有名どころの個別銘柄とETFを購入し、保有しています。 また、現在は、高配当株が株価が低調な時にも、成長株と合わせてトータルの保有株の評価額がマイナスにならない、自分にとって精神衛生を保つ役目もしてくれています。   2.購入した米国成長株・ETFについて <個別株> アマゾン(AMZN) 1株 グーグル(GOO ...