6_J-REIT

簡易書留が送られてきました。「インベスコオフィスジェイリート投資法人」からでした。上場廃止となり、投資していた金額が自動売却され戻ってきました。夏には既に判明していたようですが、ほったらかしのため、今回の書留で初めてわかりました。

最終的には20口保有しており、結構な額を投資していました。最終的な株価は購入時より高く(たぶん)、損にはなってなかったので良しとしたいと思います。

書留には45万円5千円と書かれていました。昨日、雪の中、郵便局に貰いに行きました。

 

さて、このお金で何に投資するか?米国ETFと言う考えもありますが、そ ...

1_配当計画

12月の配当金も出揃いました。また細かい内容は別で書きますが、配当金はほぼ前年2020年と同額でした。

月平均94700円、目標の10万円は今年も達成できませんでした。

 

個別株からETFへ移行し、どうなるかと思いましたが、残念ながら配当金は増えてはいませんでしたが、なんとか減ることはなくて、ほっとしました。当然、1年分の投資額があるので普通であれば増えるのが当然ですが、個別銘柄の配当利回りとETFの利回りでは1%以上は異なりますので、十分健闘したのではないかと思っています。

また、利回りの悪さをカバーするところでは、今年はQY ...

3_米国ETF

今年最後の配当金と思われるVYMからは支払いがありました。

VYM 186.36ドル(114円換算で21,245円)

さて、ここ最近と比べてどうでしたでしょうか?SPYDはこれまでにないような減配で1万円にも届かずでしたが、、、。

前回、前々回と1万5千円前後でしたので、今回、5千円ほど多いので良かったことになります。

これで、2021年の配当金も終わりました。結果はまた集計して確認したいと思います。

また、PFFの税還金がVCLT同様にありました。

今年も後数日です。体調に気をつけて過ごしていきたいと思います。

3_米国ETF

ちまたで凄い減配が噂のSPYDから配当金支払がありました。

SPYD 79.25ドル(113円換算で8955円)

確かに凄い減配でした。

これまで今年は、

42091円、26830円、26260円

ちなみに昨年は

22448円、21178円、16130円、37643円

1年のトータルで見れば、あまり変わらないと言えますが、1万円に満たないとは、今年初めの42000円と言うのが異常だったと言うことでしょうか?ただ、落差がありすぎて、毎回配当金がどうなるのか、不安な面も出てきてしまいます。

現状、 ...

9_その他

今日は、最近あまりしない評価損益の確認をしました。評価損益を確認したところで、株価が値下がりすればすぐに利益も無くなりますので、利益確定すれば別ですが、評価損益はあまり気にしていません。

コロナ以降の株価急上昇でプラスにはなっていると思いますが、確認した結果以下のとおりでした。

米国株 プラス約424万
日本株、J-REIT プラス約232万円
投資信託 プラス約56万円
合計 プラス712万円

金額を見てもあまりピンことないのが現状です。最近は、株価が乱高下することが多いので、評価損益も1日で100万単位で変化します。 ...

9_その他

2021年も終わろうとしています。

大きな買い物の定義は5万円以上とします。定義が難しいですが、1万円超えになると、いっぱい出てきそうですので、5万円超えとしました。

 

今年の大きな買い物と言えばまずは「車」になります。これまでにない額の支出をしました。乗っていた車を売却して、売却額と相殺しても約300万円超えとなりました。

次は「iphone13proMax」こちらも既存のスマホを売却して購入しましたが、約7万円の支出になります。

後はものではありませんが、2回の東北への旅行です。こちらは1回10万円ほどかかり、合 ...

3_米国ETF

12月の配当金支払いの本命の1つから支払いがありました。

HDV 223.47ドル(113円換算で25252円)

 

SPYDは大幅減配の話題が先週くらいから出ており、本当の本命はSPYDでしたが、こちらがあまり期待できなくなったので、本銘柄HDVが実質本命になりそうです。

こちらはいつも1万8千円前後でしたので、今回は増えています。毎月1口買い増しはしていますが、それでも急に増える訳ではありませんので、今回は配当が良かったことになります。

 

いよいよ、2021年も終わりに近づてきました。株価は ...

1_配当計画

今年の損切り額について確認しました。

今年前半に日本株やJ-REITで配当金が減配されたり、株価が下落して当面上昇しそうにない個別銘柄を損切りしています。

2021年 約30万円

結構な額になりました。

ちなみにこれまでの損切り額は以下のとおりです。

2020年 約65万円
2019年 約21万円
2018年 約15万円

昨年はコロナで不安が先行し、米国個別株中心に損切りしましたので、60万円ととんでもない額になっています。1年の配当金の半分以上にあたりました。

すべての年でみると合計13 ...

2_米国株

少し前に話題になっていましたが、米国株のARCC(エイリス・キャピタル)が楽天証券で購入できなくなりました。

超高配当銘柄でSBI証券では購入できないため、この銘柄のみ楽天証券で購入し保有していました。当時の利回りは10%前後でした。株高になった現在でも約8.5%あります。

現在でも資金を投入して買い増しはしていませんが、配当金で買い増ししていました。

さて、買い増しできなくなったとのことでどうするか、配当金は別の米国株銘柄を買い増しするか?それとも株自体も売却するか?更に楽天証券の米国株保有はやめてSBI証券に統一するか?

楽天ポイントで ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

日本株、J-REITの高配当ETFからの配当金支払いがありました。

iシェアーズ・コアJリート 6,455円
ダイワ上場投信-TOPIX高配当40 10867円

 

この配当金で日本株、J-REITからの今月の配当金支払いは終わりです。

残すところ米国ETFの四半期払いの銘柄のみとなります。

日本株やJ-REIT、米国株の個別銘柄が多く保有していた頃は、配当金支払いの回数も多く、そのこと自体が楽しみでしたが、最近はETFへ移行したため、その楽しみはなくなりました。

以前は、いろいろな個別銘柄を保有し ...