1.配当計画, 8.その他(投資)

1.はじめに 少し前、日本株も米国株も調子が悪く、かなりの含み損になりました。やはりそこで考えるのが、こんなことなら元本保証の定期預金だったかなぁと、考えが少し頭をよぎります。 十数年前に株をやったことがありますが、やめた経緯は元本割れに耐え切れず、辞めてしまいました。 再度、はじめようとした経緯などは、「株式投資にいたるまで」に記事を書いています。 本日は、改めて投資にむかう気持ちを整理、分析したいと思います。   2.含み損時の現在の気持ち つい先ごろも、日本株、米国株が下落して、含み損が多くありました。 投資額が多くなったため、大きく下落すると、数十万円の含み損になり、また、上 ...

3.海外ETF

1.はじめに 夏頃始めた「気まぐれ投資」ですが、現在の状況について確認していきたいと思います。 「気まぐれ投資」は、少し浮いたお金を1万円単位ぐらいで、日本円で購入できる海外を対象とした投信信託・ETFに投資しています。 夏に比べると、現状の米国株の状況は芳しくないため、良い状況とは思えませんが、事実を認識したいと思います。 気まぐれ投資については以下の記事を書いています。 「☆暴落後の気まぐれ投資「iシェアーズS&P500米国株(1655)」・「楽天全米株式インデックスファンド(VTI)」の状況」 「☆気まぐれ投資ETF「iシェアーズS&P500米国株(1655)」・「楽天全米株式インデック ...

7.月毎配当振込額

1.はじめに 今月11月は当初より配当金を貰える銘柄が少ないことは分かっていましたが、12月予定の銘柄が11月で頂けましたので、それなりの金額にはなりました。 また、今月は目標達成の5万円を判断する月と決めていましたので、それも見て行きたいと思います。   2.11月全配当金と分析 <日本株> コメダ    2500円 NTTドコモ 4383円 日産     4543円 VT       797円 <J-REIT> GLP    2161円 <海外株> アップル     708円 AT&T   5688円 VZ     2891円 <海外ETF> PFF    7912円 VCLT  ...

4.日本株

1.はじめに VTホールディングスから配当がありました。 VTホールディングスは東海地区を中心とする日産とホンダのカーディーラーになります。 本日は、業績も含めて確認していきたいと思います。 これまでの記事は以下の通りです。株主優待も下記の記事に記載しています。 「☆VTホールディングス(7593)、日産(7201)からの優待について」 「☆VTホールディングス(7593)<株主優待あり>と日本賃貸住宅投資法人(8986)から配当金を頂きました。」   2.配当金と現在の株価と利回りについて 100株保有で税引き後797円でした。 現在(20181128時点)の株価は、459円、配当 ...

4.日本株, 5.株主優待

1.はじめに JTの2019年カレンダーが届きました。希望があった株主に届くものです。もらえるものはすべて頂く方針ですので、希望しカレンダーを頂きました。 これまでのJTからの頂き物は、以前の記事を書いています。 「☆JTから贈り物と日米たばこ株(PM、MO)の現状」 「☆JT(2914)から株主優待品が届きました。」   2.株主優待変更 先般、ネットでJTの株主優待が変更されると記事が載っていました。 変更内容は、以下のとおりです。 「 現行制度では6月30日及び12月31日基準日の株主様を対象として年2回株主優待を実施しておりましたが、今後は12月31日基準日の株主様を対象とし ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 不安定な日米株式市場ではありますが、先般「☆不安定な米国、日本株式市場で次回購入候補を検討」で書きましたとおり、検討した数銘柄を購入しました。 購入資金は、以前、書きましたがイオン銀行の積立定期の解約金の残りと11月分の給与になります。 イオン銀行の積立預金の解約は「☆株投資以外の現金保有先とイオン銀行積立定期の金利低下」で書いています。   2.購入した銘柄 <日本株> 住友ゴム工業株式会社 100株 現在、かなり株価が下がっています。全体的な株価の下げと、住友ゴム自体の業績の下方修正が発表したことによるものです。 また、トランプ大統領の方針によって車輸出に影響が出れ ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 日本株、米国株と良くない状況が続いています。 特に米国株はこれまでの違い2018年は誰から見ても不安定な状況になってしまいました。 日々の上げ下げ幅が大きため、直近の上げ下げで購入するのではなく、中長期の視点で考え購入する必要があると思っています。   2.最近の状況と当面の投資に対する考え方の確立 〈米国株〉 最近の状況について、米国株は2018年だけ見ると、ここ数年続いていた米国株全体の株価の安定した成長はストップしたと言えると思います。 個別株であれば、今後成長する企業もあると思いますが、それを判断する知識と情報を分析能力は私にはありません。となると、投資信託やE ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 5.株主優待, 6.J-REIT, 8.その他(投資)

1.はじめに 今回は久しぶりに、ポートフォリオで投資の割合を確認していきたいと思います。 また、現状の評価損益についても確認していきます。   2.投資先の割合確認 確認方法として、日本株、米国株、J-REITの割合とそれぞれの損益を見ていきます。 割合的には、まあまあ自分として良い感じになっていると思っています。 ただ、米国株の損益がすごいことになっています。日米とも株安で全滅です。 1.日本    -37440円  21% 2.米国  -422599円   56% 3.J-REIT  -28144円  24% 総計          -488183円 100%   次に ...

2.米国株

1.はじめに 本日は、グーグルについて書いていきたいと思います。 先般、日本でgoogleのスマホ(Pixel 3)が販売されると言うことで、CMが流されて各メディアでも取り上げらています。 ドコモとソフトバンクで11月から販売されていますが、今後、どの程度、食い込むことができるでしょうか? また6月にgooglehomeを購入しましたのでその後の使用状況について書きたいと思います。 「☆スマートスピーカーgooglehomeと身の回りのgoogleについて」   2.Googlehome使用状況 アマゾンとグーグルのスマートスピーカーは、今年の日経トレンディのヒット商品の5位になり ...

4.日本株

1.はじめに 来月12月と思っていた配当金がドコモ「☆NTTドコモ(9737)からの配当金と企業動向について」もそうでしたが、今話題の日産からも11月で配当金支払がありました。 先日、日産については「☆SUBARU(7270)衰退と日産(7201)カルロスゴーン会長逮捕について」で記事を書いています。   2.配当金 200株保有で税金後、4,543円でした。   3.事件後の株価推移について 現在(20181122時点)はなんとか950円をキープしています。 これ以上、問題が発覚せず、この辺りで止まっていて欲しいものです。   現在の配当利回りは、株価が下がって ...