☆投資は始めると終われない

短期投資、長期投資、投資にはいろいろありますが、積立投資は長期投資になります。

長期投資なので、株価が下がっても上がっても購入し続けます。

短期積立では、株価が上がっている時に購入してしまうと、平均取得単価が高くなり、その取得単価を超えた時に売却しないと投資した意味がありません。それも投資というリスクをとったので、預金並みのプラスでは満足できるわけもなく、それなりにプラスになっている必要があります。

積立終了し、いざ引き出す時に満足できる金額になっていなければ、なかなか引き出すにも勇気が必要です。

配当株積立は、当然積立をストップすれば、配当金額はそれ以上は多くなりませんし、売却すれば、配当金はなくなります。そうなると、もっと投資して増やしたい、売却せず配当金をもらい続けたいなど、欲がでます。

「増やしたい」から始める投資ですので、減ることについては精神的なダメージが大きいと思います。

減ることについて、貯蓄したお金を使うことに、慣れる必要がありそうです。そうならないと、必要以上に、投資額や配当金を増やすために、いつまでも蟻のように働く必要がありそうです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!