2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

最近、売却していませんでしたが、先日の「ABBV:アッヴィ」「WBK:ウエストパック バンキング」に続き、以下の銘柄を売却しました。 GSK:グラクソ スミスクライン 90株売却 約プラスマイナス0円 8267:イオン 100株売却 約プラス68,000円 イオンは、優待のオーナーズカードを使う機会もあまりなく、売却すれば利益確定もできるため、利益が出ているうちに利益確定しました。 GSKは、プラスマイナス0ということで、ETFへの移行を進める上で、現状であれば、損切しなくてよいので、思い切って売却しました。   売却金で以下の銘柄を買い増し 〈日本株、J-REIT〉 1476:iシ ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

以下のJ-REITから分配金支払いがありました。 トーセイ・リート投資法人 8,836円 ダイワ上場投信-東証REIT指数 191円   6月分の給与と配当金で以下買いまししています。 1476:iシェアーズ・コア Jリート ETF:10 口 1651:ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数:20 口 1577:野村日本株高配当70連動型 1口   コロナウイルスに伴う個別銘柄投資のリスク回避のため、ETFばかり購入していますが、米国のETFとは異なり、日本のETFは人気薄で、経費率も高く、少し投資を躊躇するようなこともあります。 とは言っても個別銘柄への投資は現状リスク ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT, 8_投信信託、その他投資

給与がでましたので、以下の高配当ETFの買い増ししました。 1488 ダイワ上場投信-東証REIT 10口 1577 野村日本株高配当70連動型 1口 REITと高配当株のETFになります。 日本のETFは米国ETFや日本の投資信託のように人気がなく、競争がないので、経費率が高いのがネックです。 今回のETFは、「1488 ダイワ上場投信-東証REIT」は0.155%、「1577 野村日本株高配当70連動型」はなんと0.32%になります。 指数連動型なら、もう少し低くても良さそうなものですが、、、。   さて、6月も終わります。評価損の推移をいつものように確認したところ、6月にはいっ ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

6月もあと僅かになりました。配当金支払も大詰めになりました。 以下の銘柄から支払がありました。 〈日本株〉 SUBARU 2,232円 ヤマダ電機 797円 三井住友FG 7,969円 〈米国株、ETF〉 RDSB(ロイヤルダッチB) 17.92ドル(107円換算で1917円) VYM 83.68ドル(107円換算で 8953円) SPYD 197.93ドル(107円換算で 21178円) コロナウイルスの影響で、今回初配当金のSUBARUでしたが、72円から前の期実績に比べて約6割減の28円になりました。ガッカリです。 また、ロイヤルダッチも大きくマイナスになってしまいました。前回は5675 ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

先月から、給与から給与で、給与と配当金再投資で1ケ月で投資した内容を確認しています。 最近は、細かくETFや投資信託を買い増しし、どのくらい投資したのかよくわからなくなっているためです。 今回は、2020年5月給与から6月給与が出るまでの期間です。 〈米国株ETF〉 iシェアーズコア 米国高配当株ETF HDV 53103円 S&P500高配当株式ETF SPYD 26702円 合計 79805円 〈日本株ETF〉 ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数 16860円 野村日本株高配当70連動型上場投信   36550円 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 28790円 合計 8 ...

4_日本株・日本ETF

各種商社から配当金支払いがありました。5社保有していますが、丸紅は既に支払いされています。 三菱商事 5,419円 伊藤忠商事 4,250円 三井物産 3,188円 住友商事 5,578円(200株)   また、各商社の3月決算状況は以下のとおりでした。 会社 最終損益 三菱商事 5353億円(ー9億) 伊藤忠  5013億円(微増) 三井物産 3915億円(ー5億) 住友商事 1713億円(ー47億) 丸紅  ー1974億円(赤字)   丸紅は赤字転落になりました、またコロナウイルスを受けて2021年度の予定も各社大きく減額予定になっており、年間配当も2021年は丸紅35 ...

4_日本株・日本ETF

今月は3月決算の日本株の配当金支払月ですので、景気良く配当金支払いがあります。 今回は以下の銘柄から配当金支払いがありました。 KDDI  4,782円 オリックス 6,535円 ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数 5,430円   コロナウイルスの影響が今回から出るところ、次回以降から出るところがあると思いますが、とりあえずは、今のところ支払がある銘柄は今回は影響がないパターンの方だと思います。 次月の7月以降は、配当金も昨年に比べて下がってくるのでは思い、今回の6月支払分を堪能したいと思っています。 コロナウイルスは日本ではほぼおさまりましたが、まだまだ、観光系の復活は程遠 ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

コロナウイルスがきっかけで株価が低迷し、現在、株価は戻してはいますが、相変わらず、マイナス額は先週末で約247万円、そしてこれまでの配当金総額は約205万です。当然、損切もしていますので、損切・利益確定した売買金額はマイナスです。また、株購入に伴う手数料もかかっています。   投資をはじめて約3年経とうとしていますが、このような結果が実情です。 はたして、今後続けてプラスになるのか、わかりません。 こうなると、投資は趣味と割り切って考えるしかないです。 現時点では、投資は行わず、定期預金していた方が良かったことは間違いありません。 または、今から投資した方が良かったかもしれません。 ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

株価の上昇もここにきて落ち着きましたので、支払いがあった配当金でETFを買い増ししました。と思ったら、購入後、爆下げ!!してしまいました。 相変わらず、引きが悪いみたいです。 <日本株> ソフトバンク 3,388円 三菱ケミカルホールディングス 1,913円 アトム 200円 <J-REIT> 森トラスト総合リート投資法人 3,017円 <米国株 ETF> PFF 96.67ドル(108円換算で10,440円)   <買い増し銘柄> 1488 ダイワ上場投信-東証REIT 10口 HDV 1口 SPYD 1口 まだまだ3月決算の日本株の配当金支払いはあると思いますので、保有ETFの買 ...

2_米国株, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

株価が落ち着いたところで、復活できない銘柄を見ていきたいと思います。 表は10%以上のマイナスがある銘柄になります。   精査して今後も見通せない銘柄は、思い切って損切も視野に入れたいと思います。 石油関連は景気が復活すれば上昇するかなあと期待感があります。 商社やJ-REITもやはり景気が復活すれば上昇するかなあと期待感が持てます。 金融系は微妙です。判断に困りますが、損切額が少ないタイミングで売却していく候補とも思っています。 たばこ系も、損切額が少ないタイミングで売却していく候補とも思っています。フィリップスモリス(PM)は10%以下のマイナスですので、そういった観点では売り時 ...