1_配当計画, 3_米国ETF

これまでは、毎月安定した配当金を得る為に、主にJ-REITの分散投資、米国個別株の分散投資を行い、毎月平均的に配当金をもらえるように保有してきました。 ただ、ここにきて、米国個別株はほとんど売却した為、平均した毎月の配当金は成り立たない形になりました。唯一、J-REITは、物流系リート売却し、は利益確定してしまいましたが、その他はまだ保有していますので、なんとか、毎月配当銘柄だけに頼る形にはなっていません。   さて、毎月配当の以下の銘柄から分配金支払いがありました。 VCLT(米長期社債ETF) 43.80ドル(106円換算で4642円) この銘柄とPFFが毎月配当の基礎になってい ...

9_その他

私のpaypayに始まった、QRコード決算ですが、その後、d払い、そして楽天payに落ち着いていましたが、その後、KDDIの株主優待で300円分使えること、じぶん銀行の1万円チャージで1000円キャッシュバックがあることで、最近はaupayを使ってました。 また、今月はドラッグストア、スーパーの10%キャシュレスバックがあるので、当面aupayかと思いきや、d払いが2店舗以上で30%還元ということで、d払いも復活しました。 以前はdカード以外のクレジットカードでも還元されましたが、少し前に、dカードのみ、残高払いのみになり、ドコモ口座をイオン銀行で開設し、キャッシュバック可能額までチャージしま ...

6_J-REIT

昨日、保有高配当日本株の状況確認を行いましたが、今回はJ-REITの状況確認を実施していきたいと思います。 先般、好調で40%以上のUPとなっていた物流系REITは利益確定しましたので、保有銘柄から外れています。 <物流> 2979 SOSiLA物流 25.42% <インフラ> 9281 タカラインフラF -3.97% 9283 日本再生可能エネ -3.46% 9284 カナディアンソラ 9.26% 9285 東京インフラF 0.95% <ヘルス> 8986 大和証券リビング 32.05% 3455 HCM 3.72% <ホテル> 3463 いちごホテル -53.44% 3472 大江戸温泉  ...

4_日本株・日本ETF, 5_株主優待

保有している高配当日本株について、カテゴリ毎に分類して、評価損益状況を確認しました。 <住宅> 1928 積水ハウス 2.84% <たばこ> 2914 JT -33.38% <自動車・科学・機械> 4188 三菱ケミHD -16.05% 5108 ブリヂス -22.32% 5110 住友ゴム -40.50% 7270 SUBARU -23.52% 7272 ヤマハ発 -22.44% <商社> 8002 丸紅 -20.79% 8031 三井物産 1.35% 8053 住友商 -23.60% 8058 三菱商事 -23.56% 8001 伊藤忠 26.69% <金融> 8316 三井住友 -33. ...

2_米国株, 3_米国ETF

最近個別株からETFへ急速に移行してますが、現在の保留金額も含めて確認しました。   <保留ETF> PFF 約280万円 VCLT 約240万円 HDV 約200万円 VYM 約180万円 SPYD 約230万円 VOO 約130万円 ETF計 約1260万円 米国株全体 約1380万円   米国株の約90%はETFへ移行しました。今後の購入も上記のETFとプラスVTIを買い増ししていく予定です。 残りの個別株はなかなか整理できそうもないので、少し様子見をしていきたいと思っています。 残っているのは、MO、RDSB、BP、ARCCになります。 配当が出たばかりですが「T」 ...

1_配当計画, 2_米国株, 3_米国ETF, 8_投信信託、その他投資

7月になって初めての配当金が以下の銘柄からありました。 T(AT&T) 62.82ドル(105円換算6596円)   さて最近の米国株はETFを購入することにした訳ですが、私自身、株価の変動についていけず購入に踏み切りができないため、以下のとおりSBI証券で定期買い付けをしています。 資金は先日売却してできたお金、配当・分配金、最近の円安によってドル転したお金が元になります。 約100万円くらいありますので、中期で定期的に購入するつもりです。 〇iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF HDV 特定預り 外 2 口 (毎月6回) 〇バンガード 米国高配当株式ETF VYM 2 ...

8_投信信託、その他投資

久しぶりに、各カテゴリ毎の投資割合について確認しました。その配当金の割合についても比較して見ていきたいと思います。 まず、投資の割合は以下のとおりです。 日本株 21% 米国株 52% J-REIT 26% 投資信託 2% 投資信託は、始めたばかりで僅かです。 J-REITも日本とすると、日米は約半々と言うところになりました。 今後は、徐々にですが、投資信託の割合が大きくなると思います。   次に配当金の割合は以下のとおりです。 金額は2017年秋に初めてから、これまでの合計になります。 日本株 50万円 20% J-REIT 65万円 25% 米国株 140万円 55% ...

9_その他

コロナウイルスも、騒ぎながらも、日常的な事になりました。 高齢者や特に神経質な人以外は、自粛も限界となり、街はほとんど日常になりました。 人混み以外では、マスクもしてない人もいます。 政府も注意を促しつつも、「GO TO トラベル」と真逆な対応を同時進行させてます。   いよいよ、コロナウイルスに対応できた企業、対応しつつある企業と、そうでない企業の審判が下されるときが近づいています。 コロナウイルスが解消しても、前の日常には完全には戻りません。今回の機会で、よく考えたら不要であった製品、サービスが、皆、わかってしまいましたので、なんとなく継続していた物には人は戻ってこない事は明らか ...

7_月毎の配当金・分配金額

1.はじめに 先月、6月は過去最高の配当金支払いがありました。 今月あたりからコロナウイルスの影響が出始める頃になります。 さて、どうでしたでしょうか?   2.7月支払があった全銘柄と配当金 <J-REIT> トーセイリート 8836円 スターツPRO 4033円 投資法人みらい 9952円 インベスコ 6519円 ダイワ東証REIT指数 191円 合計  29,531円 <米国株> PFF  11314円 VCLT  9938円 VOO  4633円 ARCC  5189円 MO  3296円 GSK  3572円 PM  3590円 PPL  3030円 合計 44,562円 ...

1_配当計画

最近、高配当株投資から、投信信託の購入にも資金を分散して投資しています。 今回のコロナウイルスによって、いくつかの銘柄は配当金も減配、無配になり、株価も低迷となり、高配当株だからという投資へのモチベーションも自分の中で変わってきました。   配当金をもらう一番の理由は、株価の変動に関わらず、一旦、お金が手元に入ってくると言う実感に他なりません。 現在は、配当金を使うわけではなく、資産と更なる配当金のために再投資しています。 リタイア後には投資した株を売却せず、年金と配当金で、少し余裕がある生活ができればと思っていました。 更に、あわよくば60歳前にリタイアできればと思いますが、最低で ...