7_月毎の配当金・分配金額

1.はじめに 先月、6月は過去最高の配当金支払いがありました。 今月あたりからコロナウイルスの影響が出始める頃になります。 さて、どうでしたでしょうか?   2.7月支払があった全銘柄と配当金 <J-REIT> トーセイリート 8836円 スターツPRO 4033円 投資法人みらい 9952円 インベスコ 6519円 ダイワ東証REIT指数 191円 合計  29,531円 <米国株> PFF  11314円 VCLT  9938円 VOO  4633円 ARCC  5189円 MO  3296円 GSK  3572円 PM  3590円 PPL  3030円 合計 44,562円 ...

1_配当計画

最近、高配当株投資から、投信信託の購入にも資金を分散して投資しています。 今回のコロナウイルスによって、いくつかの銘柄は配当金も減配、無配になり、株価も低迷となり、高配当株だからという投資へのモチベーションも自分の中で変わってきました。   配当金をもらう一番の理由は、株価の変動に関わらず、一旦、お金が手元に入ってくると言う実感に他なりません。 現在は、配当金を使うわけではなく、資産と更なる配当金のために再投資しています。 リタイア後には投資した株を売却せず、年金と配当金で、少し余裕がある生活ができればと思っていました。 更に、あわよくば60歳前にリタイアできればと思いますが、最低で ...

3_米国ETF, 8_投信信託、その他投資

現状の積立設定は以下のとおりとなります。 〇投資信託 <SBI証券 毎日500円> eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 大和-iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 大和-iFreeNEXT FANG+インデックス eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) レオス-ひふみプラス <楽天証券 毎月1万円 S&Pのみ毎月2万円> <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド eMAXIS Slim 先進国株式インデックス eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) eMAXIS Slim 全世界株式(オール ...

1_配当計画

最近、かなり投資方法の方向転換を行いました。 今後の配当計画について考えたいと思います。 まずは、以下の銘柄から分割金支払がありました。 スターツプロシード投資法人 4,033円 インベスコ・オフィス・ジェイリート 6,519円   さて最近の投資状況は、以下のとおりです。 米国個別株→損切りしきれない個別銘柄が、まだ数銘柄残っているが、かなりの株を売却。売却金は、毎月0と5の日にVYM、HDVなどを購入予定。 高配当銘柄を売却し、ETFもまだ購入途中のため、配当金が目減りすることは確実。 日本株→キャノン、イオンを売却。キャノンは業績は悪化しているが、配当金は減配されていないので、 ...

8_投信信託、その他投資

コロナ相場もある意味落ち着いたので、毎週確認していた評価損益確認をしていませんでしたが、最近、売却を激しく行っているので、売却後の評価損益を確認してみました。 現在は以下のとおりでした。 7/23 全体で約251万円評価損 前回、7月頭に確認した頃とあまり変化はありませんでした。 その時の日経平均、NYダウを比較してみると、 今現在 日経平均株価 22,751円 NYダウ 27,005ドル 前回7/4時点 日経平均株価 22,306円 NYダウ 25,827ドル 日経平均はあまり変わらないものの、米国市場は大きく上がっていますが、保有銘柄の上昇はしていないようで、評価損は減っていません。 やは ...

2_米国株

最近行っている米国高配当個別株からETFへの移行の一貫で以下の銘柄を売却しました。 NGG:ナショナル グリッド ADR 85 株 PM:フィリップ モリス インターナショナル 36 株 PPL:ピーピーエル コーポレーション 95 株   3銘柄で約10万円の損切になります。前回、損切、利益確定含めプラス4万円くらいですが、今回の損切で少し足が出てしまいました。 なかなかタイミングも難しので、損切額が少ないものを今回ばっさりいきました。   残る銘柄は、以下のとおりです。 T:AT&T -50,451円 -8.50% ARCC:エイリス・キャピタル -48,720 ...

3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

ここ最近で売却した資金で以下の高配当ETFを買い増ししました。 1476:シェアーズ・コアJリートETF 10口 1488:ダイワ上場投信-東証REIT指数 30口 1489:日経平均高配当株50指数連動型上場投信 1口 1577:野村日本株高配当70連動型上場投信 2口 1651:ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数 20口 一度に買わずにぼちぼち購入する予定です。   また、米国ETFは積立設定ができますので、以下の銘柄を積立設定しました。 HDV 1口 VYM 1口 0と5のつく日を、購入日にしました。5、10、15、20、25、30日 売却した購入資金がなくなったら積立を ...

8_投信信託、その他投資, 9_その他

厚生年金以外の年金については、会社で行っている確定拠出年金があります。 開始した当初は投資信託も行っていましたが、株価が不調になった際、すべて元本保証型に切り替えてしまい、投資に目覚めた2018年から毎月の掛け金は投資信託に切り替えました。あの時、続けていれば、、、。と思っても後の祭りです。   状況は以下のとおりです。 〇確定拠出年金(DC) 保険(元本確保型) ニッセイ利率保証年金(10年保証/日々設定) 約516万円 +5万円 外国債券型 日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用) 約18万円 +9千円 外国株式型 DIAM外国株式インデックス 約68万円 +6万円 ...

1_配当計画, 2_米国株, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

最近、かなりの銘柄を売却したので、一旦、整理したいと思います。 果たして、相殺するとプラスなのか、マイナスなのか? まずは、損切り銘柄です。 キャノン マイナス16万 WBK マイナス21万5千円 GSK マイナス1万5千円 マイナス合計 39万円 次は利益確定銘柄です。 イオン 約6万5千円 ABBV プラス11万5千円 CREロジスティックス プラス8万5千円 GLP プラス7万円 ラサールロジポート プラス14万5千円 プラス合計48万 最終的には、プラス9万円となりました。 少しプラスがあるので、もう少し、マイナス銘柄を整理しても良いかなぁと思いました。 米国株分は既にVYM等のETF ...

1_配当計画

コロナウイルスにより、企業業績が悪化、また、コロナウイルス発生後の世の中のニーズも変わりました。最近、第二波がきて、更にその流れは明確になりつつあります。 これまで、続けてきた高配当の投資方法も、リスクが顕著化し、特定企業では、株価の下落、配当金の無配、減配と言うことが、更に高配当株の株価を下げる要因となっています。 コロナウイルスが解消されたとしても、前と同じようには戻らないことを、もう皆がはっきりと気付き始めた頃です。 どの企業がコロナウイルスを逆手にとって成長し、どの企業が落ちぶれていくかは、私にはわからない状況です。   最近は、私が見て将来性がない復活できそうもない企業は株 ...