2.米国株

高配当NGG(ナショナルグリッド)からの配当金支払がありました。 85口保有税引き後、135.74ドル(106円換算で14388円)です。 NGGは、ADRで英国銘柄ですので、米国のように四半期毎ではなく半年毎の配当金になります。 その分、配当金も多くなっています。 現在、約7万円の含み損です。 ざっと保有個別銘柄の高配当米国株の評価損益を見ていくと、悲しいことに、ほとんど、6万円から10万円近く含み損が中心になっていました。 以下、保有米国株の評価損益です。 アッヴィ ABBV                        -61,459円 BT BTグループ                ...

2.米国株

先日、投資した米国高配当株のABBV(アッヴィ)から購入後、初の配当支払がありました。   36株保有、税引き後27.72ドル(106円換算、2938円)でした。   購入時に株価は下降しており、覚悟して購入していますが、やはり現時点でも、下落は止まらず、購入後も20%近く下落し6万円近くの含み益になっています。   業績は   『 19年12月期第2四半期業績は、売上高が前年同期比0.3%減の82億5500万ドル、乾癬治療薬に絡む費用負担で純利益が同62.6%減の7億4100万ドルに落ち込んだ。主力製品別の売上高は、血液悪性腫瘍治療薬「IMBRUVIC ...

2.米国株

円高と米国株下落と郵便定額解約金を使って以下の米国ETFを買い増ししました。 PFF     25口 SPYD   75口 HDV    13口 株価水準は以下のとおりです。   <<PFF>>   <<SPYD>>   <<HDV>> HDVを除いては、含み損ですので、平均取得額を下げれます。 まだ下がる要素はありますが、その時は、また少しずつ買い増ししていきたいと思います。 米国株が下がれば含み損がでますが、購入する機会でもあります。 目的は配当金を増額することにありますので、その点につい ...

1.配当計画, 2.米国株, 8.その他(投資)

最近、円高が進んでおり、ちょくちょくドル買いをしています。 最近の為替相場は以下のとおりです。 手数料もバカにならないと言うことで、今日はどのくらい手数料がかかるか見ていきたいと思います。   まずは私がいつも使用しているSBI証券ですは、以下のような感じです     じぶん銀行は、こんな感じです。(現在は円からドルへは手数料無料です。逆はかかります) 代表的な銀行は以下の通りです。 SBIネット銀行 0.04円(ドル→円)、0円(円→ドル 9月27日まで) じぶん銀行 0.25円(ドル→円)、0円(円→ドル) 新生銀行 0.15円、0.09円、0.07円(ランク ...

2.米国株

AT&T(T)から配当金支払いがありました。 168株保有で税引き後61.31ドル(106円換算6498円)でした。 一時期、かなりの含み損がありましたが、株価が急上昇して、現在はほぼプラスマイナス0まできました。   では、業績が良くなったかと言うと、 4-6月(第2四半期)決算は4年ぶりの減益となり、有料テレビサービスの加入者は再び過去最大の落ち込みを記録。契約を巡る対立から米CBSが提供するテレビ番組へのアクセスを失い、その影響によるもの。 ただ、投資家向け会議で自社株買いを示唆したため、株価は一時4.1%上昇し、昨年10月以来の大幅高になった。 と言う、微妙な状況のよ ...

2.米国株, 3.海外ETF

先般、SPYDを買い増ししましたが、今回は保有米国ETFの状況把握をしていきたいと思います。 以下が、保有している銘柄になります。 IS米国リートETF(1659)も含んで把握していきたいと思います。 銘柄 保有数     評価額   評価損益  評価損益率 HDV  107   1,110,733   98,218    9.70% VYM  130   1,259,814   74,629    5.92% SPYD 465   1,926,563   37,866    1.97% PFF   659   2,678,075   -18,778   -0.70% VCLT 200   2 ...

2.米国株

先般のMO(アストリア)に続いき、PM(フィリップモリス)から配当金支払がありました。 PMは米国以外で、タバコ、他のタバコ製品及び他のニコチン含有製品の製造・販売を行っています。 36株保有で税引き後32.69ドル(108円換算で3530円)でした。   19年12月期第1四半期業績は、売上高が前年同期比3.9%減の177億500万ドルに縮小、純利益が同13.0%減の13億5400万ドルに落ち込んだ。 減益は販管費が20.9%増加したことで営業利益は15.5%減の20億5000万ドルに縮小した。同四半期のタバコ製品出荷量は、1.1%増の1757億9500万本に上向いている。 201 ...

2.米国株

GSKから配当金支払がありました。 イギリスADR銘柄になります。 90株保有で税引き後33.37ドル(107円換算で3570円)でした。 グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は医薬品事業、ワクチン事業、およびコンシューマーヘルスケア事業の3事業区分により構成される。 ワクチン、市販薬(OTC)及び健康製品等の医薬品の作成、発見、開発、製造及び販売を行う企業です。 20190716現在、1株40.90ドルです。   以外、業績です。   業績予測の値は、201912期は、良い値になっていますが、株価には反映されていないようです。 評価損益も少し ...

2.米国株, 3.海外ETF

米国株の調子が良く、NYダウは最高値に達しました。 保有銘柄の配当株、米国ETFは恩恵にあずかれているのか、保有銘柄評価損益を見ていきたいと思います。 案の定、配当株はほとんど影響はなく、しっかりと含み損でした。20万円近くもあります。改めて高配当株の厳しさが垣間見えました。 逆にETFの方は、株価の好調の恩恵にあずかり、高配当株の含み損を消してくれる形になっていました。40万円超えの含み益がありました。 こうやってバランスをとってトータル的にいつも良ければ安心ですが、株価が下がれば、EFTも当然含み損になり、高配当株とのダブルパンチがくるのは、過去に味わっていますので、この調子でこの先もいっ ...

2.米国株

NYダウ最高値更新! 足踏み状態が続いていた米国株式ですが、ここにきて絶好調⁈。ダウも最高値、更新中です。 更に、各ネット証券では、米国株の手数料競争で最低手数料が0円も予定されています。低額での購入でも手数料負けが無くなるということで、気軽に購入できる環境作りですね。 手数料は購入額の0.45%です。 さて、あまり株価上昇には関係ない、配当株のMO(アルトリア)から配当金支払がありました。 51株保有で税引き後、29.3ドル(108円換算で3164円)でした。 たばこ関連では、規制の話題がつきることはなく、株価も冴えません。 含み損も5万円近くになってます。 20190712現在、1株49. ...