2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

株価上昇が続いてますが、もし、保有銘柄の株価が上がってきたら売却したい銘柄は下記になります。   三井住友FG 評価損額-113,500円 評価損率 -26.16% JT 評価損額-82,400円 評価損率-27.58% RDSB(ロイヤル ダッチ シェル)評価損-245,264円 評価損率-49.92%   銀行株、たばこ株、石油株、現在人気ない主要銘柄の保有株です。 今は配当金はなんとか頑張ってくれてますが(石油株は減配ですが)、将来の展望が見えないため、もし評価損額が無くなってきたら、真っ先に売却をしていきたいと思っています。 保有銘柄で株価も配当金と、もっと酷い銘柄 ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

米国株、日本株と大暴騰となりました。 派手な上げ下げは最近の常ですが、即思うのは、必ずくる反動です。   現在は、コロナウイルスの第3波がきていますので、今後、世界的に経済状況は厳しいことになりそうです。 下手をすると延期したオリンピックの開催も危ぶまれます。そう思うと、しばらくして大暴落、、、。   全体的な株価は景気は良いですが、全ての株が上がっている訳でなく、保有株で売却したい株は、停滞したまま、大きく含み損を抱えています。 なかなかうまくはいかないものです。 でも、もし売却したい株にもチャンスがあれば、、、。と思っています。 買いの方では、定期買付しているETFなど ...

2_米国株, 3_米国ETF

大統領が決まりましたね。凄い盛り上がりを見せました。トランプ大統領になったのが、つい最近のことのようでしたが、あれから4年経ったのですね。 トランプさんに決まった時も、今後は日本との関係はかなり難しいと言う報道でしたが、なんとか乗り越えてきました。   さて今度の大統領は、どのような影響を見せるでしょうか?日本としては、まずはオリンピックですが、コロナウイルスが再度、猛威を振るい出した今、コロナウイルスを重要視するバイデンさんがオリンピック開催に賛同してくれるかは、今の時点では厳しい状況です。まだ、判断は先ですが、この問題はこの先もありそうです。   さて米国株は選挙を機に ...

2_米国株, 3_米国ETF

連日米国株が下がっています。昨夜はNYダウは1000ドル近く下がりました。26500ドル台です。 実は昨日、HDVを少し購入しましたが、またまた下がってしまいました。 現在は各種ETFを積立設定していますので、そこに更にスポット購入するかということになりますが、それほど資金がある訳でもないので、このまま、定期購入に任せても良いかなぁとも思っています。 投資信託のスポット購入は先日苦い思いをしたのでしません。 あまり、上げ下げに一喜一憂せずにいきたと思っています。 ただ、QYLDは少し購入しようかとも思っています。 変わって、今のところ日本株は大きく下げることはなく、不気味な感じではあります。 ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF, 6_J-REIT

平均株価だけ見ればは、すでにコロナウイルスの影響はない状況ですが、保有銘柄のマイナスは定着しました。 (日経平均は23500円前後、NYダウは28000ドル台)   以下は保有銘柄で10%以上のマイナスです。 プラスの銘柄は書いていませんが、ほとんどありません。   <日本株> 銘柄 評価損益率 住友ゴム -39.58%☆ JT -33.58%☆ 三井住友 -32.13%☆ ヤマハ発 -29.71% オリックス -27.60% 住友商 -27.15% SUBARU -24.49% ソフトバンク -19.13% 丸紅 -18.30% 三菱ケミHD -17.57% ブリヂス - ...

1_配当計画, 2_米国株, 3_米国ETF, 6_J-REIT

米国個別株は、ほぼ売却して、ETFにしてしまったため、決まった四半期毎の月にしか配当金支払がありません。 米国個別銘柄は、日本株のように決算が3月に集中してしまうようなことがなく、ある程度、保有銘柄があれば、リートのように毎月支払を構成することができます。   今後は、四半期単位にしか配当金がもられないので、たとえ金額が変わらない(実質はETFの方が利回りが悪いのでかなり減ります)としても、寂しい感じがします。 先月、今月はETFの分配金支払がありましたが、来月11月は毎月配当のPFFとVCLTしかないと思われます。 ただでさえ配当金が少ない11月と2月、今後はどんな感じになるでしょ ...

2_米国株, 3_米国ETF

10月になり、以下の米国株から配当金支払がありました。 VTI 3.41ドル(105円換算358円) HDV 152.95ドル(105円換算16095円)→10707円(前回) エイリス・キャピタル(ARCC) 49.36ドル(105円換算5182円)   新たに積み立て購入したVTIからは少ないですが始めての分配金です。 HDVは、買い増ししていることもあり、前回よりかなり金額が増えました。 先月から続いた米国高配当ETFの分配金支払について以下のとおりとなりました。 <米国高配当ETF> VYM 12461円 SPYD 16130円 HDV 16095円 合計44,686円 1ヵ ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

以下の銘柄から配当金支払がありました。 9月も残り今日1日となりました。 BP 9.89ドル(105円換算1038円) VYM 118.68ドル(105円換算12461円) 積水ハウス 3,586円 BPは、保有金額も大きくなかったので、思い切って損切りしています。これが最後の配当金になります。 ちなみ前回の配当金は、2113。半分になってます。 VYMは、コロナ下でも少しずつ買い増ししている銘柄です。こちらもこれまでの分配金推移は、 202001 8243円 202003 5879円 202006 8953円 買い増しが効いたのか、かなり増えました。 積水ハウスは、前回は3586円でした。変 ...

2_米国株

タイトルどおり、配当金も株価も下がった以下のお蔵入り銘柄から配当金支払いがありました。 RDSB:ロイヤルダッチB:17.92ドル(105円換算で1881円) 前回から配当が少なくなっていますが、それまでは四半期ごとに5700円でした。半分以下になっています。 先日のREIT(インヴィンシブル投資法人)の1万3千から5千円よりはまだ良いですが、、、。 さらに評価損も マイナス310,392円 評価損益率は  マイナス62.84% 評価損益、配当とも6-7割減になってしました。 利回りも良かったので、投資額も大きかったため、影響も大きいです。   なかなか、こうなると個別銘柄への投資も ...

2_米国株, 3_米国ETF, 4_日本株・日本ETF

ここ最近、日米市場は、NYダウは2万7千ドル台、日経平均は2万3千円台を上げては下げ、下げては上げという感じになっています。 米国では大統領選挙を控えて、トランプ大統領が、株価の好調さや、コロナウイルスをワクチンによる押さえ込みが近いなど、懸命に国民の支持を得ようとしています。 日本は、総理大臣が交代したのものの現状路線維持を打ち出し、代わり映えのない政策ですので、いまいちパッとしない状況です。 方向性は国民の通信費の削減、通信3業者は、歓迎していないのかもしれません。また、デジタル化をうたっています。ここにきて、銀行口座からの不正引き出しが明るみになり、キャシュレス施策やマイナポイント施策へ ...