2_米国株, 4_日本株・日本ETF

S&P500カバードコールからの配当金支払いがありました。

JEPI 65.13ドル(140円換算で9118円)

毎月支払いで1万円近い金額になってきたので嬉しい限りです。

最近、東証にも、米国のナスダック100とS&P500のカバードコール銘柄が下記のとおり登場してきました。

2865:グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF

2868:グローバルX S&P500・カバード・コール ETF

ドル転しなくても買えるのはありがたいですが、現状、米国ETFで購入しているので、更にこの2銘 ...

4_日本株・日本ETF

以下の高配当日本株ETFからの配当金支払いがありました。

日経平均高配当株50指数連動型上場投信 26,966円
野村日本株高配当70連動型上場投信 11,204円

四半期毎に支払いがありますが、多い時と少ない時が交互にきますが、金額を、見てもらえればわかりますとおり、今回は多い四半期になります。

合計して3万8千円くらいになりました。

今月は四半期末ではないので、米国株も通常の毎月支払い銘柄しか配当金はありませんで、この日本株のETFは嬉しい配当金になります。

日本株も週末、爆上がりして日経平均2万8千円超えとなってい ...

4_日本株・日本ETF

吉野家から配当金支払いがありました。金額は前回と同じでした。

吉野家ホールディングス  399円

株主優待も半年毎3000円から2000円に改悪され、今一業績も不振でしたが、最近の業績はまあまあのようです。

対象期間は22年2~6月の直近四半期。​​(ゼンショーホールディングス、松屋フーズホールディングスは22年4~6月、吉野家ホールディングスは22年3~5月)。

・ゼンショーホールディングス(すき家)
増収率:16.9%(四半期の売上高1784億円)
・吉野家ホールディングス
増収率:10.5%(四半期の売上高40 ...

4_日本株・日本ETF

積水ハウスから配当金支払いがありました。

積水ハウス  4,144円

配当金は前回からに比べると増えてます。

業績は、

2023年1月期の連結純利益が前期比13%増の1740億円予想と発表。過去最高の見込みをしていた従来予想を160億円上回る。

資材価格高騰となるも、円安や買収した米住宅会社の業績反映など海外事業がけん引し、年間配当は前期より14円多い104円(従来予想は94円)に増やす。

とのことで好調のようです。

日本でも、物価高や給与が上がらないと言いながらも、分譲住宅やマンションがどんどん建築され ...

4_日本株・日本ETF

日本の高配当株のETFから配当金支払いがありました。

ダイワ高配当40指数 1672円

同じようなETFの保有銘柄としては、野村の50指数、70指数のETFを保有しています。

今月支払いではありませんが、同じように四半期支払いです。米国ETFのように同じ四半期支払いでも、お金がだいたい均等であれば良いですが、日本のETFは2回は多く、今月のように2回は極端に少なくなり、これならば半期毎の支払いの方がいっそ良いと思います。そこも人気がないところなんだと思います。

今は、コロナ以降、日本株の株高で割高感が強いので、買い増しも全然していません。

4_日本株・日本ETF

ヤマハ発動機から配当金支払いがありました。

ヤマハ発動機 4,583円

今月は日本株の個別銘柄の配当金が数銘柄ですがあります。

業績は、

2022年12月期連結業績予想の営業利益を期初予想比100億円増(前年比9.7%増)の2000億円、売上高も同2000億円増の2兆2000億円(同21.4%増)に上方修正。売上高と営業利益ともに過去最高となる。原材料価格や海上運賃などの高騰は高止まりが続くと見て、材料の歩留まり改善などのコスト削減の取り組みや価格転嫁、為替の円安効果を反映した。

と調子が良いようです。ほぼ海外事業ということで円 ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

冴えない下記の2銘柄を売却しました。

大江戸温泉リート 5口 損切り10.5万円
住友ゴム 100株 損切り3.3万円
損切り合計額 約14万円

久しぶりの損切りです。今後の見通しもなかなか見えないため、損切り額は大きいですが、思い切って売却しました。

本当は保有し続けてれば良いことわかっていますが、我慢ができませんね。気分で売買するので、やっぱり、株は趣味でやっているなぁと、思います。

さて、その売却したお金で購入した銘柄は下記のリートです。

Oneリート投資法人 1口新規購入
東京インフラ・エネルギー ...

4_日本株・日本ETF

住友ゴムから配当金支払いがありました。

住友ゴム工業 1,594円

 

以下、住友ゴムの業績です。先日、ブリヂストンの業績も調べましたが、同じような状況です。

2022年12月期の事業利益、営業利益、純利益がそれぞれ前期比40.4%減の310億円、43.1%減の280億円、16.9%減の245億円と大幅な減益になる見通し。

売上収益は円安や値上げなどによる増収で前期比22.3%増の1兆1450億円と初の1兆円超え予想するが、原材料価格や海上運賃の高騰が響いて大幅な減益見通しで、5月の公表値を事業利益で110億円、営業利 ...

4_日本株・日本ETF

9月のトップバッター、ブリヂストンから配当金支払いがありました。

ブリヂストン 6,774円

9月は、少しだけ日本株の配当金の支払いがあります。

配当金は前回と同額でした。コロナで落ち込みましたが、持ち直しています。

ただ最近のブリヂストンの業績は、

2022年1~6月期の連結決算は、継続事業ベースの純利益が前年同期比10%減の1175億円。ウクライナ情勢の悪化で輸出や生産を停止中のロシア事業の損失(168億円)が重荷。

22年12月期の同純利益は前期比9%減の2800億円と従来予想から100億円下方修正。

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 5_株主優待, 6_J-REIT

今回はマネーフォワードの値を表計算ソフトに貼り付けて保有銘柄を区分毎に分析しましたので、それを投稿します。

まず、各カテゴリの割合ですが、以下のとおりになります。

1.米国ETF 58%
2.J-REIT 19%
3.日本株 17%
4.投信 6%

現在の投資額(評価額)は、5千万ほどです。

米国株が約6割です。日本株は少ないですね。最近は、米国株と投資信託ばかりですので、どんどん差が開きます。

各カテゴリの更に細分化です。

○米国ETF
高配当 59%
成長 20% ...