2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

株価上昇が続いてますが、もし、保有銘柄の株価が上がってきたら売却したい銘柄は下記になります。   三井住友FG 評価損額-113,500円 評価損率 -26.16% JT 評価損額-82,400円 評価損率-27.58% RDSB(ロイヤル ダッチ シェル)評価損-245,264円 評価損率-49.92%   銀行株、たばこ株、石油株、現在人気ない主要銘柄の保有株です。 今は配当金はなんとか頑張ってくれてますが(石油株は減配ですが)、将来の展望が見えないため、もし評価損額が無くなってきたら、真っ先に売却をしていきたいと思っています。 保有銘柄で株価も配当金と、もっと酷い銘柄 ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

NTTの子会社になるNTTドコモからの最後の配当金支払がありました。 NTTドコモ 4,981円   既に売却していますが、TOBも最近成立して、着々と、ことは進んでます。 最近では、通信通話料問題でまたもや政府から物言いがついて、YモバイルやUQモバイルのサブブランドでなく、ソフトバンク、au自体で安くするように発言がありました。 (確かにスマホも最新機種や高級機を手に入れたいならば3キャリアでないとなかなか格安SIMブランドでは厳しいものがあります。iphoneのようにsimフリー端末が用意されていれば良いですが他の機種ではそうもいけませんし、手間がかかります。) これに対応して ...

4_日本株・日本ETF

コロナウイルスもものともせず、日経平均は日々、大きく上昇しています。 ちなみに、私の高配当銘柄の保有株には、全く影響がなく、含み損オンパレードです。 自分には関係ない上昇ですが、そのうち反動で大きく下落しますので、今上昇していない保有株が下落時は連動して下がるのではないかと、戦々恐々としております。   保有株が上昇して、売却できるような状況であれば、売却したい銘柄もありますが、じっと眺めていても、そんな銘柄はありませんでした。 ただ、少しは増えている銘柄もあるので、30%以上の利益確定できるものは、一部でも利益確定を考えたいと思います。 乗り遅れてかんが強い投資ですが、なんとか踏ん ...

4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

以下の銘柄から分配金支払がありました。 タカラレーベン不動産投資 7,242円 日経平均高配当株50指数 13,341円 野村日本株高配当70連動型 7,280円 最近は個別銘柄が怖いと思い、ETFに投資していますが、実際のところ状況はどうなのでしょうか? 分配金で確認していきたいと思います。 50指数実績 2020年10月7日 465円 2020年7月7日 21円 2020年4月7日 569円 2020年1月7日 103円 2019年10月7日 572円 2019年7月7日 73円 2019年4月7日 604円 2019年1月7日 90円 2018年10月7日 544円 2018年7月7日 ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

米国株、日本株と大暴騰となりました。 派手な上げ下げは最近の常ですが、即思うのは、必ずくる反動です。   現在は、コロナウイルスの第3波がきていますので、今後、世界的に経済状況は厳しいことになりそうです。 下手をすると延期したオリンピックの開催も危ぶまれます。そう思うと、しばらくして大暴落、、、。   全体的な株価は景気は良いですが、全ての株が上がっている訳でなく、保有株で売却したい株は、停滞したまま、大きく含み損を抱えています。 なかなかうまくはいかないものです。 でも、もし売却したい株にもチャンスがあれば、、、。と思っています。 買いの方では、定期買付しているETFなど ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

平均株価だけ見ればは、すでにコロナウイルスの影響はない状況ですが、保有銘柄のマイナスは定着しました。 (日経平均は23500円前後、NYダウは28000ドル台)   以下は保有銘柄で10%以上のマイナスです。 プラスの銘柄は書いていませんが、ほとんどありません。   <日本株> 銘柄 評価損益率 住友ゴム -39.58%☆ JT -33.58%☆ 三井住友 -32.13%☆ ヤマハ発 -29.71% オリックス -27.60% 住友商 -27.15% SUBARU -24.49% ソフトバンク -19.13% 丸紅 -18.30% 三菱ケミHD -17.57% ブリヂス - ...

4_日本株・日本ETF, 9_その他

自民党の盤石な政権となり何年も経ちました。野党も不甲斐ない状況で、今回も前の政策を原則継続すると言うことですが、忖度を継承するのは、やめてもらいたいところです。 リーダーの指示の元に一丸となって政策を進めるのは良いですが、間違っていることは間違っていると言える風通しの良い政府を作って欲しいものです。当初話題になった目安箱なる発想も、今まで、風通しが悪かったことをイメージさせます。   また、過度の忖度や勘違いの忖度も同様に、禁止してもらいものです。 どんどん世界に差をつけられている日本にあって、どういう風に巻き返していけるか、日本内部の細々としたこともあると思いますが、コロナウイルス ...

4_日本株・日本ETF

ニュースになっているとおり、NTTがドコモを子会社し、上場廃止になると言うことで、NTTによるTOBが開始されました。株価も買取価格近くまで上昇したので売却しました。 既に次回配当もなしと言うことで、このままほっておいて、良いことはないので売却しました。 当然、利益確定でき、評価益は50%でした。 有益な配当銘柄の売却は残念ですが、何年か分の配当利益を得られたので、良しとすべきですね。 最近は、通信料の見直しが、総理の施策なので、今後の利益薄が予定され、他の保有しているKDDI、ソフトバンクも株価がかなり下落しています。   ドコモ子会社の理由は、国内の他の通信事業者よりも利益額が低 ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

以下の銘柄から配当金支払がありました。 9月も残り今日1日となりました。 BP 9.89ドル(105円換算1038円) VYM 118.68ドル(105円換算12461円) 積水ハウス 3,586円 BPは、保有金額も大きくなかったので、思い切って損切りしています。これが最後の配当金になります。 ちなみ前回の配当金は、2113。半分になってます。 VYMは、コロナ下でも少しずつ買い増ししている銘柄です。こちらもこれまでの分配金推移は、 202001 8243円 202003 5879円 202006 8953円 買い増しが効いたのか、かなり増えました。 積水ハウスは、前回は3586円でした。変 ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

ここ最近、日米市場は、NYダウは2万7千ドル台、日経平均は2万3千円台を上げては下げ、下げては上げという感じになっています。 米国では大統領選挙を控えて、トランプ大統領が、株価の好調さや、コロナウイルスをワクチンによる押さえ込みが近いなど、懸命に国民の支持を得ようとしています。 日本は、総理大臣が交代したのものの現状路線維持を打ち出し、代わり映えのない政策ですので、いまいちパッとしない状況です。 方向性は国民の通信費の削減、通信3業者は、歓迎していないのかもしれません。また、デジタル化をうたっています。ここにきて、銀行口座からの不正引き出しが明るみになり、キャシュレス施策やマイナポイント施策へ ...