1_配当計画, 6_J-REIT

下記のJ-REITからの配当金支払いがありました。

ケネディクス商業リート 5,840円

前回より、ほんのわずか増えました。

今月は、個別銘柄は2銘柄のみで、リートの配当は終了となりました。あとは、ETFがあります。

日本株の方も個別銘柄の配当金はすべてもらい、後は高配当ETFのみとなります。

残るは、米国ETFの四半期毎支払の銘柄がまだ配当金支払いがありませんので、そちらになります。12月で支払いがあるものと、1月になるものがあります。

昨年よりも配当金が増えていれば良いですが、現在のところは微妙なところです。前年 ...

3_米国ETF

今年から投資を始めた下記の銘柄から配当金支払いがありました。

DIV 14.69ドル(113円換算で1659円)

今年、毎月配当銘柄が増やせないかと思い、いろいろな米国ETFに手を出しました。

この銘柄もその一つです。既に購入を辞めて売却してしまった銘柄もあります。債券や社債(AGG、BND、LQD)も毎月配当のため、積立購入していましたが、利回りが1%から2%台と悪く、当然わかって購入をしていたのですが、我慢できずに積立は停止し、購入したものは売却しました。なんとか損切りはせずに済んだので良かったですが、NISA枠で購入したので、枠が1年間無駄になり ...

1_配当計画

最近の投資方針は損切りしない投資を行う、です。

下手な投資をしていると、高い時に買い、安い時に売る、と言うまさに、損をするために投資をしているような状況になります。

損切りというのは自分が購入した銘柄に自信が持てなくなった時に、保有株を見捨てます。(ちなみに社会全体に希望が持てなくなった時は、株式投資自体の撤退になりますので、そこは現在、投資に全振りしている時点で今回は考えないようします。)

そうなると主に損切りは個別銘柄になります。損切りには、理由があり、配当金の減配・無配、優待株の改悪、株価の大幅下落があげられます。

上記の理由で、これ ...

1_配当計画

現在は、配当金は再投資にまわしていますが、いざとなれば使うことも出来ます。

配当金を再投資にまわせば、少しですが次回の配当金は増えます。また、その増えた配当金で再投資するので、、、と複利効果となります。

ただ、いざとなれば配当金を使うことも可能です。生活できるまでには至らなくても、金額によりますが、急な出費にも対応できますし、配当金があると言うことで、少し心に余裕がある生活もできます。

現在、月平均の配当金は税引き後8万円。

8万円あれば、大きな出費以外は、大体なんとかできます。

リタイアすれば、収入はなくなります。年金もそれだ ...

9_その他

最近、スマホ通信会社を日本通信SIMからUQモバイルに変更しました。

やはり昼に繋がらないことがネックになり、その他は文句は無かったのですが、、、。通話時間は5分ではなく10分が良かったので、通信の安定性から考えると選択肢はワイモバイルかUQモバイルになるのですが、安くUQとモバイルにしました。また、10分でなく、60分間無料にして、少し費用を抑えたのですが、それでも月額は倍以上になってしまいました。povoやlinemo、ahamoも10分かけ放題や60分までかけ放題が出れば、乗り換えの選択肢に入れたいと思います。

楽天モバイルは副回線で保有していますが、2月か ...

3_米国ETF

恒例の毎月配当銘柄から配当金支払いがありました。

VCLT 41.43ドル(113円換算で4681円)
VCLT 20.28ドル(113円換算で2291円)
税還付分
PFF  77.31ドル(113円換算で8736円)

PFFは先月1万円超えでしたので、少し金額が少なくなってます。VCLTは先月に引き続き還付金がありました。2銘柄でいつもくらいの金額にはなっています。

 

VCLTの方は利回りが他の銘柄と比べると悪くなっているため、積立の方は停止しました。売却して、利回りが良い銘柄もと考えなくはないですが ...

6_J-REIT

J-REITから配当金支払いがありました。毎月なんらかのリートの支払いはあるようになっていますが、保有銘柄の12月に支払のリートは数が少ないです。その一つのリートから支払いがありました。

 

森トラスト総合リート 2,830円

 

過去支払いと比べると、わずかに減っています。コロナの影響で配当金が多くなったところはほとんどなく、減っているところが大半です。配当金が大きく下がった銘柄は保有の意味がないため、復活またず損切りしました。

このようなこともあり、リートもETFの購入を中心にしましたが、まだまだ割高で利 ...

4_日本株・日本ETF

オリックスから配当金支払いがありました。

オリックス 6,216円

前回より、少し少なくなっています。

オリックスはKDDIと同じく、高配当、優待あり(カタログギフト)の株主には嬉しい企業です。カタログギフトは保有して年数が経過したため、少し良いカタログギフトになっています。

業績は、コロナ禍以降は、あまりぱっとしない状況のようですが、とりあえずは様子見できる状況ではないかと思っています。

最近の株価は、かなり下げましたが、急速に戻して、コロナの影響で乱高下が続いています。翻弄されないように、地道に投資を継続していきたいと思いま ...

3_米国ETF

最近購入した新規銘柄から初配当金支払がありました。

JEPI 20.37ドル(113円換算で2301円)

 

最近、何度もブログに登場した、S&P500の株価の値上がりで配当金を出す銘柄です。

毎月配当のため、今後毎月配当金支払いがあります。毎月配当の良いところは、当然毎月配当があることですが、もう一つは、購入したら、毎月配当のため、すぐに配当金が貰えることです。投資の実感が早いことにあります。

当面の目標は、配当金を月5000円にすることにしたいと思います。

12月に入り、日本株の配当金が立て続け ...

9_その他

時間はどんどん経過します。

コロナだろうが、景気が悪かろうか、、、。

生き急ぐことはありませんが、時間が経過すると言う認識を持つ必要はあります。

お金を貯めるにも、一足飛びにはたまりません。時間が必要です。そのためには少しでも毎月貯蓄する必要があります。まさにチリも積もれば、です。

お金だけではありません。スキルにしても、経験にしても、人脈にしても、チリ積も、です。

ただ闇雲に積み上げれば良いと言うものではありません。それが有効なのか?、効率的なのか?、ある程度たったら吟味する必要があります。

要点がずれていたり、非 ...