2.米国株, 3.海外ETF

米国株の調子が良く、NYダウは最高値に達しました。 保有銘柄の配当株、米国ETFは恩恵にあずかれているのか、保有銘柄評価損益を見ていきたいと思います。 案の定、配当株はほとんど影響はなく、しっかりと含み損でした。20万円近くもあります。改めて高配当株の厳しさが垣間見えました。 逆にETFの方は、株価の好調の恩恵にあずかり、高配当株の含み損を消してくれる形になっていました。40万円超えの含み益がありました。 こうやってバランスをとってトータル的にいつも良ければ安心ですが、株価が下がれば、EFTも当然含み損になり、高配当株とのダブルパンチがくるのは、過去に味わっていますので、この調子でこの先もいっ ...