4_日本株・日本ETF, 5_株主優待

吉野家から株主優待が到着しました。

先日、幹部が非常識な発言をして、違った意味で話題になりました。

今回から100株保有ですと、300円×10枚が、500円×4枚と改悪されました。

最近は赤字経営ですので、仕方なしと、考えるしかないのか、、、。

yahoo.co.jpより

決算状況は、

2022年2月期連結決算は、純損益が81億円の黒字(前年は75億円の赤字)に転換。黒字は2年ぶり。値上げやコスト削減、営業時間短縮に対する協力金の収入もあり、損益は改善。

すき家、などはコロナ禍でも上手く乗り切っていたよう ...

9_その他

日本株が休みの中、米国株の上げ下げは、まるでジェットコースターのようです。今朝、NYダウを見たらマイナス1063ドルと約2年ぶりの下げ幅とのこと。

長期目線で見ていかないと、日々チャートを追うと毎日大変です。とは言え、私はブログを書く際には日経平均とNYダウの上げ下げは確認しますので、日々必ず見ています。

GWも後半、今日は日本市場も開くので、どんな感じになるのか、ただ最近はあまり米国株の影響をそれほどは受けていないようにも見えます。

米国株は下がっても、相変わらずドルは強く、1ドル130円はキープしているので、少しこの辺りで落ち着きそうな気もします。 ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

今日は、保有ETFの配当利回り、経費率を確認をしたいと思います。

(日本株:ETF高配当」
1489:NF日経高配当50 4.36% 0.28%
1577:NF日本高配当70 3.73% 0.32%
1651:大和高配当40 2.74% 0.19%

(J-REIT:ETF高配当)
1476:iSJリート 3.30% 0.16%
1488:大和Jリート 3.34% 0.155%
1660:MXS高利Jリート 3.65% 0.25%

(米国ETF:債券)
VCLT:バンガード 米国長期社債 ETF 3 ...

9_その他

ここ2年のコロナ禍で盛り上がらなかったGWも今回は数年前のように盛り上がりを見せてます。

高速道路渋滞や観光地での賑わい、いよいよマスクはしつつ、通常の世の中に戻った形になりました。海外旅行もある程度は復活しているようです。

ウクライナの問題がなければ、もっと良かったのですが、なかなか上手くはいきませんね。

GW後は、円安の影響はもっと出るでしょうし、更なる物価高や光熱費の値上げなど、知らないうちに支出が増えそうです。

配当金も物価高に対応するためのものではないですが、それに使う必要が出てきてしまうと悲しい感じです。

生活費が更 ...

3_米国ETF

QQQから配当金支払いがありました。

QQQ 8.15ドル(130円換算で1059円)

 

現在の保有口数は28口です。コロナ禍以降、毎月1口ずつ積立投資しています。28口ですので、約2年積み立てたことになります。

ただ以下のとおり、最近騒がれていましたが、安値になり、現在はマイナスになっています。

平均取得単価 324.74ドル

現在単価 318.48ドル

評価損益 -175.28ドル

唯一救い?なのは、円安になり円建てで換算すると、プラスになります。

これまでが良すぎ ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

利益確定して、もう一度チャンスがあれば買って良いと思う株について現状を確認しました。

まずは、日本株、商社の伊藤忠商事、株価見たら、売却後も株価がどんどん上昇し、資金が40万円くらいないと買えません。利回りも2%台ととても割安ではなかったです。とても買えませんね、、、。

次はリートです。主に物流系ですが他にもあります。日本ロジック、タカラレーベン不動産、GLP、ラサールロジポート、カナディアンソーラー。

ここは現状の利回りで見ていきたいと思います。タカラレーベン不動産は、4.85%、ラサールロジポート3.48%、GLP3.44%、カナディアンソーラー6 ...

3_米国ETF

S&P500とNASDAQ100指数に連動するカバードコール銘柄のETFから今月の配当金支払がありました。

XYLD 31.19ドル(130円換算で4054円)
QYLD 141.63ドル(130円換算で18411円)

現在もQYLD、XYLDは重点投資先として、SBI証券で積立投資を設定しています。少しずつでも配当金が増えるようにしていきたく、毎月少しでも配当金が増えているとモチベーションが上がります。

なかなか気持ちの面でほったらかし投資は出来ず、配当金が増えたり、資産が増えていかないとモチベーションが続きません。

モチ ...

9_その他

米国株、NYダウの1000ドル違い下落で、どの程度、昨日に比べて、評価損がでたかと言うと、約80万円の評価損でした。

投資信託や日本株は同じですので、純粋に米国ETFの評価損になります。

投資額が大きくなったので、大きく下落すると評価額も大きく変動します。逆にプラスになった場合も大きく反映されるので、同じことではありますが、1日でこの額の変動は、金銭感覚が麻痺するところです。

いつも買い物でも百円違うだけで、品物を迷うくらいですので、その感覚と資産増減の金額の差は頭では理解できないものがあります。

とは言っても、チリ積もですので、地道に積立 ...

9_その他

現在、米国ETFに積立投資していますが、今回はその内容です。

大きく分けて、超高配当株、高配当株、成長株にわかれます。

超高配当 7%以上の配当利回りですが、カバードコール中心です。株価が下落中のSDVIも利回りが高くなってます。

(カバードコール)
JEPI:JPモルガン エクイティ プレミアム ETF
QYLD:グローバルX NASDAQ100 カバード コールETF
XYLD:グローバルX SP 500 カバード コール ETF

SDIV:グローバルX スーパーディビィデンド世界株

  ...

0_株式投資にいたるまで, 8_投信信託、その他投資

現在の投資は、

投資信託の積立 と

米国ETFの積立

を行っています。設定してあるので、唯一することは、米国ETFを購入するため、給与を毎月ドル転することだけです。

投資信託は、米国や全世界株のインデックスですので、株価成長を期待したキャピタルゲインです。

米国ETFは、高配当型ETFと成長型ETFの2つに投資しています。こちらも成長型ETF、VOO VTI QQQは一口あたりの基準額が高額のため、高配当ETFと同額くらいの投資額になっています。

配当金の話ばかりしていますが、コロナ禍以降、3分の2は配当金がない投資 ...