2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

よく、高配当インデックス(米国ETF VYM SPYD HDV 日経高配当50)は、高配当個別銘柄より、利回りが低いため、少しだけ購入に抵抗が出ます。 ただ、最近は、個別銘柄のリスクが気になってきて、インデックスETFを購入する機会が多くなりました。 ですが個別銘柄も少しですが、懲りずに、たまに購入をしています。 基本的に、個別銘柄は、4%中盤から5%を中心に購入します。 ETFは概ね、3.5%前後が中心の利回りです。 そのため、1%から2%程度の利回り差があります。 利回り率としては、かなりの差で、配当金額は結構大きな額です。 単純に考えれば、個別銘柄の圧勝です。 ただ、ふと思いました。 個 ...