9.その他

もうすぐボーナス日です。 ただ、周りにはボーナスが支給されない人もいますし、支給額も様々です。 私は就職するときにあまり考えず地元を優先し会社を決めました。 本当に、何も考えずに会社を選び就職してしまいました。 給与や休日、福利厚生なども、特に意識しませんでした。 その頃は、週休二日制が浸透してきたころで、就職した会社も丁度、週休二日制を導入したような感じでした。 働き始めて、初めて、給与や休日の基準が如何に大切かわかりました。 就職したときは、淡々と出勤日に出社して働けばよいと思っていましたが、働き始めるうちに、もっと休みが欲しい、もっと給与がほしいと思うようになりました。 私が就職したころ ...

4.日本株

先般の商社につづき、下記の銘柄で配当金支払いがありました。 KDDI 4,383円 オリックス 5,578円 三井物産 3,188円 三菱ケミカルホールディングス 3,188円 三井住友フィナンシャルグループ 7,172円 オリックス、三菱ケミカルが200株保有で、その他は100株保有です。   各企業の中間決算の状況は下記のとおりでした。 三井物産は先日4商社の配当金支払があった時に確認しています。 「☆12月配当金支払トップバッタ、商社からの配当金と各商社の状況」 <KDDI> 2019年4~9月期の連結決算は営業利益が前年同期比1%減の5534億円。 10月の携帯電話販売のルー ...

9.その他

いよいよ節目の2020年まであと1ヶ月をきりました。 今後の10年、15年は当然、現状のまま推移するはずもなく、未来を予想して万全にしていきたいと思います。 まずは定年、現在は65才ですが、たぶん70才までとなるはずです。 ただ、現状の会社で働けるかというのは別の話で、年金支給の基準が65才からではなく70才になると思います。当然、繰り上げ、繰り下げもできると思います。 要は年金が少なくなるということですね。少し前に自分の年金を計算したら1ヶ月17万円くらいでしたので、65才でもらおうとすると、自分の時(後15年後)は、14万円前後になってしまうのでしょうか?あくまで仮定です。 基本は、生きて ...

4.日本株

各商社から12月のトップバッタで配当金支払がありました。 伊藤忠商事 保有100株 4,250円 三菱商事  保有100株 5,100円 住友商事  保有200株 7,172円 丸紅    保有300株 4,184円 この他、三井物産も保有しており、5商社保有しています。 さて、各商社の9月での中間決算状況は、以下の状況です。         2019年9月中間実績       20年3月期予想 伊藤忠商事    2,890( 12.0)      5,000 三菱商事     2,423(▲21.6)      5,200↓ 三井物産     2,341(  5.1)      4,500 ...

A.その他(ブログ)

1.はじめに 今月もアクセス状況を確認したいと思います。 先月は、更に自然検索は減りましたが、今月はどうだったでしょうか?   2.ブログの状況 <1ヶ月合計> 2018年 05月:ブログ村等からの全アクセス: 1496 検索アクセス:56 06月:ブログ村等からの全アクセス: 2330 検索アクセス:292 07月:ブログ村等からの全アクセス: 5852 検索アクセス:2409(バズりあり) 08月:ブログ村等からの全アクセス: 3854 検索アクセス:1415 09月:ブログ村等からの全アクセス:16869 検索アクセス:4526(バズりあり) 10月:ブログ村等からの全アクセス ...

8.その他(投資)

12月になりました。12月は日本株の半期決算の配当金が支払される月になります。 ここ最近、日本株自体は追加購入しておらず、3月決算以外の保有株もありますが、それでも、6月、12月はまとまって配当金が入りますので嬉しい月です。 そのかわり、J-REITは3銘柄のみのため、期待はできません。 米国株は、毎月分配ETF以外に四半期毎のETFの支払が一部あると思うます。個別株は確認した限り、なさそうな感じです。以前はありましたが、個別銘柄からETFに移行した際に売却した銘柄が12月のものが多かったようです。 結局、10月、11月は株価が高くなり株の購入はせず、さらに一部の銘柄を売却していますので、資金 ...

5.株主優待

2019年も後1ヵ月となり、企業からカレンダーなど届きました。   JTは応募しておけば、もらえますので、昨年ももらいました。しっかりした作りの壁掛けカレンダーになります。 三菱商事は、最近購入したばかりで、昨年は保有していませんでしたが、優待と言うほどではないと思いますが、卓上カレンダーが送られてきました。 こちらも、葉書にもなるカレンダーでしっかりした作りです。 コメダ珈琲はカレンダーではありませんが、先日配当金支払がありましたが、株主優待用のコメダ電子マネーカードに12月1日に1000円チャージされる旨のお知らせでした。   今年も配当金、分配金、株主優待といろいろ貰 ...

7.月毎配当振込額

1.はじめに 現在は月平均10万円の配当金を目標にしていますが、先月10月は過去最高額約12万円で月目標10万円をクリアしました。 今月は当初から配当金が少ない月として意識していますが、実際はどうだったでしょうか?   2.11月支払があった全銘柄と配当金 <日本株> 高配当50  10485円 コメダ       2500円 NTTドコモ 4782円 合計       17,767円 <J-REIT> GLP                     4,586円 ザイマックス          5485円 ラサールロジポート 5782円 森トラスト・ホテル 5132円 合計 20, ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

株価の調子の良い時の定番、評価損益額を確認しました。 株価が高く、株を買いづらい状況ですが、評価損益を確認する楽しみはあります。 高配当株中心ですので、そのまま好調さが反映される訳でありませんが、それでも以下のとおり、プラスになっていました。 円投資分 費用損益額 +1,874,827円 ドル投資分  円換算 +519,563円 合計 プラス 2,394,390円   投資の配分は、円(日本株、リート)もドル(米国株、ETF)同じくらいですが、円投資分がかなりプラスでした。 米国株は、米国の税金がかからないADR銘柄の保有が多く、その銘柄にマイナスが多いため、日本株やリートのようなプ ...

9.その他

情報格差・情報弱者という言葉があります。 情報弱者とは、「有益な情報を得られない人、得たとしてもその情報に対して適切に対応できない人」のことをいいます。 スマホやインターネットも、電波が届かない地域もなくなり、スマホも格安スマホも登場しており手の届く状態にあります。 ただ、いろいろな情報を入手・分析し、活用するかは個人にゆだねられています。 ネットだけでなく情報は、テレビのニュースや新聞など色々なところにあります。 今に始まったことをではありませんが、そのような情報を上手く活用するか、しないかによって、損得の差がより大きくなってきました。 株の売買も情報が重要です。 特に個別株については、情報 ...