9.その他

今までいろいろ投資の話をしてきていますが、投資の原資は、定期預金が満期になったものから、投資にあてています。だいたい1年から3年満期のものですので、投資を始めた2017年夏ごろから2018年冬あたりまで、毎月ではありませんが、満期を迎えるものが出てきます。 どれだけ預金にして、どれだけ投資にまわすか、いろいろ考えましたが、今のところは半分半分くらいを想定しています。 半分は使わないように、以下の長期間の預金等にまわしてあります。 ○国債10年物 0.05% ○オリックス銀行 定期預金5年物 0.30% ○SBI銀行 仕組貯金10年 ○じぶん銀行 定期貯金5年 0.20% ○ゆうちょ銀行 定額貯 ...

0.株式投資にいたるまで

​WealthNaviと同じ頃に投資信託も始めました。やっぱり長期投資だ。そこで毎月購入に選んだのが下記になります。 こちらも、ブログなど参考にしました。 ○三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) ○大和-iFree S&P500インデックス ○ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド ○楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド ○レオス-ひふみプラス どれも評価が高いものでした。毎月1万円ずつ、数か月間、積み立てを行いました。 結果は、WealthNaviと同じく自分性格には合わないものでした。 長期投資は、基本的には、一旦、積み ...

0.株式投資にいたるまで

​またまだ、ブログを進めていくと、今はAIの時代。人の感情に左右されず、投資するため、AIの方が人間より優秀とのこと。 確かにこれからはAIの時代。 いろいろ調べた結果、その中でも一番良いのは、WealthNaviとのこと。 まずは100万、そして毎月5万を積み立て。 おー確かに、どんどんプラスになる。さすが、米国株、AIだ。 だがしかし、あんなにアゲアゲだったことが嘘のように、二月、一挙にマイナス、円高と連動し、マイナスは広がるばかり、マイナス中も手数料が1%が毎月発生し、耐え切れず。 結局は全額清算。けっこうなマイナスでした。 その頃、米国株のETFや個別銘柄の知識も増え、高い手数料を払う ...

0.株式投資にいたるまで, 3.海外ETF

​いろいろ、株でブログを見ていると海外株、ETFというキーワードが出てきます。いろいろ、調べていくと、アメリカの株は右肩上がりで、日本株と異なり、将来的にも有望であることがわかりました。 私が始めたのが原因?なのか、ここ半年あまりアメリカ株が不調で、私の保有しているものもマイナスがほとんどです。アメリカ企業の個別銘柄は敷居が高いので、とりあえず、ETF(※)を購入しました。 またETFや投資信託には信託報酬(保有コスト)が掛かってきます。だいたい、年0.1(以下のものもあります)~0.5%で種類によって異なります。この辺りも購入時に把握したうえでどのETFを購入するか判断し購入しました。 日本 ...

0.株式投資にいたるまで, 6.J-REIT

高配当と調べていると、JーREITというキーワードにあたりました。 いずれも4から6%の高配当ものばかりです。 配当月もいろいろあって、組み合わせることによって、毎月配当が実現できそうでした。 ブログなどの評価も参考に、今は以下のものを保有しています。 日本株は3月決算が多いため、JREITが毎月配当のベースの柱になっています。

0.株式投資にいたるまで, 4.日本株

​そんなこんなで、やっぱり、優待株よりも、現金に限ると言うことで、私の方向は高配当株に推移していきました。 そこで購入した高配当株は、 ○NTTドコモ 配当率3.53% ○KDDI 配当率3.06% ○三井住友ファイナンシャルグループ 配当率3.52% ○みずほファイナンシャルグループ  配当率3.78% ○ゆうちょ銀行 配当率3.36% ○オリックス 配当率3.22% ○三井物産 配当率3.54% ○丸紅 配当率3.52% ○キャノン 配当率4.22% ○コニカミノルタ 配当率3.19% ○日産自動車 配当率4.60% ○VTホールディングス 配当率3.61% ○JT 配当率5.11% ○積 ...

0.株式投資にいたるまで, 5.株主優待

​現在は、山喜、日本BS放送、ビックカメラ、キャンドゥ、ヤマダ電機は売却しました。 山喜は優待内容の改悪。会社へのカッターシャツを購入しようと思っていましたが優待額が悪くなり、優待券だけで買えなくなってしまいました。 日本BS放送、ビックカメラ、ヤマダ電機は優待券の使い勝手。さらにヤマダ電機は肝心の業績が悪化してきているため売却。キャンドゥは店舗が身近にないため、使い勝手が悪いためです。 一応、どの株も売却時は、運よく、マイナスにはなりませんでした。 だだ、配当金に税金がかからない、NISA(※)での購入でしたので、NISA枠がもったいないことになってしまいました。 株の雑誌で、自分が利用でき ...

0.株式投資にいたるまで, 5.株主優待

​昔の苦い経験はあったものの、最近話題?の株主優待株にたどり着きました。 銀行に低い利息で預けるなら、株主優待をもらい、それを生活の足しにできればと考えました。 それほど投資額が必要ない(15万前後までを目安)もので、自分が有効に利用できそうなものを、ネットの情報や雑誌(zaiなど)を参考にピックアップしました。 以下を、全てNISAで購入しました。 ○ヤマダ電機(現在の4月末の株価は574円、100株で57400円)  :100株で3000円の優待券がもらえます。長期間保有すればさらにプラスでもられます(2期分合計です) ○ビックカメラ(現在の4月末の株価は1798円、100株で179800 ...

0.株式投資にいたるまで

そういえば、 数十年前に一度株に手を出しました。 株の購入は値上がりに期待したものでした。 その時に買った株はトヨタ自動車、近畿日本ツーリスト、日本テレビ、ミニストップでした。 ミニストップは株主優待のアイスクリームを食べたのを今でも覚えています。 それぞれの配当金も何度か郵便局にもらいにいきました。 若い頃は、なけなしのお金のため、少しでも株価が下がりマイナスになると、いてもたってもいられなくなりました。 そんな感じですので、やめるきっかけになったのは、日本テレビが大きく株価を下げ、4分の1になっていまったことでした。 結局は全ての株を売却して、足を洗いました。最終的にはマイナス約50万円く ...

0.株式投資にいたるまで

​ 私は、40代後半のサラリーマンです。 毎月の給料を少しでも金利の高いネット銀行にお金を預け、その利息に喜びを覚えていました。 しかし、2017年夏、とうとう、その時がやって来たのでした。 私の中での金利最低ラインは年利0.20%(100万預けると1年で2000円税引後1593円)でした。 預け先がない。。。 日銀黒田総裁のゼロ金利施策、徐々には影響が出始めて金利が低くなっており、私が口座開設しているネット銀行でそれでもその時点でベストなところで預けてきましたが。 とうとう0.20%以上で預けられるところがなくなってしまいました。 私が開設しているネット銀行は、 イーバンク銀行(現 楽天銀行 ...