3_米国ETF

米国株好調でETFはコロナ前まで戻っているか?最高値を更新するNYダウですが、保有している米国ETFは、最高値を更新やコロナ前まで株価は戻っているのでしょうか?以下がコロナ前から保有している保有銘柄です。 HDV コロナ前は98ドル付近で最近は90ドル付近まで戻してはいますが、まだまだコロナ前の水準には戻っていません。高配当銘柄は業績も含め厳しいものがありますね。 VYM こちらは現在95ドル付近ですがコロナ前がちょうど95ドル付近でしたので、コロナ前までは戻っています。HDVより構成銘柄が多いので、なんとか水準を戻した格好です。 SPYD コロナ前が39ドル付近、最近は35ドル付近です。かな ...

9_その他

現在、50歳ですが、だんだんと年金っていくら貰えるか気になります。 時代は、元気なうちは年を取ろうが働く世の中になってきており、定年は60から65、65から70へと変わってきています。 あと、何年か後には、70から75へと変わることは間違いなさそうです。 日本の状況によって年金事情も変わると思います。 とは、言って気になりますので、ねんきんネットで確認しました。 ねんきんネットで、あと10年間同じ収入だったら、だいたいこのくらいと言う年金額が出ます。 当然、人それぞれで収入によって年金額も変わってきますので、人それぞれで年金額は違います。 ねんきんネット 将来の年金額を試算 かんたん試算 65 ...

Z_未分類

1月は日本株や米国株の配当金が少ないので、J-REITの分配金は重要な役割をしめます。 今回、以下の銘柄から分配金支払がありました。 インベスコ・オフィス・ジェイリート 6,535円 スターツプロシード投資法人 4,374円   約1万円です。現在のところ1月の配当金は昨年に比べるとかなり少なくなっています。大きいところは、米国個別株の配当金が無くなったことです。売却したお金はETFにまわしてはいますが、実際には利回り率も少なくなり追いついていないのが現状です。 リスクより安定を選択したので仕方ないことですが、個別銘柄を保有していた頃が懐かしい感じます。米国大統領も正式にバイデンさん ...

3_米国ETF, 8_投信信託、その他投資

米国S&P500とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し、指数化したもので、いまや米国株投資の定番となっています。 私の投資先としても重複して以下の積立を行っています。 ○ETF VOO 月1口約348ドル(約36000円) ○投資信託 楽天証券 月1回20000円 SBI証券 毎日300円(月約6000円) 月で6万円2千円となります。ETFは1口あたりがかなり高額となり、4万円に近づく勢いで、いつまで月1口買えるかと言うことになってます。 最近はQQQもやクリーンエネルギー、また米国だけでなく、 ...

1_配当計画

配当金で叶うことは、配当金の金額にもよります。現在、毎月10万円の配当金を目標にしていますが、最近は投資方針の見直しにより、増えるどころか減る形になっています。現状としては、今年の実力は8万円程度ではないかと思っています。 さて、8万円が多いと思う人もいると思いますし、少ないと思う人もいるかと思います。どう言うことに使うかにもよります。これが、アーリーリタイア費用であれば、全然足りません。少なくとも月25万円くらいは欲しいところです。そうすれば、家や車など大型のものは買えませんが、日々の生活費や公的な費用の工面、余暇費用くらいは出ると思います。 3万円であれば小遣い程度、5万円なら家賃、10万 ...

0_株式投資にいたるまで, 1_配当計画

投資は何のためにしているか?と考えると、老後の資金と言う訳でもありません。最終的には老後の資金になるかもですが、始めたきっかけは、定期預金の金利も低いからと言うことが理由です。   ではなぜ貯蓄(投資)しているかと言うと、、、。 特に使い先がない、貯蓄は何かと多い方が安心、と言う理由になります。 やはり貯蓄があると、ある程度心の余裕はできます。更に、配当金は、給与の他に収入になるお金ですから、不安定とはいえ、更なる心の余裕にはなっています。 配当金は、再投資でも良いですし、欲しいものを買うときでも、配当金から買うと言う気持ちになれば、少しお金を使うのに楽に、そして少しだけ贅沢なものを ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

最近、株価が上昇して、積立投資のみで、自ら購入ができなくなっています。 積立は、投資信託、米国ETFですが、投資信託も米国中心の銘柄で構成されたものかほとんどです。少し前は高配当ETF、REITのETFを購入していましたが、それも割高に感じ購入しきれていません。 やはり、日本のETFの定期積立ができないことがネックなことは確かです。米国ETFはSBI証券で積立購入できますので、どうしてもそちらになってしまいます。au株ドットコム証券で積立できそうなのですが、これ以上証券会社をふやすのも管理がしきれないような気もして躊躇しています。 もう少し株高が落ち着けば、考えられそうですが、今はまだ環境が揃 ...

4_日本株・日本ETF, 5_株主優待

先日、ランチも控えるように発言で、サイゼリア社長がほえるニュースがありました。 夜も規制され、結局は、外食するなと言うことで実質、休業要請みたいなものです。   私も以下の株を優待目的で保有してます。 すかいらーく コメダ珈琲 アトム 吉野家 株価の状況といえば、すかいらーく以外は、現在の株高もあってか、少しプラスになっています。 ただ、業績は外食規制があれば、悪くなることは必至ですので、今後の優待改悪にもつながる可能性もあります。 コロナウイルスが拡大すればするほど、米国株も日本株も上がると言う気持ち悪い状態が続き、定期積立以外は、なかなか投資はできていません。 自分で判断して投資 ...

4_日本株・日本ETF

昨日、auから他社に追随した20Gの料金が発表されました。通信と電話料金を切り離した形になっていますが、結論としては、3社とも料金も内容もほぼ同じになってしまいました。 通信容量20G 通話5分無料 申し込みはネットのみ 2980円 3社の中では料金競争はしないと言うことなのでしょうね。   20Gは多いようで中途半端です。 私であれば、動画を見なければ余り、動画を見るなら不足します。 若い人は丁度良いプランなのでしょうか? 5Gで通話マックス30から60分くらいで、1980円くらいのプランが出てくれるのが一番良いのですが、、、。   さて、それを受けての株価ですが、 KD ...

3_米国ETF

先日、記事にしました、米国高配当ETFから分配金支払いがありました。 QYLD 48.49ドル(104円換算で4994円)   今年は、このETFをNISA枠で購入することにしました。購入は、毎月6回、3口を積立設定して購入していく設定をしました。 この毎月支払銘柄と、他のETF、PFF、VCLTで毎月2万円の分配金があると良いなあと思っています。 配分のイメージは、 QYLD 5千円 PFF 1万円1千円 VCLT 4千円 です。 結果的に、いろんな銘柄の組み合わせで、安定した配当金を得られれば良いですが、やはり同じ銘柄で毎月配当金があることは、安定感や安心感が違います。 他のVY ...