1.配当計画, 2.米国株

1.はじめに このブログ「幸せ配当計画」では定番のPFFとVCLTから配当がありました。先日、新たな配当金の目的を月10万円としましたが、現在(達成した5万円)の倍ですのでたやすくはクリアできません。 最近の株式市場の不安定で少し弱気になっているところもあり、5%前後を徹底していかないと駄目なのですが、少し配当利回りが低いHDVなどのETFに心がなびいています。   2.配当金について PFF:米国優先株ETF 73.82ドル(113円換算で8341円) VCLT:米長期社債ETF 9.13ドル(112円換算で1022円)   3.配当10万円に必要な要素 利回り税引き後5 ...

2.米国株

1.はじめに SO(サザン)から配当がありました。 サザンはアメリカの一部の州で電力事業を展開しています。発電所の建設、管理、電力卸売事業行い、原子力発電所、水力発電所、化石燃料発電所などを所有、運営する会社です。 本日は、SO(サザン)の配当と高配当株の株価推移を確認していきたいと思います。   2.配当金と現在の株価と配当利回りについて 60株保有で、税引き後、25.88ドル(112円換算で2898円)でした。 株価は46.98ドル、利回りは5.12% ※20181208現在   3.業績について   4.高配当株の株価推移について 以下がサザンのここ5年の株 ...

2.米国株

1.はじめに ファイザー(PFE)からは配当金の支払がありました。 ※ファイザーは、アメリカの製薬会社です。 以前「☆ファイザー(PFE)からの配当と企業状況について」で記事を書いています。 本日は、ファイザーなどの保有高配当米国で株価の調子が良く含み益があるもの、調子が悪く含み損になっている銘柄を見ていきたいと思います。   2.ファイザーからの配当金 株保有で、税引き後、12.24ドル(112円換算で1370円)でした。   3.保有高配当米国株の含み損益と利回りの確認   4.まとめ 高配当株は基本的に株価が成長することはあまりなく、山谷を繰り返すようなパタ ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株

1.はじめに 不安定な日米株式市場ではありますが、先般「☆不安定な米国、日本株式市場で次回購入候補を検討」で書きましたとおり、検討した数銘柄を購入しました。 購入資金は、以前、書きましたがイオン銀行の積立定期の解約金の残りと11月分の給与になります。 イオン銀行の積立預金の解約は「☆株投資以外の現金保有先とイオン銀行積立定期の金利低下」で書いています。   2.購入した銘柄 <日本株> 住友ゴム工業株式会社 100株 現在、かなり株価が下がっています。全体的な株価の下げと、住友ゴム自体の業績の下方修正が発表したことによるものです。 また、トランプ大統領の方針によって車輸出に影響が出れ ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 日本株、米国株と良くない状況が続いています。 特に米国株はこれまでの違い2018年は誰から見ても不安定な状況になってしまいました。 日々の上げ下げ幅が大きため、直近の上げ下げで購入するのではなく、中長期の視点で考え購入する必要があると思っています。   2.最近の状況と当面の投資に対する考え方の確立 〈米国株〉 最近の状況について、米国株は2018年だけ見ると、ここ数年続いていた米国株全体の株価の安定した成長はストップしたと言えると思います。 個別株であれば、今後成長する企業もあると思いますが、それを判断する知識と情報を分析能力は私にはありません。となると、投資信託やE ...

1.配当計画, 2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 5.株主優待, 6.J-REIT, 8.その他(投資)

1.はじめに 今回は久しぶりに、ポートフォリオで投資の割合を確認していきたいと思います。 また、現状の評価損益についても確認していきます。   2.投資先の割合確認 確認方法として、日本株、米国株、J-REITの割合とそれぞれの損益を見ていきます。 割合的には、まあまあ自分として良い感じになっていると思っています。 ただ、米国株の損益がすごいことになっています。日米とも株安で全滅です。 1.日本    -37440円  21% 2.米国  -422599円   56% 3.J-REIT  -28144円  24% 総計          -488183円 100%   次に ...

2.米国株

1.はじめに 本日は、グーグルについて書いていきたいと思います。 先般、日本でgoogleのスマホ(Pixel 3)が販売されると言うことで、CMが流されて各メディアでも取り上げらています。 ドコモとソフトバンクで11月から販売されていますが、今後、どの程度、食い込むことができるでしょうか? また6月にgooglehomeを購入しましたのでその後の使用状況について書きたいと思います。 「☆スマートスピーカーgooglehomeと身の回りのgoogleについて」   2.Googlehome使用状況 アマゾンとグーグルのスマートスピーカーは、今年の日経トレンディのヒット商品の5位になり ...

2.米国株

1.はじめに 米国の保有成長株のアップル(AAPL)から配当がありました。今回は、保有成長株の現在の株価について確認していきたいと思います。 先般、アップルの今後の方向性についてプロセッサを中心に書きました。「☆Appleの目指す世界と株価推移について」 最近では、iPhoneXRが予想より不調な噂もありますが、アップルとしては、ハードだけでなく、サービス面を強化して全体の売り上げを伸ばす方向性とのことで、今後も期待していきたいと思います。   2.アップルの配当 12株保有で、6.33ドル(112円換算で708円)でした。 グーグルやアマゾンは無配当ですが、アップルは少しですが配当 ...

2.米国株, 4.日本株

1.はじめに 11月も後半に差しかかり、今年も後1ヵ月半となりました。 今日は、日本株、米国株の1年間の株価推移を見ていきたいと思います。   2.株価推移 日本株は日経平均、米国株はダウで見ていきたいと思います。   よく見ると、同じような状況に見れます。 米国株も1年だけでみれば、順調な成長は止まって、大きな上げ下げに翻弄される1年と言えました。米国株の成長を信じて、株が高いときに購入した銘柄は、含み損も多いのではないかと思います。 日本株も当初3万円に近づくと予想しているメディアもありましたが、結局は停滞気味で2万台前半キープがやっとのようです。   3.今 ...

2.米国株, 3.海外ETF, 4.日本株, 6.J-REIT

1.はじめに 最近のアップダウンの激しい日米株価ですが、日本株、REIT、米国株、ETF、どれも冴えません。   2.冴えない保有株 保有株は、ほとんどの株の評価損益がいまいちです。 以下は含み損が大きいものです。 日本株は、キヤノン、ドコモ、KDDI、JT、積水ハウス、共立印刷。 REITはインフラファンド全般、INV、投資法人みらい、さくら総合リート、マリモリート。 米国株は、アマゾン、グーグル、エヌビディア、AT&T、ナショナルグリット、ウエストパックバンク、ロイヤルダッチシェル、センチュリーリンク。 ETFも、PFF、VCLT。他のVOO、VYMなどもプラマイ0に近い ...