4.日本株

1.はじめに 個別株投資のリスクを回避するために、最近、何度か購入していました「日経平均高配当株50指数連動型上場投信」から始めて分配金をもらいました。 今回の分配金状況とこれまでの分配金実績、株価推移について確認していきたいと思います。   2.分配金について 13口保有で税引き後6,258円でした。   3.これまでの分配金実績について 2019年04月07日604円☆ 2019年01月07日90円 2018年10月07日544円 2018年07月07日74円 2018年04月07日558円 2018年01月07日74円 2017年10月07日477円 2017年07月 ...

4.日本株

1.はじめに タイトルのとおり日産(7201)、みずほFG(8411)売却し、三菱商事(8058)を購入しました。   2.経緯 日産は2020年3月期の連結純利益予想は前期比47%減と発表され、19年度の年間配当予想も40円と前年度よりも17円の減配となり、見切りをつけました。 みずほFGは、銀行系将来性が心配なため、前から売却する予定でしたが、三菱商事の購入資金のため、思い切って売却してしまいました。 他にも、ゆうちょ銀行、三菱住友FGも保有していますが、もう少し株価の調子良い時に見切りはつけたいと思います。 売却2銘柄は、損切りになり、結構な額になり、今月分の配当金をオーバーし ...

3.海外ETF

1.はじめに VCLTの分配金に続き、PFFから分配金支払がありました。PFFは、NISAと特定口座でそれぞれ保有しています。 特定口座が361口、NISA260口になります。 現在の評価額は、日本円にすると約248万円で評価損益は、マイナス約15万円となっています。   2.配当金について 上記の1.の保有で今月は84.88ドル(109円換算で9251円)でした。 約250万円の保有で毎月約9200円、年間約11万円の分配金になります。 実質の税引き後の利回りは4.4%です。 PFFは経費率(運用経費)が、0.47%とかなりかかってきます。   3.株価推移 以下はPFF ...

3.海外ETF

1.はじめに 毎月支払があるVCLTから分配金支払がありました。少し前に集中的に投資して、今月がとりあえずの集大成の分配金になっています。   2.分配金について 200口保有で46.48ドル(110円換算で5112円)でした。 ※一部NISAあり   3.今後の買い増しについて 毎月の分配金の目標としては、倍の1万円近くとしていますが、少し株価が高くなり、少し買い増ししづらい状況ではあります。 当面は少し様子見でいきたいと思っています。   4.まとめ 同じく毎月配当のPFFと合わせて、現在はだいたい1万5千円の分配金をもらっています。 当面は合わせて、毎月2万 ...

4.日本株, 5.株主優待

1.はじめに コメダから配当金支払がありました。 配当利回り約2.5%ですが、私は優待銘柄として保有しています。 優待内容は、1000円分のコメダで使える電子マネーが、年2回コメダのカードに振り込まれます。   2.配当金について 100株保有で2,500円でした。 NISA保有になりますので配当金に税金はかかっていません。 配当利回り約2.5%です。優待銘柄として保有しています。   3.企業状況について 業績は、下記の通りです。 2019年2月期の連結決算は、純利益が前の期比4%増の51億円。5年連続の過去最高益。沖縄に初出店、台湾に2店出店。 売上高にあたる売上収益も ...

2.米国株

1.はじめに 先月、PM(フィリップモリス)から配当金がありましたが、MOについて、配当金支払がありました。今回は米国のたばこ喫煙環境についてみていきたいと思います。   2.配当金について 51株保有で29.27ドル(110円換算で3219円)でした。   3.米国のたばこ環境について 日本では、たばこの喫煙に関する報道は耳に入ってきますが、米国ではどんな状況なのか、最近のニュースをみていきます。 米ドラッグストアチェーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは、たばこ製品や電子たばこの購入年齢について、21歳に引き上げると発表。 米食品医薬品局は、電子たばこの使用者がけ ...

2.米国株

1.はじめに AT&Tから配当金支払がありました。 先般、VZは売却したたため、米国の通信株はAT&Tのみになっています。 企業状況含め確認していきたい思います。   2.配当金について 168株保有、61.45ドル(110円換算で6759円)でした。   3.最近の状況 1-3月期は、携帯電話とテレビの加入者の減少幅が市場予想よりも大。タイム・ワーナー買収に伴う負債の縮小に注力。 債務圧縮のため、Hulu(フールー)の株式を売却とニューヨークのマンハッタン西部ハドソンヤードにあるオフィスビルを売却している。 タイム・ワーナー買収は、従来の有料テレビからネッ ...

4.日本株, 5.株主優待

1.はじめに 以前、久々に優待株を購入しましたが、その「プレナス」から初めて配当金をもらいました。 業績含め確認していきたいと思います。   2.配当金 100株保有で税引き後2,391円でした。   3.業績 業績は以下のとおりです。 2019年2月期の連結決算は、最終損益が29億円の赤字(前の期は23億円の黒字)。最終赤字は1993年の店頭公開以来。 売上高は1539億円と6%増えたが、原価率が上昇と人材確保のための費用増加によるもの。 完全に外出企業の悪い方のパターンにはまっています。 購入して初めての決算が、赤字決算で今後が心配です。   4.配当金予定と ...

1.配当計画, 9.その他

1.お得キャッシュレスを最大限活用 投資の話とは違いますが、消費税アップが予定されるなか、昨年(2018)後半から政府キャッシュレス推進、さらにQR、バーコード決済が盛りがっています。 私もこれまでに、PayPay、楽天Pay、auPayを使用しました。 4月末まではLINEpay、ゴールデンウィーク中はメルpayがお得でしたが、私は、最近はPayPay一択です。 スマホをauからYモバイルに夏頃に変更する予定でしたので、Yahooカードを申し込みして、PayPayはyahooカード経由で使用しています。5月末までは1回の決済で19%、max1000円まで還元されます。 これを使わない手はあり ...

1.配当計画

1.はじめに 先般「☆毎月投資可能額(給与+配当金)と複利効果について」で毎月投資額を計算しましたが、給与からまわせるお金が、どうも思いどおりの投資額になっていません。 再度、数ヶ月の収支を確認し何にどの程度使っているのか確認していきたいと思います。   2.以前計算した投資可能額について 以前計算した内容は、給与から毎月まわせるお金は、約8万円、プラス残業代が現在約6万円ありますので約14万円となります。 せいぜい、回せてるお金は14万円中、9万円程度のような気がしています。 残り5万円の行方を確認していきたいと思います。   3.行方不明のお金の明確化 現金支払はあまり ...