9_その他

いよいよ12月になりました。本当に1年、あっと言う間です。

後半はウクライナ危機、円安、物価上昇と、地域によっては4月からの電気代の値上げも告知され、今後も更に厳しい状況になりそうです。

これまで、物の値段が抑えられていたところが、一気に吹き出して、給与も上がらず、追随できるか、心配なところです。

そのための配当金ではなかった?のですが、配当金もますます重要度を増しそうです。

とりあえずは、働いているうちは、地道に投資を続けて、配当金、資産を増やしていきたいと思います。

NISAも2024年からの見直し内容が見直され、新たな形に ...

3_米国ETF

最近、米国ETFの積立がお金が足りなくて、購入しきれず、追加で資金を投入して購入する状況になっています。

今回も、VOOやVYMが購入できない状況になりました。

現在は、毎月10万円を給与からドル転、後は配当金の再投資になります。

現在の月の購入金額を1ドル140円として確認してみました。

〈米国ETF:債券〉
VCLT:バンガード 米国長期社債 ETF
1口85.76 ドル 12,006円

〈米国ETF:成長〉
QQQ:インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET
1口291.20 ドル 40 ...

9_その他

先週金曜日、ブラックフライデーが始まりました。ネット通販、各店舗でも、広告の黒い帯が目立ちます。

特に、前もって、この時を狙って欲しい物を買いたいと思っていたこともありませんでしたので、特に何も買わず、終わりそうです。

無駄に買っても仕方ないので、今が安いかも?しれませんが(中には騒ぐだけ騒いでいつもと同じ値段の物もありますが、、、)、自分のペースで欲しい時に、欲しい物を買おうと思います。

限定品、今だと?割引、などなど、言葉に踊らされることもありますが、必要でない物や、なんとなくあったら良い程度では、欲しい衝動には駆られません。

これも、 ...

9_その他

夏頃からのここ数ヶ月の投資資産推移を確認しました。

月   株   投資信託
7月 4837万円 317万円
8月 4922万円 333万円 ↑
9月 4731万円 328万円 ↓
10月 5036万円 348万円 ↑
11月27日時点 5018万円 362万円 →

5154万円

現時点 合計5380万円(7月からプラス226万円)

現在は、毎月投資信託に5万円プラス配当金5万で10万円、米国ETFに10万円プラス配当金7万で17万円、合計27万円投資しています。

9月は、かなり下がってい ...

9_その他

先般に続いて、2回目です。

今回は、楽天証券からの撤退です。

楽天証券は、日本株の高配当ETF保有と楽天クレジットカードの投資信託の積立を行っていました。前は米国個別株でSBI証券で購入できないエイリアスキャピタルARCCを保有していましたが、新規購入停止なったため売却して、日本株ETFと投資信託を保有していました。

ただ、楽天証券の楽天クレジットの還元率が1%から0.2%へ代わりに楽天ペイからの引き落として0.5%になる、改悪があり、そもそも1%目的で始めた積立であったため、今回を期に楽天証券からSBI証券へ移行しました。

ETFの移行は ...

7_月毎の配当金・分配金額

1.はじめに

早いですが11月に配当金支払いがあった銘柄一覧です。11月はあまり配当金が多い月ではありませんが、10万円超えになりました。日本株の高配当ETFの配当金が貢献しています。

2.11月支払があった全銘柄と配当金

<日本株>

吉野家ホールディングス  399円

日経平均高配当株50指数連動型上場投信 26,966円
野村日本株高配当70連動型上場投信 11,204円

合計 38599円

<J-REIT>

タカラレーベン不動産投資法人 7,191円
ザイマックス・リート ...

9_その他

ハイリスク、ハイリターンと言われますが、保有銘柄の中でも一番のハイリターンのカバードコール銘柄への毎月投資額について確認しました。

QYLD 15000円
XYLD 25000円
JEPI 17000円
合計 57000円

1ドル140円換算で月合計約57000円でした。

今は、かなり投資したQYLDを控えて、XYLDの比重をおいています。

そもそも、投資自体がリスクがあるので、中途半端に安全銘柄に投資しても元本が保証される訳ではなく投資自体に意味がなくなってしまうのである程度リターンがある銘柄に投資したいと考えてい ...

9_その他

新しいガジェット、株式投資、何かにつけて日常生活がマンネリ化してきています。

車で言うなら、新型になった時に以前の内容を踏襲する意味合いで、無難に同じ路線をいくことをキープコンセプトと言います。

うまくいっていれば、人も同じでキープコンセプトを望みます。

最近のスマホや自分の投資方法、仕事や生活についても、キープコンセプトになってきてしまっています。

確かにこれまでと同じようにしていくことは、安定し、安全、安心ですが、人はそれだけでは満足せず、刺激を求めて、時には、幸せさえも壊したくなります。

また、なんとなくキープコンセプトの ...

9_その他

減ってはいませんが、なかなか増えもしない資産です。

それもそのはず、株価は踏み止まっているものの、少し右肩下がり、その穴埋めを円安と月々の投資で補っているイメージになります。

コロナが収まるとともに、コロナバブルも収束、GAFAの業績もイマイチでリストラ発動中ですので、、、。

また、ウクライナ危機により、エネルギー資源も高騰し、物価高になっています。

そう考えると、今の株価はどうにか持ち堪えていると言うのが正しそうです。

とりあえずは、上がり下がりも分からないため、地道に積立していくしか無さそうです。

本日も最後まで ...

9_その他

2022年もあと少しになりました。

株価は、この1年、足踏み状態となりました。

一番の印象は、昨年から米国ETFのカバードコールへの投資を始めて、今年はS&P500のカバードコールも本格的に投資しましたが、毎月配当金をもらいつつも、ナスダックやS&P500が下落し評価損が多く、微妙な気持ちです。

当初は、株価によって、基準額の変動なく、配当金が少なくなるのかと、過去の基準額の変動も見ながら、そう認識していたのですが、いざ株価が下がると、基準額も下がり、配当金は維持されました。

確かに配当金を少なくしてしまったら、この銘柄自体 ...