1.配当計画, 2.米国株

MO(アルトリアG)から配当金支払がありました。 MO(アルトリアG) 30.86ドル(109円換算で3363円) 米国株は概ね四半期に1度配当金が支払されます。 年4回です。 同じように米国ETFも年4回の支払です。 ただ、ADR(英国等)などは年2回が多いような感じです。 日本株は概ね決算と半期決算の2回支払がほとんどになります。稀に、年4回や逆に1回の銘柄もあります。 保有している日本株高配当ETFは4回です。ただし、そのうち2回は金額が少ないです。それは、日本企業の決算が3月がほとんどのためです。 J-REITも概ね年2回支払になります。ただ、決算タイミングに日本株と異なり、バラバラと ...

1.配当計画, 6.J-REIT

先般、高額なフロンティア投資法人リートを購入しましたが、1月支払があるリートから分配金支払がありました。 投資法人みらい 9,965円 トーセイ・リート投資法人 8,786円 どちらも1万円近くの金額ですので、毎月10万円の配当金目標には大きく貢献してくれそうです。 今月は、後1つリートの支払がある予定です。 配当金が多くなると言うことは、投資金額が多くなると言うことになります。 投資できそうな銘柄も限られており、どうしても同じ銘柄を買い増しすることになります。 そうなると個別銘柄への大きな金額を投資するにはリスクがありますので、ETFへの買い増しをする形が現状です。 個別銘柄への投資は現状マ ...

1.配当計画, 2.米国株

年が変わりNISA枠も120万円になりました。 NISA枠ができたら、高配当ETFを買おうと思っていましたが、日米とも株価の動きがよくわからず、購入に踏み切れない状況です。 配当狙いですので、あまり株価は意識しなくても良さそうですが、株価が下がった時の含み損が気になってしまうので、できればあまり高い時に購入したくはないです。 買わないなら、買わないと決めて、待れば良いですが、買いそびれて、更に上がったところで、購入する悪いパターンなりそうで怖いです。 購入手数料の見直しもあったので、一度に購入せず、ぼちぼち、小額で購入するのが、良さそうなのはわかっていますが、なかなか実践できないですね。 1月 ...

1.配当計画

新年明けましておめでとうございます。 2020年も引き続き、投資を継続していきたいと思います。 今年の目標は、毎月配当金10万円クリアです。 今年も、高配当株への投資を継続して、なんとか目標を達成したいと思います。 昨年の最終の平均配当金は約8万8千円でした。 今年は、とりあえずNISA枠で米国高配当ETF(SPYD HDV VYM)、日本株高配当ETF(高配当50 1489)を買い増し予定です。 後は、定番、PFFや株価が下がればVCLT、日本株も手頃な高配当銘柄があれば購入したいと思います。 J-REITは、株価が上がり、利回りの魅力度が下がっていますが、株価変動をみて、チャンスがあれば、 ...

1.配当計画

現在、毎月10万円の配当金を目標に投資を行なっていますが、あらためて資産がいくらあれば実現できるか計算したいと思います。 また、将来的に可能な毎月もらえる配当金がどの程度まで増やせるかについても計算したいと思います。 まず、毎月10万円の配当金に必要な額ですが、年間120万の配当金でクリアできます。 税引き後「3%」の利回りの場合は、4000万円が必要です。 税引き後3%ですので、税金を考慮すると、 日本株やJ-REITであれば約20%税金がかかりますので、実質150万円の配当金が必要です。税金は20%の30万円引かれ、120万円になります。 4000万円の資金であれば3.75%の利回りで年1 ...

1.配当計画, 9.その他

癖や習慣とは怖いもので、はじめは、そんなつもりがなくても、知らない間に習慣化していることがあります。 良いことなら問題ありませんが、悪いことでも習慣化すると、なかなかやめられないので、やっかいです。 お金に関することでは、悪こととしては、消費癖があります。 始めは、習慣化するつもりはなくても、1回、2回と続けているうちに、やめられなくなり、習慣化してしまいます。 1つや2つであれば良いですが、多くなればなるほど消費額は多くなり、回数を重ねるたびに金額も大きなものになってしまいます。 自販機でコーヒーを買うことや、座席指定の電車に乗ること、ガムを噛んだり、コンビニに通うなど、この程度はまだ良いと ...

1.配当計画, 9.その他

配当金重視の投資はどうもリタイアとの関係が深いように改めて感じました。 配当型の投資の方は、リタイアした人は配当金を生活費としたり、リタイアしていなくてもリタイアできるように配当中心の投資を行っているような気がします。 私は、投資を始めきっかけは、リタイアするためではなく、単に定期預金の利息が悪くなり、それなら、優待株に投資した方が良いのでは、優待株は品物が特定されてしまうので、それならいっそのこと配当金が多い株に投資してお金が貰えたら、何にでも使えるではないかと思い、配当型の投資を中心に行うようになりました。 今でもそうですが、当初から株の売買で利益を上げて、資産を増やそうと言う気はありませ ...

1.配当計画

久しぶりに資産に対する割合を確認しました。 マネーフォワードで管理できていますので、その内容になります。 預金 40% 株式 46% 年金 14% 先日、キャノン、米国リートを売却して現金のままですので、少し預金割合が多くなっていると思います。売却したお金は、投資にあてるつもりです。 現在、給与で会社引き落とし分以外で使用しないお金はすべて株式購入にあてています。 年金は会社の確定拠出年金と個人年金になります。 確定拠出年金は事業者分だけでなく、自分で掛けることのお金はMAXで掛けています。個人年金は20代のことから毎月1万円をあてています。 預金は、オリックス銀行の定期預金が一番割合が大きく ...

1.配当計画, 9.その他

現在、プリウスに乗っていますが、今回は、一番、お金がかかている車について、どの程度、お金がかかっているか検証していきたいと思います。   まずは購入時にかかる購入代金ですが、 約330万円でしょうか。 次に維持にかかるお金ですが、 自動車税年39500円 任意保険年約50000円 自宅駐車場代5000円✖️12ヶ月で年6万円 点検 1年点検約1万円 車検約10万円から15万円 ガソリン代 月800キロ燃費リッター25キロ 1リッター140円で計算すると、月約4500円 わかりづらいので、5年で売却するとすると、 車購入代330万円 自動車税約20万円 保険 ...

1.配当計画

高配当銘柄は成長型の銘柄と異なり株価が高くなると、利回りが落ち、割高感がでて、買い増しできなくなります。 もう、買い増し、購入しないのであれば、どんどん上がって欲しいのですが、今はまだ購入している時期ですので、できれば株価は含み損にならない程度で利回りが高い状況がありがたいところです。 上記の状況でも、ベストな形は、一旦売却し、利益確定して、その後、また、買い時を待つか、もしくは他の銘柄を購入するのが良いと思います。 ただ、買い時を待つ期間はどのくらいになるか分からず、その間、配当金がもらえなくなるのは我慢できず。 また、その他に適当な銘柄があれば、乗り換えたいところですが、他の銘柄も株価か高 ...