☆あらためて毎月10万円の配当金のための必要資産を計算

現在、毎月10万円の配当金を目標に投資を行なっていますが、あらためて資産がいくらあれば実現できるか計算したいと思います。
また、将来的に可能な毎月もらえる配当金がどの程度まで増やせるかについても計算したいと思います。

まず、毎月10万円の配当金に必要な額ですが、年間120万の配当金でクリアできます。

税引き後「3%」の利回りの場合は、4000万円が必要です。

税引き後3%ですので、税金を考慮すると、

日本株やJ-REITであれば約20%税金がかかりますので、実質150万円の配当金が必要です。税金は20%の30万円引かれ、120万円になります。
4000万円の資金であれば3.75%の利回りで年120万円の配当と言うことなります。

米国株になれば、約30%税金がかかりますので、さらに多くの利回り約4%以上の利回りが必要です。

資産を4000万円で計算しましたが、もっと少ない資産で実現したい場合は、もっと利回りが良くなければいけません。

約4%の利回り銘柄に投資すれば、投資資産4000万円くらいで月10万円はクリアできます。

同じペースで、60歳まで後10年働けたら、毎月、給与と配当金で月15 万投資できるとして、年180万円、ボーナスを加算できたとして200万。10年で2000万円。利回り平均4%で、上澄み年間60万円、毎月5万円になります。

これまで月配当金8から9万円を加算して、毎月約14万円の配当金になります。
10年の配当金の複利効果は考慮していませんが、だいたいはこんな感じなような気がします。

できれば20万円くらいあると嬉しいですが、現実は厳しそうです。(資産が8000万円くらい必要になりますね。)

現実がわかったところで、
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村