6.J-REIT

​今日は、次回の投資予定とこれまでの配当金についてです。 5月に定期預金が満期になるため、J-REITを新銘柄と現在保有中の銘柄を追加購入し、毎月の配当の増額を行う計画です。 予定しているのは、下記の銘柄です。 追加購入:インヴィンシブル投資法人 配当月6、12月です。 2株 追加購入:さくら総合リート 配当月は8、2月です。 1株 新規購入:ケネディクス商業リート投資法人 配当月は9、3月です。 1株 少しずつでも、毎月配当額が多くなるように、高配当にひかれてしまいます。 基本的には配当金は、次の投資の一部にまわしています。 自動ではありませんが、複利運用をしていき、毎月の配当額の増額を目指 ...

A.その他(ブログ)

ゴールデンウイークを利用してブログを始めようと思い、4月下旬から試行錯誤しながら始めていす。 パソコンは以下のものを使用しています。 レノボのノートパソコンです。 以前、すごく安いものを買って、結局、使えませんでしたので、今回は、性能の良いものを買いました。 ディスプレイ:15.6型 →年のせいか、このくらいのサイズでないと文字が見えにくいです CPU:Core i5 →Core iシリーズであれば速度的に問題ないです メモリー:8GBメモリー →Windows10は8GBは必要です DISK:SSD 256GB →ハードディスクと違いアクセスはとんでもなく速いです ※Windowsの起動時間 ...

2.米国株

​昨日、初の海外個別株の配当金を頂いた話をアップしました。 これまでは、高配当株、J-REIT、海外ETFが中心として投資してきていますが、ネットでさらに調べると海外の個別銘柄のことも出できます。 はじめは、海外企業と聞くと、敷居も高く、配当金にも日本の税金からさらに10%上乗せされてしまいます。(ネットで調べていると確定申告すると戻ってくるものもあると分かりました。年末に良く調べて見ようと思います。) また、円をドルに交換するタイミングでもかなり成績も変わってきてしまいますので、難しいところもありますが、日本の株よりも配当の良いものがいっぱいあり魅力もあります。 と言うことで、やってみないと ...

2.米国株

​タイトルどおり、初めての海外個別株からの配当がありました。 ○T 銘柄名:AT&T(55株保有)    19.81$ 2180円 ○VZ 銘柄名:ベライゾン(40株保有)  17$  1870円   ※1$=110円換算 どちらも、アメリカの通信事業者になります。 配当支払月は2,5,8,11月の4回です。 海外の個別株は20万前後でいくつか購入しています。 最近、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントが、同3位のTモバイルUSと合併することが発表されましたね。最終的にはソフトバンクが譲る形で合意したとのことです。 日本もそうですが、通信事業者は大手じゃないと経営が難しい ...

9.その他

今までいろいろ投資の話をしてきていますが、投資の原資は、定期預金が満期になったものから、投資にあてています。だいたい1年から3年満期のものですので、投資を始めた2017年夏ごろから2018年冬あたりまで、毎月ではありませんが、満期を迎えるものが出てきます。 どれだけ預金にして、どれだけ投資にまわすか、いろいろ考えましたが、今のところは半分半分くらいを想定しています。 半分は使わないように、以下の長期間の預金等にまわしてあります。 ○国債10年物 0.05% ○オリックス銀行 定期預金5年物 0.30% ○SBI銀行 仕組貯金10年 ○じぶん銀行 定期貯金5年 0.20% ○ゆうちょ銀行 定額貯 ...

0.株式投資にいたるまで

​WealthNaviと同じ頃に投資信託も始めました。やっぱり長期投資だ。そこで毎月購入に選んだのが下記になります。 こちらも、ブログなど参考にしました。 ○三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) ○大和-iFree S&P500インデックス ○ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド ○楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド ○レオス-ひふみプラス どれも評価が高いものでした。毎月1万円ずつ、数か月間、積み立てを行いました。 結果は、WealthNaviと同じく自分性格には合わないものでした。 長期投資は、基本的には、一旦、積み ...

0.株式投資にいたるまで

​またまだ、ブログを進めていくと、今はAIの時代。人の感情に左右されず、投資するため、AIの方が人間より優秀とのこと。 確かにこれからはAIの時代。 いろいろ調べた結果、その中でも一番良いのは、WealthNaviとのこと。 まずは100万、そして毎月5万を積み立て。 おー確かに、どんどんプラスになる。さすが、米国株、AIだ。 だがしかし、あんなにアゲアゲだったことが嘘のように、二月、一挙にマイナス、円高と連動し、マイナスは広がるばかり、マイナス中も手数料が1%が毎月発生し、耐え切れず。 結局は全額清算。けっこうなマイナスでした。 その頃、米国株のETFや個別銘柄の知識も増え、高い手数料を払う ...

0.株式投資にいたるまで, 3.海外ETF

​いろいろ、株でブログを見ていると海外株、ETFというキーワードが出てきます。いろいろ、調べていくと、アメリカの株は右肩上がりで、日本株と異なり、将来的にも有望であることがわかりました。 私が始めたのが原因?なのか、ここ半年あまりアメリカ株が不調で、私の保有しているものもマイナスがほとんどです。アメリカ企業の個別銘柄は敷居が高いので、とりあえず、ETF(※)を購入しました。 またETFや投資信託には信託報酬(保有コスト)が掛かってきます。だいたい、年0.1(以下のものもあります)~0.5%で種類によって異なります。この辺りも購入時に把握したうえでどのETFを購入するか判断し購入しました。 日本 ...

0.株式投資にいたるまで, 6.J-REIT

高配当と調べていると、JーREITというキーワードにあたりました。 いずれも4から6%の高配当ものばかりです。 配当月もいろいろあって、組み合わせることによって、毎月配当が実現できそうでした。 ブログなどの評価も参考に、今は以下のものを保有しています。 日本株は3月決算が多いため、JREITが毎月配当のベースの柱になっています。

0.株式投資にいたるまで, 4.日本株

​そんなこんなで、やっぱり、優待株よりも、現金に限ると言うことで、私の方向は高配当株に推移していきました。 そこで購入した高配当株は、 ○NTTドコモ 配当率3.53% ○KDDI 配当率3.06% ○三井住友ファイナンシャルグループ 配当率3.52% ○みずほファイナンシャルグループ  配当率3.78% ○ゆうちょ銀行 配当率3.36% ○オリックス 配当率3.22% ○三井物産 配当率3.54% ○丸紅 配当率3.52% ○キャノン 配当率4.22% ○コニカミノルタ 配当率3.19% ○日産自動車 配当率4.60% ○VTホールディングス 配当率3.61% ○JT 配当率5.11% ○積 ...