3.海外ETF

1.はじめに 毎月恒例の「VCLT(米長期社債ETF)」からの配当金支払いがありました。 先般、割安と判断し、NISA枠で少し「VCLT(米長期社債ETF)」を買い増ししています。買い増しについて「☆個別成長株の売却金で各種ETFを購入」で記事を書いています。   2.配当金について  VCLT(VG米長期社債ETF) 40口保有で11.43ドル(NISA) VCLT(VG米長期社債ETF) 40口保有で 9.15ドル 合計で20.58ドル(109円換算で2243円)となります。(税引き後)   3.株価と株価推移を確認 420190210現在、88.53ドル 配当利回りは ...

2.米国株

1.はじめに 2月になり、はじめての配当は、米国の大手通信会社のVZ(ベライゾン)とT(AT&T)からでした。 配当金と企業状況について確認していきたいと思います。   2.配当金 VZ(ベライゾン) 59株保有で25.61ドル(109円換算で2791円) T(AT&T)        168株保有で61.7ドル  (109円換算で6725円) *配当金は税引き後です   3.株価と配当利回りについて 20190205時点で VZ(ベライゾン) 54.25ドル 配当利回りは4.46% T(AT&T)          29.62ドル 配当利回りは6. ...

3.海外ETF

1.はじめに 成長系銘柄から高配当銘柄保有を徹底させる第3弾(*)として、成長系ETF「VTI」売却し、高配当系のETF「SPYD」を購入しました。 (*)成長系→高配当系への見直し、第1弾と第2弾は以下に投稿しています。 「☆米国成長株(アマゾン、グーグル、アップル、エヌビディア)の売却について」 「☆個別成長株の売却金で各種ETFを購入」 「☆気まぐれ投資(楽天VTI、1655 ISS&P500米国株)終了しました。」 「☆1659(iシェアーズ米国リートETF)」購入と楽天証券の手数料無料ETF」   2.現状の「VTI」の「SPYD」配当利回り比較 20190207時点で以下 ...

3.海外ETF

1.はじめに 最近の米国株の上昇で年末に含み損があった、米国ETFが回復してきました。と以下の記事を書いていていましたら、また徐々に下げていますね。少し前の状況としてお読みください。 保有ETFの評価損益を確認していきたいと思います。   2.保有ETFの状況について VTIは約50万円、その他は約100万円の保有です。 VOO プラス 7800円 VTI マイナス  3千円   HDV プラス 2万7千円   VYM マイナス1万3千円   VYMは、まだマイナスですが、その他の銘柄は、ほぼプラスもしくはプラスに近づいています。 現状(20190206 ...

3.海外ETF

1.はじめに 先日、これまで不定期に投資してきたETF、投資信託を配当系銘柄に移行するため売却しました。 <売却銘柄> (1655)ISS&P500米国株 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド 上記銘柄を気が向いた時に購入する「きまぐれ投資」はやめましたが、唯一最近購入した「1659(iシェアーズ米国リートETF)」はそのままで売却していません。 今回、売却したお金を利用し、その「1659(iシェアーズ米国リートETF)」を買い増ししました。 楽天証券には、売買手数料が0円のETFがあり、その銘柄になります。 購入手数料が0円というのは少額か ...

3.海外ETF

1.はじめに 先日、米国個別成長株を売却「☆米国成長株(アマゾン、グーグル、アップル、エヌビディア)の売却について」しましたが、同じく配当が少ない、気まぐれ投資についてもやめることにしました。 本当は、長期で積み立ていく必要があるのでしょうが、結局は正確に合わず、配当利回り良いETFに乗り換える形にしたいと思います。 後は、目標の月10万円の配当を達成するためでもあります。   2.売却銘柄 (1655)ISS&P500米国株 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド 最終的には、損切りになってしまいましたが、早めに、自分に合う投資の形にしていきた ...

3.海外ETF

1.はじめに 先般「☆米国成長株(アマゾン、グーグル、アップル、エヌビディア)の売却について」に書きましたとおり、米国成長個別株を全て売却しました。 それを元手に、配当がある保有ETFを買い増ししました。   2.買い増し銘柄 買い増し銘柄は、以下のとおりです。 SPYD HDV VYM VCLT 保有ETFには、VOOもありますが、より配当利回りが高いものにしたいので、上記になりました。 配当もありますが、VOOにはおよびませんが、ある程度成長も見込めるため、期待したいと思います。   3.購入銘柄の株価と配当利回りについて 20190202現在の基準額と分配利回りは以下 ...

2.米国株

1.はじめに 先日「☆投資ポートフォリオ確認と今後の投資方針について」で、今後の投資方針について書きましたが、既存の保有株についても整理することにしました。   2.売却した銘柄 売却した銘柄は、タイトルにあるように、成長株で値上がりを期待した アマゾン グーグル アップル、 エヌビディア です。 全て損切りになりました。特にエヌビディアは半分、アップルも最近の業績悪化でマイナスが大きくなりました。アマゾン、グーグルは徐々に戻っている状況ですが、思い切って売却しました。 約11万円のマイナスです。   3.売却金の行方 売却したお金で、配当がある海外ETFを購入する予定です ...

A.その他(ブログ)

1.はじめに 本日は、ブログの状況について書きたいと思います。 年末年始で体調を崩し、今月は1月1日から3日まで記事の投稿ができませんでした。 5月から1日もかかさず、ずっと続けてきましたが、ここにきて途絶えました。 10月、今回年末と体調不要となり、その度にモチベーションも低下し、ブログの内容も進化せず退化している状況です。 2.ブログの状況 <1ヶ月合計> 05月:ブログ村等からの全アクセス: 1496 検索アクセス:56 06月:ブログ村等からの全アクセス: 2330 検索アクセス:292 07月:ブログ村等からの全アクセス: 5852 検索アクセス:2409(バズりあり) 08月:ブロ ...

7.月毎配当振込額

1.はじめに SBI証券から1月4日に配当課税還付金の入金がありました。   2.配当課税還付金について 29,297円   3.配当課税還付金とは 特定口座では、上場株式等の損失と受け取った配当との損益通算をその年の年末に行い、年間の損益がマイナスになった場合、年末に配当等との損益通算がされ、配当から徴収された税金が配当課税還付金として翌年1月初旬に還付されるというものです。   4.損切りした銘柄 結構な還付金という事で、あらためて売却した銘柄を思い出したいと思います。NISAはそもそも税金がありませんので、対象外ですので、除外します。 REITで、ユナイテッ ...