1_配当計画

現在は、今までの配当株一辺倒の投資から、先進国や米国インデックスファンド(投資信託)も少し前から始めました。 コロナウイルスで配当金の無配、減配、高配当株の下落が原因です。 株価がコロナウイルス前に戻っても、ほとんどの保有高配当株や一部のJREITは、相変わらず低迷、他の株へ置いてけぼりをくっています。 これが高配当株の実態です。 低迷した株価分を配当金でまかなうにも、配当金が少なくなったり、無配になれば、それもかないません。   そのため、前にやめたインデックスファンドを始めましたが、米国市場の上げ下げで、時にはプラス10%、調子が悪いとマイナスになり、始めたばかりもあり、日々、派 ...